初心者必見!トライアスロンでタイムを縮める練習とは

トライアスロンでのポイントとなるバイク部門について

レースの中でバイクは重要な部分になります。それは、自転車を使用するために選手の技術の差が出やすく、そこには駆け引きも必要となります。

バイクはコーナリングなどでも技術が必要となり、また、使用するギヤやパワーを出す場合のギアを自分で選択をしてレースをする必要があります。

また、慣性も利用できるために、タイミングを上手に利用することによって足を休ますことができ、次のランにつなげることができるからです。

初心者がバイクを選ぶ場合のポイントとは

トライアスロンに使用するバイクには2つのタイプがあります。それは、ロードバイクとTTバイクと呼ばれるもので、ロードバイクは軽くて使いやすく、また、ハンドルを3ヶ所持つことができるために、場面によって使い分けができ疲れにくいタイプとなっています。

TTバイクは、風の抵抗を最低限にしている専用バイクとなっており、非常にスピードにのりやすい特徴がありますが、その反面、曲がったりするのが難しく、初心者には操作がしづらい面があります。

価格に関しては50万円や100万円といった高額のものもありますが、10万円程度からでも購入することができ、最初は、30万円以下のバイクでもOKです。

大事なことは、自分が気に入ったバイクを選ぶということで、ショップなどで相談をすることによって自転車のサイズやギアのサイズなども適切なものを勧めてくれます。

初心者のバイクの練習と練習場所について

トライアスロンでのタイムは半分以上をバイクが占めており、タイムを縮める場合にはバイクの練習が大切になります。練習は、週1?2回が理想的な内容となり、1回の練習量は40km前後を目安にして行なうようにします。

練習は20km?30kmでも問題はありませんが、初心者の場合には、概ね、バイク40kmの大会に出る場合が多く、できれば大会の距離に合わせた練習が効果的な方法となります。

バイクに慣れてきたら徐々に距離を延ばすようにすることも効果のある練習となり、最終的には月間で200km?500km程度を目安として走り込みを行うようにします。

練習を行う場所としては、あまり、交通量の多い場所などは避ける必要があり、できるならば、信号も少ないコースを選ぶ必要があります。

かつては、地図の上でコース設定を行っていましたが、現在ではインターネットを利用することにより練習のお勧めコースを検索することができるようになっています。

ここでは、熟練者による推奨コースが紹介されており、例えば、走行距離や最高標高、また、坂道を上がった合計となる獲得標高も表示されるようになっているため、非常に便利な内容となっています。

バイクで他に必要となるものについて

バイクには、スイムやランと違い、自転車の他にも必要となるものがあります。それは、バイクシューズ、ヘルメット、サングラス、サドルバッグ、空気入れ、ボトル、チェーン潤滑剤、サイクルジャージが該当します。

最低でもこれらの品物は用意する必要があり、決めかねる場合にはショップに相談をしたり、アドバイスをもらうことで、自分に合ったものを選ぶことができます。

トライアスロンに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事