「はじめてロードバイクに乗る人でも “ローディー擬態” でベテラン感を出せる説」を検証してみた

あなたの周りに妙にベテラン感が出てる人、いませんか。実際に走りを見たわけでもないのに、何か速そうなオーラがある。そこはかとなく漂う強そうな雰囲気。

「人は見た目が9割」なんて言われたりもしますが、実際はどこまで見た目の印象に引きずられてしまうのか。今回FRAMEでは「はじめてロードバイクに乗るド素人」が、ベテランローディーに擬態したらどこまで通用するのかを検証してみました。

「見た目」と「しぐさ」で経験値ゼロを隠しとおす!

その日はじめてロードバイクに乗る純然たる初心者でも、見た目がロード乗りそのもので、ふいに見せるしぐさが上級者っぽかったら、意外とベテランローディーとして認識されちゃうんじゃないの?

 

企画に行き詰まるFRAME編集部でふとあがった、このよくわからない仮説。

答えは誰にもわからないし、答えがわかったところで何も生み出さないよなぁ……

でもまぁ試してみたら何か起こるんじゃない?

 

ということで、この謎の仮説を検証すべく「ローディーに擬態したド素人」をとある走行会に潜入させてみることに。

 

走行会の間、グループメンバーに素人とバレなければ仮説立証というわけ!

チャレンジャーは「ロードバイクって何?」レベルのみくのしんさん

今回の無理やり企画を快く引き受けてくれたのは、Webライターのみくのしんさん。

Webライターのみくのしんさん

彼のロードバイク歴は0年、0か月、0分。

 

「ロードバイクってなんですか?」レベルの正真正銘の初心者です。

 

そんな彼に「ロード乗りっぽい見た目」になってもらい、「上級者っぽいしぐさ」を伝授し、ベテランローディーに擬態してもらおうと思います。

まずはルックスから。ジャージとバイクでローディーに擬態

何事もまずは見た目から。

 

ロード乗りの正装、ピチピチジャージに着替えてもらいましょう。

 

まずはルックスから。ジャージとバイクでベテランに擬態
ドンッッッ

 

おお、意外といいですね。レプリカジャージがお似合いです。

 

今回の撮影で使うロードバイクは、秋葉原にあるCycleTripさんでお借りします。

 

秋葉原にあるCycleTripさん
秋葉原に店舗を構える「CycleTrip」。ロードバイクはもちろん、クロスバイク・ミニベロ・MTB・E-BIKEまで充実のラインナップ

 

シティサイクルと異なる一番のポイントは、やっぱりドロップハンドル。操作方法をしっかり教えてもらいましょう。

 

 

今回の相棒は、GIANTのアルミロード「コンテンド SL1」。軽量アルミフレームに、メインコンポーネントはシマノ・105を搭載した万能モデルです。

 

GIANT アルミロード「コンテンド SL1」
ご安全に! GIANTのレプリカジャージと相まって、GIANT大好きマンが爆誕した

 

ちなみに体型まではカバーしきれないのでひとまず置いておいて。

 

レプリカジャージ
立派すぎるおなか

 

ただ、ベテランローディーでも結構いません? めちゃくちゃひきしまってるかと思いきや割とだらしない体型の方々。でもすっごい走れるっていう。

 

このあたりは「逆にリアル」を狙いつつ、まずは走行練習に移ります。スポーツサイクル特有の乗り心地を体感してもらいましょう。

 

意外と乗りこなせているみくのしん
意外と乗りこなせているみくのしん
みくのしん

何これ、はっっっっっっっや!!!!!そんでめっちゃ軽ッッ! !!!小分けのお餅みたい!小分けのお餅みたい!!!!!!!

 

言ってる意味はよくわかりませんが、彼にとって人生初となるロードバイク。オンロードスピード王者の走行感に興奮しているようです。

 

人生初ロードバイクのみくのしん
楽しそう
チェーンガードのないロードバイクなどでは、停車時にしばしばチェーンに足が触れて汚れてしまう。
右足にはしっかり「初心者あるある*」が

*)チェーンガードのないロードバイクなどでは、停車時にしばしばチェーンに足が触れて汚れてしまう

3つのベテランあるある

さて、走行感覚を覚えてもらったところで、次は「ベテランっぽいしぐさ」の伝授です。

 

編集部から3つのあるあるをピックアップしてみました。みなさんの周りにもこんなベテランさん、いますよね?

