【「トリプル JAPAN」で日本を元気に】元バレーボール日本代表 山本隆弘氏、フレームビルダー LEVEL、KhodaaBloomのコラボレーションバイク完成

総合自転車メーカーホダカ株式会社(所在地:埼玉県越谷市、代表取締役社長:堀田宗男)のオンロードスポーツバイクブランド「KhodaaBloom(コーダーブルーム)」は、バレーボール元日本代表山本隆弘氏(以下、山本さん)と株式会社マツダ自転車工場(東京都荒川区、代表取締役社長:松田裕道)が展開するオーダーメイドサイクルブランドLEVEL(以下、松田さん/LEVEL)とコラボレーションし、トリプルJAPANで「日本を元気にする自転車」を製作した。

想いを繋いで実現した「トリプル JAPAN」

このバイクは単なる自転車にはとどまらない。山本さんの故郷を想う心と、LEVELのものづくりに対する誇りと意地、KhodaaBloomの「サイクリングで人生を変えてほしい」という気持ちが一つになり、形になった。

今回、山本さんから「鳥取の魅力がいろんな人に伝わり、鳥取を自転車で走りたくなる自転車」と相談されたことがコラボレーションのきっかけ。山本さんはバレーボール元日本代表選手であり、現在は解説者や子ども向けにバレーボール指導をするなどバレーボールの拡大に尽力をされている。また、趣味としてサイクリングを楽しみ、KhodaaBloomが特別製作した超ビッグサイズロードバイクに乗る「日本一大きい」サイクリストでもある。山本さんはサイクリングイベント「鳥取すごい!ライド」を主催し、地元鳥取県の魅力をより多くの人に届け、鳥取がより盛り上がるべく活動をされている。相談を受けたKhodaaBloomは山本さんのニューバイクを製作するにあたり、ゼロベースで山本さんの想いに応えることにした。検討の末にたどり着いたのが日本屈指のフレームビルダーマツダ自転車工場LEVELだ。

LEVELは競輪用、サイクリング用、街乗り用、高齢者向けなど「その人のための」自転車づくりを通じて、乗る人の幸せや生活が変わる体験を提供している自転車工房fs。LEVELはフレーム1本1本ていねいに時間をかけ、精度と強度にこだわりぬいたメイド・イン・ジャパンの自転車を生み出づ。KhodaaBloomはLEVELの理念に共感し、たびたび共同で製品開発をするなどLEVELに力を貸してきた。今回は自転車の製作をKhodaaBloomとLEVELで分担することにした。山本さんにジャストフィットするバイクを生み出すことはLEVELにとっても難しい取り組みであり、LEVELにとっては初の試みが多くあったが、熟練した匠の技術と長年にわたり蓄積されたノウハウによって解決し、バイクは無事に完成を迎えた。

日本には世界に誇る地域ごとの魅力があり、日本のものづくりには世界に誇る確かな技術がある。この「日本を元気にする自転車」には異なるフィールドに存在するものが一台の自転車につながった。地域振興に努める方々、ものづくりに携わる方々、自転車を愛する方々、多くの人の心に残る一台になることを願っている。

自転車の詳細

トリプル JAPAN
トリプル JAPAN
トリプル JAPAN
トリプル JAPAN

山本さんの「この自転車に乗る自分(山本さん)を見た人がイベントに参加しやすくなるような気軽なスタイルの自転車」を作りたいとの想いを受けて、KhodaaBloomが企画立案とデザインを担当し、LEVELがフレームを製作。特注のパイプを使用することで身長201cmの山本さんにジャストフィット。太めで幅広なタイヤかつ、ゆったりとアップライトな姿勢で乗ることができる設計で山本さんのご要望に応える一台となった。デザインは自転車をキャンバスに見立て、車体の下部に鳥取の砂丘を、中部に日本海の要素を盛り込みながら、車体の上部は鳥取の青空を描いている。鳥取の大自然をモチーフにした芸術品のようなバイクとなった。3社コラボレーションの証としてヘッドチューブに各社のロゴマークが施されている。

自転車のおひろめ

今回製作した「日本を元気にする自転車」は山本さんが主催する「鳥取すごい!ライド(2022年10月16日(日)開催)」にて一般に初お披露目する。参加お申し込みは9/25(日)まで。

山本隆弘氏 プロフィール

日本の元バレーボール選手、バレーボール全日本選手。鳥取県鳥取市出身。Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズに所属していた。バレーボールで培った経験を生かし、バレーボールの解説や普及活動、メディア出演等で活躍中。14年、小学生バレーボール大会「T-FIVE CUP」を企画し開催。現在は北海道、関東、東海、近畿、中国、四国、九州など9地区で開催。また、趣味でロードバイクに乗り始め、日本一大きなサイクリストとして、自転車のイベントなどにも積極的に参加。地元鳥取での「GREAT EARTH鳥取すごい!ライド」では、自ら誘致に積極的に動き、16年11月に開催した。2022年10月にも鳥取すごい!ライド開催予定。

株式会社マツダ自転車工場 LEVEL

東京都荒川区にあるオーダーメイド専門の自転車工房。「誰にでも風を感じる権利がある」とのマツダ自転車工場に脈々と流れる自転車開発理念のもと、競輪用・サイクリング用・高齢者向けなど「その人のための」自転車づくりを通じて、乗る人の幸せや生活が変わる体験を提供している。驚異的ともいえる精度と強度を備えた高品質な自転車づくりだけでなく、世界を驚かせるコンセプトモデルを生み出すアイデア性を兼ね備え、世界的な賞を獲得する日本の代表的工房である。写真は代表取締役社長松田裕道氏。

ホダカ株式会社 企業情報

1972年(昭和47年)7月に設立した総合自転車メーカー、今年7月に設立50周年を迎える。自社開発ブランドとしてスポーツバイクブランドKhodaaBloom・NESTO・THIRDBIKES、シティバイクブランドMarukin、またパーツ&アクセサリーブランドP&P COMPONENTSを持つ。自転車芸人・安田大サーカス団長安田さん等数々のブランドアンバサダーとともに自転車文化の発展を目指す。スポーツ庁スポーツエールカンパニー、および埼玉県環境SDGs取組宣言企業。

LINK:ホダカ株式会社

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

Avatar photo

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop