やりたいけど続けられない?!筋トレのモチベーションを維持する5つのポイント

「よし、筋トレするぞ!」とやる気があるときはよいですが、なかなか継続するのが難しいもの。「モチベーションが上がらなくて・・・」と感じているのではないでしょうか?

今回は多くの人が運動を始める際に選択するにもかかわらず続けるのが非常に困難(と思われている)筋トレのモチベーションを維持するアイデアを紹介していこうと思います。

1.なぜあなたは筋トレをするのか

fitness-863081_1280
1つ目のポイントは筋トレをする動機です。あまりに当たり前すぎて読み飛ばしそうになるのではないでしょうか?そうなんです。「当たり前」なんです。でも当たり前の力をなめないでください。これをやるかどうかで辛さを乗り切れるかが変わってきます。

メンズホロスが120人の男性に実施したアンケートによると、79.3%の人がほど良く筋肉質な体になりたいと思っていなながら、実に46.7%の人が筋トレをやっていないとのこと。ここから言いたいのは、ここでいう筋トレをする動機というのは、「痩せたい」とか「モテたい」とかふわっとした気分が良くなる妄想ではなく、何をおいてもそれをしたくなる絶対的な願望、動機だということです。

「痩せたいから筋トレをする」というあなたの願望、どのくらいの強さですか?「飲み会でみんなと楽しく飲む」より優先度高いですか?その優先度がまんまあなたの今の結果そのものです。つらい筋トレを始めてしまう前に、今一度そのつらいことをするだけの理由が自分の中にあるか、自分と向き合ってみましょう。

2.正しい筋トレを理解し効果を感じよう!

weights-869225_1280
つらい筋トレを乗り切るだけの動機を見つけたら、次に重要なのは効果を感じることです。努力しているのにいつまでたっても効果が出なければ、どんなに屈強な精神の持ち主でも挫折してしまうでしょう。そういう意味で筋トレを正しく行うことはとても重要です。正しく行えていないときついばかりでいつまでたっても効果はでません。

正しい筋トレを知るには、やはりプロのインストラクターの指導を受けることがおすすめです。ただ、プロのインストラクターならだれでもいいわけではなく、あなたにあった人だとより良いです。インストラクターにもそれぞれ得意不得意分野はありますし、会話や人柄が合うのは指導効果に寄与します。プロのインストラクターの指導を受ければ、正しい筋トレを行えるだけでなくつらい時に支えてくれるので、特に筋トレを続けられない初心者には良いです。正しい筋トレを行えば、すぐに何らかの効果を感じ、モチベーションが維持できるはずです。

X105

WRITTEN BYX105

人生の半分を引越に費やしている珍種。All for your smiles をテーマに、健康と教育、異文化交流を専門に活動。趣味は引きこもって読書、昼寝、料理といったインドアからスポーツ、旅行、キャンプなどのアウトドアまで幅広く保持。人生を気儘に遊び倒している。 通勤・通学の手段は高校時代からずっと自転車。

他の記事も読む

関連記事