ベテランあるある① トップチューブで休みがち

トップチューブに腰かける形でバランスをとりながら休むアレです。

 

知らないとなかなかこういう形で休もうと思わないし、パッと見で「こなれ感」が出るので擬態効果は高いだろうと期待!

ベテランあるある② ストレッチがなんかすごい

特にレース志向だったりシリアス系ライダーだったりすると、ストレッチからしてレベチだったりしませんか。

こんな感じでウォームアップしてると、「本気度高ぇ~」って思いますよね。

ベテランあるある③ 停止時もなんかイカす

スタート待ちのとき、信号待ちのとき、ちょっとした休憩のとき。ベテランローディーはふとしたしぐさもなんだかカッコイイものです。

 

こういうポーズも何気なく出来るといいかもしれない。本人はすでに乗り気のようです。

 

みくのしん
うん、それっぽいぞ!

 

ただし落とし穴がひとつ。

 

そう、今日が初めての走行であるがゆえに、足元はフラットペダルなんです。

足元はフラットペダル
フラットペダル&スニーカー

 

さすがに今日の今日でビンディングシステム*はハードルが高すぎて危険ですからね。

*)ペダルとシューズが一体化するシステムのこと。効率的なペダリングにつながるため、ベテラン勢はビンディング一択。

 

この爆弾を抱えながら、どこまでベテランローディーを貫き通せるのか。

 

いざゆかん、走行会へ。

「ローディー擬態」はどこまで通用する? チャレンジスタート!

今回走行会に潜入させてもらうのは、とある大学のロードバイクサークルです。走行会の撮影という建前で集まってもらいました。もちろん、みなさん普段から走りこんでいるガチ勢ばかり。

 

さっそくみくのしんも合流場所へ向かいます。

 

すでに集合しているみなさん。緊張が高まるみくのしん
すでに集合しているみなさん。緊張が高まるみくのしん

 

信ぴょう性をプラスするために、以下を人物背景として設定します。

  1. 昔は90kmの自転車通勤をしていた
  2. 今日は久しぶりのグループライド

さぁ、みくのしんは果たしてどこまでボロを出さずにいけるのでしょうか!!!

みくのしん

よろしくお願いします!

上條さん

どうもどうも! 今日はよろしくお願いします!!

 

迎えてくれたのはサークル幹事長の上條さん。大学生の上條さんは20歳、対するみくのしんは今年32歳。

 

貫禄がハンパない上條さんと、ベビーフェイスのみくのしんで、時空のゆがみ的なものを感じますが、それが良かったのか大学生の集団にも違和感なく溶け込めるという結果に。

 

大学サークルのサイクリングの様子
合流から和やかな雰囲気

 

さぁ、まずは自己紹介! ここから「ベテランローディー」の刷り込みを入れていきますよ。

みくのしん

よろしくお願いします、みくのしんです! いやぁ、最近はぜんぜん走っていなくて、ついていけるか心配です(笑) 昔は往復90kmの自転車通勤とかしてたんですけどねー

上條さん

おぉ~! 毎日90kmですか? すごい!

 

うん、つかみの反応は悪くないぞ! みくのしんの体型も「昔はガチガチに乗っていたけど、最近はめっきり」な感じがしてなんだかリアルだ。

 

上條さん

あれ、フラペですか?

 

やばい! 早速つっこまれた。

 

みくのしん

「(フラペ……?)……あん。うん、あん。……その可能性あります。いや、そうと言っても過言ではないです! いや!おっしゃるとおりです! 実は今日の自転車、レンタルなんですね!!

上條さん

あぁ~、なるほど、そういう

 

んんん~、ギリギリだったけどなんとか切り抜けた模様! フラペ=フラットペダルと理解し、うまいこと返した!

 

やる奴だぜ……

 

……と思ったら、さっそくこちらを見ている。

なんかもう目が助けてって言っています。

 

なんかもう目が助けてって言っています。

 

ずっと見てくる
ずっと見てくる

 

よし、ここは「ベテランっぽいしぐさ」でカバーだ!

 

皆に気づかれないよう、みくのしんだけに合図を送ります。あるある①「トップチューブ休憩」の発動です。

これです、これ
あるある①「トップチューブ休憩」の指示をこそっと出してみましょう。

 

ん……?

 

あるある①「トップチューブ休憩」の指示をこそっと出してみましょう。

 

やばいやばい。

 

休めてる感じが全くしないし、足がプルプルいっちゃってる。

 

なんか変。

 

休めてる感じが全くしないし、足がプルプルいっちゃってる。表情もめちゃくちゃに固い。

 

おかしいな、レベルとしては「もっとも易しい」だったはずなんだが……。

 

これでは早々にばれてしまいそうなので、次の指令にうつりましょう。

 

あるある②「かっこいいストレッチ」です。

 

あるある②「かっこいいストレッチ」

まずいまずいまずいまずい、全然できていない。

 

全然できない。

 

幸い、誰にも見られていなかったようなので即やめてもらいます。もはやあるある③「停止時のイカしたポーズ」の余裕はなさそうです。

機材トークにラチェット音セッション、そして無言になっていくみくのしん

なんとスタート早々、手玉がほとんど残っていない状況に。みくのしんから「早く出発して終わらせてくれよ!」という心の声が聞こえてきそうです。

 

いつの間にか上條さんはサングラスをかけていました。

 

これ、どういう表情!? 疑ってる? どっち?
これ、どういう表情!? 疑ってる? どっち?

 

微妙な雰囲気が漂いつつも、自転車乗りたちの熱きトークが始まってしまいました。

 

ここからは、みくのしんが完全についていけなくなる様子をご覧いただきましょう。

 

上條さん

いやぁ~、まぁ今日はゆるポタでね、無理なくいきましょうかね

みんな

上條さんの言うゆるポタだとな~(笑)

 

出ました、かの有名な “ゆるポタ詐欺” です。

 

編集部註)ゆるポタ=ゆるいポタリング。「ポタリング」=「気楽なサイクリング」にさらに「ゆるい」を冠するラクちんライドを意味するが、初心者は想定以上の距離と速度で騙されることで有名。

 

みくのしん

ゆるポタって何よ。ていうか上條さんめちゃくちゃさわやかだなー!!!いい人そ〜〜〜!!!!こんなロードバイク大好き青年の目、直視できないって!!!!!

上條さん

聞いてくださいよ、(正面のメンバーを指して)こいつ新歓の走行会のときに、50km/hとか出してくるんですよ

メンバー

いやいやいや~、あれは一瞬だけですよ~

みくのしん

え〜〜!?!?!?!? 新歓でそれはなかなかですね~!!

みくのしん心の声

速すぎだろ。車かよ。

上條さん

まぁ、今日はみくのしんさんに煽られないようにしないとね(笑)

 

「まぁ、今日はみくのしんさんに煽られないようにしないとね(笑)」

 

わっはっは~

 

 

はっは~……

 

みくのしん 心の声

もう、おしっこして帰りて。

待ち構える機材トークの罠

さらに自転車乗りたちの会話は続きます。

上條さん

今日のバイクはなんですか、GIANTの……TCR?

みくのしん

えっと……

上條さん

あ、CONTENDですねー

アルミですか

へえ~、リムブレーキだから今より結構安く買えたやつですね~

これだと当時で15万とかですかね

 

上條さん、めっちゃ話してくる。みくのしんが何も答えなくても上條さんめちゃくちゃ話してくる。

 

一気に注目が集まるみくのしんのレンタルバイク
一気に注目が集まるみくのしんのレンタルバイク

 

ベテランロード乗りを演出すべく、必死に機材トークに参加しようとみくのしんは頑張ります。

みくのしん

そうそうこれね、ヒャクゴなんですよね

 

しまった。

シマノの中堅コンポーネント「105」(イチマルゴ)呼びを教えていなかった。

 

ヒャクゴじゃないんだ、それは。むしろ105読めない問題は初心者あるあるなんだ。

 

確かにバイクには105の文字が

確かにバイクには105の文字が

 

ん……?

 

一瞬、上條さんの表情が陰った気がする。さすがに気付いたか……!?

 

上條さん

いやいや十分じゃないっすか

 

おっとぉ、意外にも流してもらえた!
ねぇ?

 

おっとぉ、意外にも流してもらえた!

 

話はさらにメンバー同士の機材の話に。だんだんその場しのぎではついていけなくなります。
何も気づいていないみくのしん

 

話はさらにメンバー同士の機材の話に。だんだんその場しのぎではついていけなくなります。

上條さん

そのホイール、ディスクじゃないよね。リムのところ黒くない? プラズマ(電解酸化処理)加工?

メンバー

そうなんですよ、雨の日もとまりやすいっていう

上條さん

へぇ、おもしろいね。何gぐらい? 800とか?

メンバー

そんなにしないですね、(前後で)1500gぐらい

上條さん

あ、そうなんだ。ゾンダが1600弱とかだっけ? そっか、いいね

 

バルブ……ディープリム……GP5000……ピーゼロ……。

 

みくのしんにしてみたら謎ワード連発で異星人同士での会話に聞こえていることでしょう。このあたりを境に、みくのしんから言葉が発せられることはなくなりました。

 

このあたりを境に、みくのしんから言葉が発せられることはなくなりました
あれ、寝てる?

上條さん

いやぁー、なんかすみません。マニア気質なメンバーが多くてつい盛り上がっちゃいまして

新歓なんかではマニアックな面は出さないようにするんですけど、結局めちゃくちゃ話しこんで全然わかってもらえないっていうね(笑)

みんな

あるある(笑)

みくのしん 心の声

いや今よ。今この状況がそうよ

恐怖のラチェット音セッション

撮影部隊から全くライドのGOが出なくてウズウズしてきてしまうメンバーたち。

 

撮影部隊から全くライドのGOが出なくてウズウズしてきてしまうメンバーたち。
上條さん

ちょっとさぁ、それ、ラチェット音*きかせてよ」

*)リアホイールが空転したときになる音

 

おもむろに後輪を持ち上げ、手でペダルを思いっきり回し始めるメンバー。そして響きわたるラチェット音。

 

シャーーーーーー!!

みんな

うわぁ~~、うるさいな~それ~~笑

メンバー

普段はもっとうるさいんですよ、今日湿度高いから……

 

(ちょうど撮影部隊が離れたときの出来ごとだったので、みくのしんの後日談からイラストに起こしてみました ↓)

後輪を持ち上げ、手でペダルを回す。当然みくのしんは「???」でいっぱい

シャーーーーーーッッ!!!!

上條さん

いやだから、うるさいな~~~笑

メンバー

そしたらコレなんかは静かかもしれないですね

(別メンバーのバイク) 

シャーーーーーー!

みんな

おお~~、いい~!

 

みくのしん 心の声

え、なに? これは何なの? 何に対するどういう感情なの!??

かろうじて立ってるみくのしん
かろうじて立っているみくのしん
上條さん

こっちは?

 

シャーーーーーーッ……

メンバー

おおお~!

静か! 高級感あるー

みくのしん 心の声

セッションなの? ジャズか何かなの?

 

みくのしんはもう、かろうじて口角をあげるだけの人になってしまいました。

 

みくのしんはもう、かろうじて口角をあげるだけの人になってしまいました。
かわいそうになってきた

 

もう出発させてあげましょう! 要となる走りではどこまでくらいつけるのでしょうか!?

いよいよ出発、どこまでくらいつけるのか?

ここでようやくスタートです。

初ライドのみくのしん、どこまでついていけるのでしょうか。

いよいよ出発、どこまでくらいつけるのか?

 

出発!

いよいよ出発、どこまでくらいつけるのか?
いよいよ出発、どこまでくらいつけるのか?

 

おや?

 

 

んん?

 

いよいよ出発、どこまでくらいつけるのか?

 

早い、早いね。ちぎられるの早い。

 

ちぎられるの早い
まったく状況が理解できていない様子の上條さん。
「…………遅くない?」

 

まったく状況が理解できていない様子の上條さん。

 

この時点でどのくらい疑っているかはわかりませんが、最後尾につく彼としては前に出るわけにもいかず、ひたすらみくのしんを気遣ってくれています。

 

上條さん

だ、大丈夫ですか?

みくのしん

うおおおおおおお!!!!!

上條さん

(先頭メンバーに伝えたほうがいいかな)

みくのしん

ぜぇぜぇ……、いきましょう!!!

上條さん

お!?

 

みくのしんの謎発言「いきましょう」を「追い上げましょう」と理解してスプリントをかける上條さん。

全然「いきましょう」じゃなかったみくのしん
全然「いきましょう」じゃなかったみくのしん

 

走行の結果は「開始15秒でちぎられる」でした。

 

さすがに今日の今日で走りまでは演出できなかったですね。

みくのしん

同行(アカンパニー)*使ったのかと思った。それくらい速い。マジで追いつけない

*)HUNTER×HUNTERに出てくるスペルカードのひとつ。プレイヤーを一瞬にして別の場所に飛ばすことができる。

ネタばらし! 上條さんは気づいていたのか!?

ここでみなさんを止めてネタばらし。

 

みくのしん

ハァ、ハァ……、ッ、すみません、実は僕、今日初めてロードバイク乗ったんですッ

 

上條さん「ええっ!? なんすか、どういうことっすか?」

「ええっ!? なんすか、どういうことっすか?」

 

━━ (編集部)実は、今日の本当の撮影主旨は「はじめてロードバイクに乗る人でも『ローディー擬態』でベテラン感を出せる説」の検証だったんです。

 

上條さん

え、通勤90kmっていうのは……?

