ヒルクライム!北アルプス山麓グランフォンド2015参戦(後編)

(当記事はReady For TAKEOFFの転載記事です)

グランフォンドも後半戦。
「美馬ぽかぽかランド」の出口を右折した瞬間にヒルクラ開始。
大峰高原へ向けて大小の峠4つを越えていく。

登り始めはT氏が牽引。
01
※写真の左ライダーがT氏

というか峠に入ったら全員フリーで勝負という約束なので、いつ仕掛けるも自分次第。
スタート直後は安全に脚を使わず淡々と登るのが私のスタイル。
02

なかなかいい景色。山道に向かってます!というかこれから深くに入ってく気配が。
その時目の前を何かが横切った!
けど消えちゃった。。。と思ったら。
ん?ステムとハンドルのつなぎ目左側になにか、、、、、

03

カメムシ!!!!
停まっちゃったよ!!!
休憩ですか???

私「T氏!!!ステムにカメムシ停まったンだけど!!!遅いって事かな!!!???」

周りを走っていた方々(8人位いました)が全員こっちを振り返る!!!

ヤバっ!気まずい!
という訳でスピードアップ!
今いた人が見えなくなるまで、、、、、逃げよう!!!
いやぁまじで焦った。峠序盤であんな人数でバトルしたくない。。。

逃げるに越した事はないってねw

AM10:30
天気は急変。
ぽつぽつと降り始めた雨が次第に強くなっていく。
ヒルクラで熱くなった身体を冷やすにはちょうど良い雨である。
その代償は、、、、写真が撮れませんorz

ひたすら登るしかないってことか。
雄大な田園風景も、そばの花畑も、大峰高原手前の静かな林道も、、、、、
写真記録無しorz
諦めます。。。

大峰高原の峠を越えてすぐにエイド。
今回一番楽しみにしていた、味噌おにぎりと郷土料理バイキング!

04

長野のお米でふっくらおいしいおにぎりと、お漬け物や味噌、山菜の煮付け。
これがお代わり自由って、、、、、、、、、来て良かった〜〜〜(^o^)/
満腹に食べ、後半戦の準備は万端!

少し雨が弱まった隙を見て、ダウンヒル開始!!!
「後続に優しいダウンヒル」
の使い手である私は、同行の2名に大きく引き離され一人寂しく下るのでした。。。
登りは勝ったんだ。。。それでいいさ。。。

安全かつ慎重に下る!
麓までおりると一層雨が激しくなり、もう、なんか、濡れるとか、汚れるとか、
どうでもいいですw

延々と斜度3%位のゆる殺し坂を30km走り続けるという苦行に突入。
これから先は山場がなく、淡々とどしゃ降りを浴びながら堪える。。。
雨の音しか聞こえない。
道路は水浸し。
視界は半分。

あぁ前に天使が降りてきそうだ。(堕天使)
もう解放して下さい。
飽きました。。。

たった120km。されど120km。
この天候の消耗は人に幻覚を見せてくれますね。
そしてラスト2km。
最後の峠を登ればゴール。
来たぜ激坂!
ラスト勝負だ!
ここまで溜めた脚を解放だ!!!

05

2番目が私です。
戦闘態勢です。
注)おじさんを追っている訳ではありません。
早く終わらせたいだけです。

宣戦布告してきたT師に負けたくないだけです。
ラストは限界のダンシングで、、、
06

ゴール!
無事、完走証を頂き、震えながら帰り支度をしました。
あぁ、早く温泉入って、ビール飲みたい。
と思いながら、初めてのグランフォンド参戦は幕を閉じました。

感想:2週前の奥多摩ヒルクラ強化合宿により、今回の峠は特に厳しい事もなく走れました。
各エイドのタイミングや提供するメニュー等がとても絶妙で、エネルギー配分を考えなくていいという大会側の優しさ。
大満足のイベントでした。

・転載元記事
北アルプス山麓グランフォンド2015参戦(後編)Ready For TAKEOFF

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事