スペシャライズドの多彩なラインナップの中でも、特に初心者のエントリーモデルとして人気が高いのが「アレー(Allez)」だ。2018年モデルからリニューアルするニュースが発表され、初心者ならずとも気になる存在である。街乗りからレースまでこなす、そのポテンシャルをイチ早く紹介しよう。

街乗りを楽しめるロードバイクに大事な条件、実はありました


まずは街乗りに適している新型アレーの魅力を検証する。スタイリッシュに生まれ変わったモデルを街中で颯爽と走らせてみた。試乗したのはYouTubeでおなじみのけんたさん。
「まずは外見から入りましょう(笑)。インナーワイヤーにこのマットブラック、高級なカーボンバイクくらいでしか今までなかったこのカッコよさが手に入る。アーバン系の男性にも女性にも受けるんじゃないでしょうか。普通に私服も合わせやすいですよね。レーシーなデザインじゃなくて、スペシャライズドと書かれているだけのシンプルさ。なのに走りはバリバリです。信号の多い町中だからこそ、キュキュッと立ち上がりのいいアレーはいいと思います」(けんたさん)

では街乗りロードに大事なポイントを挙げていこう。

見た目が大事


モデルチェンジして、まず変わったのはフレーム設計。従来「ターマック」のジオメタリーを譲り受けてきたが、新型ではエンデュランス系の「ルーベ」に近づけている。よりシャープで質実剛健なスタイルになった。カラーも豊富に用意され、特にオススメはこのマットな質感の黒。どこにでも馴染み、どんな服装にもシックに決まる。

シンプルな外観、シックな色合いは普段着で走って、気の向いた場所で仕事するノマドスタイルでも活躍しそう(c)Kazuhiro Koide

シンプルな外観、シックな色合いは普段着で走って、気の向いた場所で仕事するノマドスタイルでも活躍しそう(c)Kazuhiro Koide



小回りが利く


強化されたE5アルミ製のテーパードヘッドチューブと、専用設計のフルカーボンフォークにより、フロント周りの剛性が上がった。それによって〝しっかり感〟が生まれ、クイックなハンドリングにも対応。長い時間乗っていても疲労しづらく、乗り心地もよくなっている。

安心のブレーキ


フロントとリアともに、ブレーキは「Tektro Axis caliper」を搭載。ストップ&ゴーの多い街中では、感触として「キュッ」と締まるブレーキングが必要だが、そうした要求にも応えているのが新型アレーである。
ブレーキはTektro Axis caliper(c)Kazuhiro Koide

ブレーキはTektro Axis caliper(c)Kazuhiro Koide



タイヤのホールド感


標準タイヤは700×25mmの「Espoir Sport」を採用。700×28cまでのタイヤ・クリアランスを持ち、用途によって太目のタイヤを履かせることができる。より強いグリップ力でアスファルトの上を不安なく走らせることが可能だ。
DTスイスR460が標準装備(c)Kazuhiro Koide

DTスイスR460が標準装備(c)Kazuhiro Koide



本気の走りにも答えてくれるポテンシャルもあります


You Tuberのけんたさんが新型アレーを試乗(c)Kazuhiro Koide

You Tuberのけんたさんが新型アレーを試乗(c)Kazuhiro Koide



単なる街乗りに終わらないのが新型アレー。日々のトレーニングからロングライド、ヒルクライムやレースなどで活用できる「本気」の性能を秘めている。
「すべてにおいて80点の優等生と元プロの竹谷さんが言ってたんですが、それって実はものすごく優秀ですよね。フレームは硬めで、踏んだらすぐ応えてくれ、それが推進力に変わるのがわかります。良いフレームだなという率直な感想を、僕は持ちました。え、これで15万円なの?って。反応がいいし、走行中安定しているし、もちろん下りも安定。これからロードバイク始めますという人は100%満足するバイクだと思います」(けんたさん)

アルミという素材の反応の良さ


先代機より450gの軽量化を実現した新型アレー。アルミ素材としては、なかなか果たすことのできない大幅な軽量化である。その走りはアルミらしく「カチッ」としたダイレクトさがあり、瞬発性の高い走行感を味わえるだろう。
アルミという素材の可能性を感じる(c)Kazuhiro Koide

アルミという素材の可能性を感じる(c)Kazuhiro Koide



初心者に優しい


初めて乗るロードバイクに不可欠な高いコントロール性と安定性、振動吸収性に富み、不安要素の排除がなされて初心者にも優しい造りとなっている。フロント周りの強化はここで活かされており、コーナーリングでもスムーズにリアがついてくる。

グラベル(?)試乗帰りに満足そうなけんたさん(c)Kazuhiro Koide

グラベル(?)試乗帰りに満足そうなけんたさん(c)Kazuhiro Koide



ライドの拡張性が抜群


キャリアラックやフェンダーも装着可能で、荷物が多くても安心。日帰りのツーリングから宿泊込みのバイクパッキング、そしていま話題のグラベルなど、一台でなんでもこなせる汎用性を持っているのが特徴だ。

高い完成度


整備性の高いインナーケーブルルーティングを採用。美しく処理されたワイヤー導入口は機能美を追求した結果だ。高級感あふれるスムースな仕上がりとグラフィックも、高い運動性能とあいまって見る者を魅了する。
インナーケーブルの美しさ(c)Kazuhiro Koide

インナーケーブルの美しさ (c)Kazuhiro Koide



結論、新作アレーは万能ロードバイクだ


新型アレーのキャッチフレーズは「King of Standard—限りなき可能性」。その謳い文句にたがわず、リニューアルされたアレーは様々なシーンで活用できるものだ。初心者がロードバイクを選ぶ際に抑えておきたい大切なポイントを網羅している他、経験者のトレーニング用などにも最適な万能モデル。そのポテンシャルは〝未知〟なるものだ。

日常ユースにも、本気走りにも。新型アレーは万能型 (c)Kazuhiro Koide

日常ユースにも、本気走りにも。新型アレーは万能型 (c)Kazuhiro Koide



新型アレーは2モデル展開


新型アレーのシリーズ・ラインナップは「アレー・エリート」と「アレー・スポーツ」の2機種。下記、スペックを参考にしてほしい。

■ALLEZ ELITE
LTBLU/RKTRED

LTBLU/RKTRED


TEAMYEL/TARBLK

TEAMYEL/TARBLK

BLK/WHT

BLK/WHT

CLGRY/HTPNK

CLGRY/HTPNK



フレーム:Specialized E5 Premium Aluminum
ヘッド:1-1/8” to 1-3/8”
フォーク:Specialized FACT full Carbon
ディレイラー:Shimano 105
ホイール:DT R460
タイヤ:700×25mm
サイズ:49、52、54、56、58、61
カラー:LTBLU/RKTRED、TEAMYEL/TARBLK、BLK/WHT、CLGRY/HTPNK
価格:150,000円(税抜)

■ALLEZ SPORT
CSMWHT/BLK

CSMWHT/BLK


NVY/NRDCRED

NVY/NRDCRED




フレーム:Specialized E5 Premium Aluminum
ヘッド:1-1/8” to 1-3/8”
フォーク:Specialized FACT full Carbon
ディレイラー:Shimano Sora
ホイール:Axis Sport
タイヤ:700×25mm
サイズ:49、52、54、56、58
カラー:CSMWHT/BLK、NVY/NRDCRED
価格:100,000(税抜)

さらに詳しい情報はこちら>>ALLEZ2018モデルが初心者におすすめのアルミロードバイクである理由

問い合わせ先
提供:スペシャライズド・ジャパン
企画制作:FRAME編集部

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!