みくのしん

90kmどころか、今日まで一回もロードバイク乗ったことないんですよ、僕

 

上條さん「えぇ~、まじっすか!?」

えぇ~、まじっすか!?

 

どうやら意外にも擬態は成功していたようです。

 

「えぇ~、そうだったんだぁー! どういう企画なんすかコレ~」
えぇ~、そうだったんだぁー! どういう企画なんですかコレ~

 

━━ 全然おかしいと思わなかったですか?

上條さん

いや全然気づかない!(笑)

みくのしん

こんなぶよぶよ体型でも?

上條さん

逆に心臓強そうな雰囲気あるんですよ。良い足してるし、平地は速いんだろうなって

「いや、逆に心臓強そうな雰囲気あるんですよ。良い足してるし、平地は速いんだろうなって」
みくのしん「マリカでいうクッパ的なね」

 

上條さん

雰囲気と『90km通勤』が妙に説得力あって。そこでもうベテランだと思い込んじゃったのかもしれないですね

 

━━ フラペでしたけど。

上條さん

確かに最初すぐ気になりました、なぜフラペ?って。だけど、逆に『フラペでも何でもついていけまっせ感』が出てて

 

━━ 「105(ヒャクゴ)」呼びとか。

上條さん

いや、105は僕も一番はじめはわかんなかったですから。機材は詳しくない人なんだろうなって、それだけですよ

 

━━ 頭にアイウェアさしてるけどメガネやん、とか。

上條さん

あ、ほんとだ。気付かなかった

 

上條さんがホンワカなだけ説も出てきました。ヒャクゴ呼びのときの表情の曇りは気のせいだったようです。

 

━━ ド素人でも見た目がそれっぽかったら気づかないものですかね?

上條さん

いや全然気づかない!

走り出してようやく『踏める人なはずなのにおかしいな?』と思った程度ですよ!

結論、それっぽい見た目&前情報があれば意外とバレない

見た目で一度刷り込んでしまえば、たいていのことは「逆に〇〇」「あえての××」に変換されてしまうのかもしれません。

 

アレに近いですね、タイポグリセミア現象。

 

本当は文字が並べ替えられているのに、パッと見で文章として認識してしまうアレです。

フラペもヒャクゴ呼びも、それっぽい見た目に内包されてしまうのかもしれない
フラペもヒャクゴ呼びも、それっぽい見た目に内包されてしまうのかもしれない

みくのしんはロードバイクに興味津々!

しかし、今回の撮影で一番しんどかったのはみくのしんです。

 

未知の世界で「知っているフリ」はかなりハードル高い。お疲れ様でした!

 

未知の世界で「知っているフリ」はかなりハードル高い。
後輪回しだしたときはどうしていいかわかんなかったですよホント

みくのしん

いやぁ〜! 中々ドキドキする撮影でしたけど、上條さんがマジでいい人だったのと、ロードバイクも純粋に楽しかったんで、普通に趣味としてアリだなって思いました!

みなさんが話す内容にもめちゃくちゃ興味あるのに、演技しなきゃいけないから聞けなかったのが悔しい! 今度はちゃんと教えてもらいたいって思いましたね。

僕も後輪回して「いい音だなー」っていうの、やれるようになりたいです。

 

最後は例のストレッチを優しく教えてもらった
最後は例のストレッチを優しく教えてもらった
走り足りないみなさんを見送る
走り足りないみなさんを見送る

ロードバイクのレンタルならCycleTrip

今回のみくのしんのように擬態の必要がある人はいないと思いますが、ロードバイクを始めてみたい人、またはロードバイクにチャレンジしてもらいたい人がいるなら、レンタルから始めてみてはいかがでしょうか?

 

みくのしん曰く、「ロードバイク乗りはとても優しい」とのことですから、仲間を見つけてチャレンジしてみるといいかもしれませんよ!

 

☆CycleTripならあなたに合った自転車が借りられます☆

日本最大級のスポーツバイク専門レンタルショップ「CycleTrip」なら、今回みくのしんが試した本格ロードバイクがお手軽にレンタルできます。

ほかにも初心者向けのクロスバイクや、体力に自信がなくても安心なE-BIKEまで、幅広い車種を選べるから、仲間と一緒にチャレンジするのにピッタリ!

▽ ボタンをタップ!

提供:CycleTrip

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop