高機能からゲーム感覚まで。おすすめランニングアプリ6選

これからの季節は涼しくなってきて、夏の間は中断していたランニングを再び始める人が多いのではないでしょうか。

今回はそんな人のために、ランニングに関連するアプリを6つご紹介します。ランニングだけではなく、中には自転車乗りの人も使えるアプリもあるので必見です。

賞を受賞するほどのランニングアプリ

screen322x572

(出典:iTunes プレビュー)

「Runtastic GPS ランニング&ウォーキング運動記録アプリ」

こちらは、ランニングやウォーキングの記録を取るアプリです。「Google スタッフが選んだ2014年上半期ベストアプリ」と「Google Play ベストオブ2014」の2つの賞を受賞しているほど、アプリとしては完成度が高く、知名度も高いものとなっています。

このアプリは、ランニングの走行距離や運動時間、スピード、カロリー消費など、大抵のランニングアプリに入っている基本的な機能はもちろん搭載しており、それに加えて多彩な機能があるのが特筆すべき点です。

ランニングをサポートするため、トレーニング目標として、ランニングの速度を一定に保つための心拍ゾーンや目標消費カロリーなどの設定をすることができます。

これにより、個々人に最適な目標を定められるので、今日は体調が悪いから遅いペースにしよう、今日は調子がいいから速いペースにしよう、などとその日の体調と相談し、ランニングのペースを決めることが可能になります。

また、そのデータを集計し、月別と合計の数値を確認することができます。今まで自分がどのくらいの距離や時間、ランニングしたのか明確になり、今後のモチベーションの一端を担うでしょう。

さらに、ライブトラッキング&声援という独自の機能があります。自分の現在地を人とシェアしたり、声援などの音声を受け取ることができます。

きついトレーニングに臨んでいる人にはうれしい機能でしょう。アプリは無料版と有料版があり、無料版では一部の機能が制限されていますが、それでも「記録をする」ことに重点を置くならば、十分使えるものとなっています。

iOSはこちら

Androidはこちら

サイクリングにも使えるアプリ

screen322x572 (1)

(出典:iTunes プレビュー)

「Cyclemeter GPSサイクリング、ランニング、ウォーキングやマウンテンバイク」

こちらは、ランニングだけではなく、サイクリング、ウォーキングにも使えるアプリです。Android版はなく、iOSに特化したものとなっているので、iPhoneなど、iOS系のデバイスをお使いの方には特におすすめです。

また、アップルウオッチにも対応しており、大きなデバイスを持たずとも、腕に装備してある小さなあのウオッチで、走行距離や速度などの基本的な情報を見ることができます。

まず、特筆すべき点は、アプリ内の表示がわかりやすい点です。走りながらでも一目で、すぐに距離やスピードなどが確認できます。インターフェースの美しさはこの手のアプリの中ではトップクラスのものとなっています。

ランニングといえば、1人で行うものというイメージが強いかもしれませんが、このアプリを使えば、1人ではなく、2人で行うことができます。

どういうことかというと、自分が過去に走ったデータをライバルとして使用することができるのです。つまり、過去の自分と対戦することができるのです。

過去の自分に勝つという目標を設定することでモチベーションを保つこともできます。

また、このアプリはインポート、エクスポートの機能が搭載されており、自分のランニングやサイクリングなどのデータをCSVなどのファイル形式にエクスポートできたりします。

非常に高性能です。このアプリは、ここまで高性能にもかかわらず、なんと無料で使うことができます。iOS系のデバイス使いにはおすすめのアプリです。

iOSはこちら

個人トレーナーアプリ

screen322x572 (2)

(出典:iTunes プレビュー)

「Endomondo ? ランニング, サイクリング, ウォーキング, GPSを利用したフィットネストレーニングのトラ ッカーとパーソナルコーチ」

こちらは、いわゆる個人トレーナーとして使うことができるアプリとなります。1人だと挫折しがちなランニングやサイクリングなどのフィットネス、このアプリと一緒なら継続することができるのではないでしょうか。

では、一体、個人トレーナーとはどういったものなのか。詳しく説明していきたいと思います。主に、「運動の追跡」「パフォーマンスの分析」「自分自身に挑戦」「ソーシャル機能」といった機能から成り立っています。

まず、「運動の追跡」ですが、走行距離や速度、心拍数など基本的な項目が自動的に取得されるのはもちろんのこと、外はなく室内で行った運動も手動で入力することができます。

「パフォーマンスの分析」では、トレーニング日記をつけたり、日々のトレーニング量を確認したりすることができます。

「自分自身に挑戦」とは、目標を設定しその目標に向かってひた走るという機能です。自分で目標を設定できるので、高い目標も低い目標もさまざまな目標を設定することができます。

また、音声コーチが目標の達成を助けてくれるので、1人で行うよりも目標が達成しやすくなるでしょう。

「ソーシャル機能」では、友達からリアルタイムで音声のメッセージを受け取ることができます。前述の音声コーチが友達になるということです。

1人では運動に挫折しそうな人でも、このアプリと一緒なら挫折せずに、続けることができるでしょう。無料版と有料版があります。

iOSはこちら

シンプルなランニングアプリ

screen322x572 (3)

(出典:iTunes プレビュー)

「run.App ? GPSとランニング」

こちらは、必要な機能とプラスアルファルファを兼ね備えた、比較的シンプルなランニングアプリとなっています。まさに、「記録をする」ということに重点が置かれたつくりとなっています。

まず、シンプルというだけあり、アプリに慣れていない人でもすぐに簡単に使うことができます。ユーザーインターフェースがすっきりとしているので、どの機能がどこにあるのか容易に発見することができるでしょう。

大抵のアプリはオンライン機能を駆使するかと思いますが、このアプリはオンラインは不要です。すべてのデータがiPhoneに保存されます。

iPhoneに保存されるということは、iPhone自体がハッキングなどされないかぎり、自分のデータが外に漏れる心配がないということです。

いろいろとセキュリティに心配な時代だからこそ、ローカルにデータを保存したいという人も多いでしょう。そんな人にはぜひおすすめしたいアプリです。

さらに、距離や速度などの記録という最低限の機能と、音楽を聴いたり、ランニングの音声支援というプラスアルファルファの機能だけで十分という人にもおすすめです。

iOSはこちら

ゾンビから逃れよう

screen322x572 (4)

(出典:iTunes プレビュー)

「Zombies, Run!」

最後にご紹介するこちらのアプリは今までのものとは一味も二味も違ったものとなります。どこが違うのか。ずばり、「ゾンビ」です。ゾンビに襲われながら走るというものです。

つまり、ゲーム感覚でランニングを楽しもうというコンセプトです。具体的には、ゾンビによって崩壊させられた廃墟の中を走って走って走りまくります。

走っている過程で、アイテムを得ることができます。そのアイテムを使い、街を再建させることが目的です。走っている途中にはしっかりとゾンビの声も聞こえてきます。

その声にかき立てられるように、ついつい走ることを続けて、いつの間にか結構な距離を走っていたなんてことも。

また、アイテムを得るためにも走るので、とにかく走りまくるにはうってつけのアプリでしょう。ゲームが好きな人なら、このアプリはまるのではないでしょうか。

変わった観点から、ランニングを促すこのアプリ。一度は試してみたいですね。

iOSはこちら

自分に合ったランニングアプリを

runners-373099_1280

以上、6つのランニングアプリをご紹介しました。高機能を搭載したものから、比較的シンプルなもの、ゲーム感覚で楽しむものまで、幅広く取り上げましたが、結局は自分が気に入ったものを使うのが一番です。いろいろと試してみて自分のランニングスタイルに合うアプリに出合えるといいですね。

ランニングに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

あい

WRITTEN BYあい

とらちゃん(プロフィール画像)と戯れるのが趣味の可愛い女子大生です? チョコを食べながら講義を受けて、その合間にブログ記事を書いています。みなさんに素敵な記事を届けられるようがんばります♪

他の記事も読む

関連記事