ライトウェイ 自転車安全利用に関する記事をWEB上で一般公開
date : 2017.09.13 update : 2017.09.13

秋の全国交通安全運動へ協力するために、自転車安全利用に関する記事をWEB上で一般公開

ライトウェイプロダクツジャパン株式会社は9月21日より始まる秋の全国交通安全運動へ協力するため、ライトウェイ公式ブログにて各推進項目の中で自転車に関連する箇所を抜粋した記事を作成、公開した。

秋の全国交通安全運動

秋の全国交通安全運動


秋の全国交通安全運動 サイクリスト向けポイント(ライトウェイ公式ブログ)

秋の全国交通安全運動

実施期間

・平成29年9月21日(木曜)から9月30日(土曜)までの10日間
・交通事故死ゼロを目指す日9月30日(土曜)

重点

・子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
・夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
・全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
・飲酒運転の根絶

推進項目で自転車に関する部分と対策

・通学路等における幼児・児童の安全の確保
→「自転車安全利用五則」にあるように、自転車は原則車道を走る乗り物なので、歩道を走らないことで子供との接触を避けることができます。
事故の多い交差点では子供の飛び出しにも注意しましょう。
・高齢歩行者の死亡事故の特徴などを踏まえた交通安全教育の実施
→ こちらも子供と同じで、交通ルールを守って走っていても、高齢者の想定外の動きによって事故につながるケースがあります。
例えば車が渋滞している道路で自転車レーンを走っていて、停車車輌の間から高齢者が飛び出してくることもあります。
見えない所はいつも飛び出しがあると意識しながら対応出来る速度で走ることで事故を防止できます。
・反射材用品等の着用の促進
→ 9月になると急に日が暮れるのが早くなってきます。
反射素材のベストやリフレクターが張り付けられたヘルメット、グローブ、シューズカバー、サドルバッグなどを積極的に選びましょう。
・「自転車安全利用五則」を活用した前照灯の点灯等、交差点での信号遵守と一時停止、安全確認の交通ルール・マナーの周知徹底
→ 夜間の前照灯点灯はもちろんですが、昼間もライトを点灯させて目立つようにしましょう。信号遵守、一時停止など、交通ルールの基本を守りましょう。
自転車も一時停止の場所は全て守らなければいけません。
・自転車事故被害者の救済に資するための損害賠償責任保険等への加入の促進
→ 自転車保険は自分のためだけでなく、被害者のためにも入りましょう。
同社では会社補助を出して、自転車通勤をする人は全員加入することを義務付けております。
・二人乗り,並進,飲酒運転の禁止の徹底と、傘差し、スマートフォン等使用、イヤホン使用等の危険性の周知徹底
→ スマホを持って運転するのはもちろん、ハンドルバーに取り付けた状態で運転しながら操作するのもやめましょう。
・幼児・児童の乗車用ヘルメット着用の徹底と、高齢者や中学・高校生等の自転車利用者に対するヘルメットの着用の促進
→まず大人がヘルメットを着用しましょう!
同社では自転車通勤する人は全員ヘルメット着用が義務となっております。
・幼児を幼児用座席に乗車させる際のシートベルト着用と、幼児二人同乗用自転車の安全利用の促進
→スポーツバイク向けにより安全な方法として、自転車用ベビーカーの利用もおすすめです。
・自転車通行空間が整備された箇所における走行ルールの周知徹底
→ 自転車レーンの逆走、バスレーンと共通レーンでの無理なすり抜けなどはやめましょう。
 自転車通行帯は道路の左端のため、自動車の死角になりがちです。交差点では自動車の左折に注意して、巻き込み事故が発生しないようにしましょう。

今後もライトウェイプロダクツジャパン株式会社は自転車の安全利用に関するさまざまな取り組みに積極的に協力することで、より安全な交通環境の発展に貢献して行く。


Follow FRAME

Written by FRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。