最高の1台は?【バイシクル・オブ・ザ・イヤー2023】ノミネートバイク10台が出揃う

バイシクルクラブ誌がもっとも優れたロードバイクを決定するバイシクル・オブ・ザ・イヤーが近づいてきた。 今回は同コンテストの選考条件と2023年のノミネートバイク10台を発表!気になるNo. 1バイクの結果は3月20日発売の本に掲載予定。

ノミネートバイクの選定条件

  1. 2022年度の12月までに発表された最新ロードモデル
  2. 舗装路走行をメインとしたロードバイク
  3. 選考委員の投票により「ノミネート候補」として選ばれたもの
  4. 実際に乗れる試乗モデルとして準備があるもの
  5. 上記を満たしていれば同一ブランドからの複数モデル選出もあり

2023年のノミネートバイク10台

1. キャノンデール / シナプス カーボン 1 RLE

シナプス カーボン 1 RLE

多少の未舗装路もOK!ロードバイクの楽しみを広げる一台

132万円(デュラエースDi2完成車)

2. キャニオン / アルティメット CFR

アルティメット CFR

4年の歳月をかけて生み出された究極のロードレーシング

131万9000円(レッドeタップAXS完成車)

3. サーヴェロ / S5

S5

ユンボ・ヴィスマの快進撃を支える改良を繰り返した最新エアロモデル

214万5000円(デュラエースDi2完成車)

4. サーヴェロ / ソロイスト

ソロイスト

2000年初頭の名作の名を冠する新世代の「ソロイスト」

118万8000円(アルテグラDi2完成車)

5. チャプター2 / ココ

ココ

純エアロロードながら全方位に進化を遂げた最新モデル

51万3700円(フレームセット)

6. コルナゴ / C68ディスク

C68ディスク

イタリア界の走る芸術品!伝統を継承するハンドメイドバイク

91万3000円(フレームセット)

7. ラピエール / ゼリウス SL8.0

ゼリウス SL8.0

最新カーボンテクノロジーを搭載 正統進化を遂げた3代目

96万8000円(アルテグラDi2完成車)

8. トレック / ドマーネ SLR

ドマーネ SLR

快適さと万能さが際立つハイエンド冒険に飛び出すための第4世代

182万390円(レッドeタップAXS完成車)

9. トレック / マドン SLR

マドン SLR

7世代にわたって進化を続けた究極のエアロレーシングバイク

188万890円(レッドeタップAXS完成車)

10. ヨネックス / カーボネックスSLD

カーボネックスSLD

日本ブランドが生んだ最高傑作 ヨネックスフレーム史上最軽量

59万4000円(フレームセット)

LINK:バイシクルクラブ

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー
Avatar photo

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop