大切な子どもを“万が一”から守る!エアーリンクの子供向け自転車保険

子どもの成長は早いもの。抱っこからベビーカーに乗り始め、歩き、そしていつしか三輪車を漕ぎ始めます。小学校入学前にもなれば、子どもの移動手段には自転車が加わってくるでしょう。1人でも、どんどん遠くへ、速く移動できるようになります。

しかし道路には危険がいっぱい。親から見ていても、ハラハラさせられることが多いはずです。乗れるようになりたての頃は運転も不安定で、転倒することもあります。友達が増えれば、親から離れてどこかへ出かけてしまう機会も増えるでしょう。

万が一への備えは、早いに越したことはありません。もし自転車事故を起こしてしまったら…そんな心配を少しでも和らげるため、今回は子供向けの自転車保険をご紹介します。

一般の大人向けや家族向けの自転車保険であれば、au損保やセブンイレブンの自転車保険などおすすめの保険が複数あります。しかしその中で“子供向けに”特化しているが、今回取り上げるエアーリンクの子供向け総合保険です。

おすすめポイント1:充実なラインアップ

5445454416_7663424ce2_b

Photo by ajari

エアーリンクの保険は、園児や小学生、中学生、高校生、専門・大学生向けと、学年別に幅広いラインナップが用意されています。

小学生になれば遊び盛りで、外でも遊びながらケガをしてしまうかもしれません。また、中学生になれば部活動が始まり、高校生になると通学に自転車を利用することもあるでしょう。成長に合わせて変化する子どもの環境にも、エアーリンクなら柔軟に対応してくれます。

おすすめポイント2:十分な補償内容で値段も安め

5962704161_fa348e11d6_b

Photo by Lars Plougmann

保険加入で気になるのは、補償内容と保険料とのバランスでしょう。エアーリンクの補償内容は、主に自分自身がケガした場合と相手にケガをさせてしまった場合とが対象です。さらに、扶養者が亡くなった場合や盗難に遭った場合など、直接自転車と関わりのない部分まで広範囲に及びます。つまり、子どもの日常生活全般をカバーしてくれる保険といえるでしょう。

保険料は、園児や小学生、中学生、高校生、専門・大学生と、学年によって異なります。しかし最も安い園児で月々335円、大学生でも月々521円からと、家計にとって大きな負担となる金額ではないでしょう。補償内容と比較すれば、非常に低価格で安心を得られる保険です。

おすすめポイント3:信頼と実績があるため安心

1079047381_541b5616e9_b

Photo by iyoupapa

エアーリンクは過去26年間で、112万人以上もの加入がある自転車保険です。手頃な価格で充実の補償とサポートが受けられる点に好評を得ており、その信頼と実績は加入者にとって大きな安心に繋がるでしょう。また、一度加入すると継続する方が多い点も、エアーリンクが信頼されていることの裏付けと言えそうです。

終わりに

自転車は便利ですが、だからこそ子どもには安全に乗って欲しいもの。しかし、いつどのような事態が起きるかは、誰にも分かりません。大切な我が子だからこそ、事故などから守るために、自転車保険は万が一に備えておきたい手段ではないでしょうか。

今回ご紹介したエアーリンクの子供向け総合保険は、エアーリンクの子供向け総合保険から詳細がご覧頂けます。2014年12月末までに申し込むと、図書券がプレゼントされるとのこと。図書券というのが、子を育てる親には嬉しいですね。

もちろんこの他に、各社から自転車保険が提供されています。「他の自転車保険も気になる!」という方は、姉妹サイトの『マサルでもわかる自転車保険』をご覧ください。

三河 賢文

WRITTEN BY三河 賢文

“走る”フリーライターの三河です。数多くのマラソン、トライアスロンレースに挑戦中。その競技経験や知識をもとに、自転車に関する情報をお届けします!

他の記事も読む

関連記事