2015年のテーマは「安全で楽しい自転車」

自転車創業の中島です。
大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

さて私ごとですが、昨年末に鼻づまりを治す手術をしました。手術前とくらべて、自転車を漕ぐ際の鼻呼吸が爽快でたまりません。いままでは花粉症の自転車乗りとして、花粉の季節が嫌で嫌でしょうがなかったですが、ある意味で楽しみです。ただ手術がまだ完治していないこともあって、たまに鼻水を垂らしながら自転車を漕いでいることがあります(笑)

と脱線しましたが、2015年の”マサルでもわかる自転車保険”のテーマをお伝えさせてください。とても普遍的ですが、「安全で楽しい自転車」を掲げていきたいと考えています。

自転車に乗ることが楽しいのは言わずもがなですが、それはやはり安全の担保があって初めて実現できることだと思います。ただどうしてもそれを忘れがちになってしまい、ちょっとした気の緩みが自転車事故につながっているケースが2014年も多くありました。そして東京オリンピックまで5年を切り、昨年以上に2015年は自転車が注目されることは必至です。まだまだ大きな影響力はないかもしれませんが、自転車に関する情報媒体の1つとして、その一端を担えればと考えています。

それでは本年も株式会社自転車創業並びに”マサルでもわかる自転車保険”をよろしくお願いします。

中島 大

WRITTEN BY中島 大

「FRAME」運営元、株式会社自転車創業の中島 大です。

他の記事も読む

関連記事