【スペシャライズド / シラス】人気クロスバイクシリーズ5台紹介します

クロスバイクを選ぶときに候補の一つにしたいのがスペシャライズドのシラスです。

エントリーモデルからスポーティなものまでラインナップされており、どのユーザーさんの希望にも合致する様な精巧な造りが人気のシリーズです。今回はシリーズの中からおすすめのものを5台ご紹介したいと思います。

入門用にはピッタリ – シラス

スクリーンショット 2016-03-02 11.08.49

(出典:SPECIALIZED)

シラスはスペシャライズドにおいて、クロスバイクの入門グレードとして位置付けられています。上位グレードの持つ衝撃吸収素材Zertzやディスクブレーキなどはありませんが、上位車種と同じフィットネス用ジオメトリーとパンクに強い同社製のNimbusタイヤが補ってくれます。

変速系統のコンポーネントはSHIMANO製のコンポーネントで統一されているためトラブルも少なくしっかりと変速してくれます。また、クロスバイクとして日常の通勤でも使えるようにフェンダーや荷台用のマウントがあるのも見逃せません。(参考価格:税抜65,000円)

ディスクブレーキで安心 – シラススポーツディスク

スクリーンショット 2016-03-02 11.33.26

(出典:SPECIALIZED)

シラススポーツディスクのポイントといえば、なんといってもディスクブレーキが搭載されているという事ではないでしょうか。これにより雨天での制動力も確保出来るため、通勤や休日のサイクリングで雨に降られることがあっても安心して車体に身を預けることができます。

その他にも耐パンク性に加えて、夜でも安心の反射素材が備わったNimbus Reflectタイヤやリア9速のギアなど全てにおいて上記シラスをグレードアップした仕様となっております。

ディスクブレーキが使用したい方にはこちらがおすすめです。(参考価格:税抜89,000円)

ハイグレードアルミとZertzの組み合わせ – シラスエリート

スクリーンショット 2016-03-02 11.48.40

(出典:SPECIALIZED)

 

このグレードからフレーム素材が変わり、E5高品質アルミ合金製の軽量フレームになっております。フォークには衝撃吸収素材Zertzが使われており、軽さと快適性の向上が図られています。特にフロントフォークの衝撃吸収効果は大きく、長距離のサイクリングでも疲労が少なくなるという特徴があります。

また、タイヤもEspoir Sport Reflect 700×30㎜が採用されており、細目でありながら対パンク性と快適性を向上させています。また側面には反射素材が使用されていますので夜間での乗車でもドライバーが視認しやすくなっております。

日常の通勤だけでなく休日には長距離のサイクリングもお考えの方におすすめの一台となっております。(参考価格:税抜102,000円)

全てを快適に走るために – シラスコンプディスク

スクリーンショット 2016-03-02 12.13.03

(出典:SPECIALIZED)

シラスエリートと同じE5高品質アルミ合金製の軽量フレームに加えてZertzが内蔵されたFACTカーボンフォークがついており、シラスエリートよりさらに振動吸収に優れた車体となっております。

コンポーネントはSHIMANOのティアグラを使用しており、ロードバイクのエントリーモデルと同じ10速構成です。ブレーキも安心のディスクブレーキですので雨天でも安心ですね。(参考価格:税抜155,000円)

カーボンフレーム – シラスプロカーボン

スクリーンショット 2016-03-02 12.23.17

(出典:SPECIALIZED)

シラスシリーズの最上級車種のプロカーボンです。

カーボンフレームは軽さや剛性に加えて快適性も両立できるためハイクラスのロードバイクにも使用されています。さらに11速のアルテグラはロードバイクの中級から上級グレードに使われる高級コンポーネントであり、タイヤもロングライドによく使われるRoubaix Pro 700×25/28mmというハイグレードなものを採用しています。

また、カーボンフレームでありながらフェンダーと荷台のマウントも取り付けてあるためクロスバイクとしての使いやすさも忘れてはいません。

ドロップハンドルが苦手な方や週末に遠出をしてみたい方にとっては特におすすめしたい一台ですね。(参考価格:税抜339,000円)

最後に

シラスは様々なバリエーションを持ったクロスバイクです。もし、今回ご紹介した中にお気に入りのものがありましたら是非専門店へ足を運ばれることをおすすめします。

きっとあなたにぴったりのものが見つかると思いますよ。

クロスバイクに関する他の記事はこちらをご覧ください!

(TOP画像出典:SPECIALIZED)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by FRAME編集部

FRAME編集部です。