どうしよう…ロードバイクで事故に遭ってしまった時の対処法

皆さんは、「自分は交通ルールを守っているから、事故に遭うはずがない」と思っていませんか?

どれだけ運転に慣れている人でも、不意の歩行者の飛び出しを避けようと転倒してしまったり、信号無視の車と接触してしまったりする可能性はゼロではありません。

ロードバイクは一般的な自転車よりもスピードが出るため、事故が起きた時のリスクは高くなってしまいます。

そこで、ここではロードバイクで事故に遭ってしまった時の対処法や、事故に備える保険について解説します。

事故を起こしてしまったら、負傷者の救援が第一

a0002_000462
もし人身事故を起こしてしまったときは、負傷者の救援を何より優先します。まずは二次被害が起きないように、負傷者やロードバイクを安全な場所に移動させましょう。

そして警察に電話をしますが、同時に救急車が必要かどうかも確認されます。

警察へ伝える内容は、事故が起きた場所、事故の状況、負傷者の容態などです。事故を起こしてしまうとパニックになって、スムーズに話せなくなるかもしれませんが、慌てずに必要事項を伝えましょう。

警察への報告は必須

a0960_000461
警察への報告は、人身事故・物損事故に関わらず必ず行わなければならない義務があります。相手からぶつけられてロードバイクが破損した場合も、警察に届け出をして「交通事故証明書」を発行してもらわなければ保険金がおりません。

事故でパーツなどを壊されたときには、修復可能な場合には「修理費」、全損した場合には「壊された物の時価」による賠償が一般的です。

自身の体についても、事故の瞬間はショックで痛みを感じなくても、後々ケガをしていたことがわかる場合があります。軽い事故でもその場で解決しようとせず、必ず警察に連絡して、相手と名前や住所、連絡先などを交換します。

事故に関する治療費などを負担した場合は、医師から診療報告書をもらうようにしましょう。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事