自転車保険に入ったら絶対安心?!-ファイナンシャルプランナーによる保険のすすめ

自転車を趣味で利用されている方、通勤で利用されている方、自転車をよく乗られる方は自転車保険を検討される方が多いのではないでしょうか。

自転車保険に限ったことではありませんが、私(ファイナンシャルプランナー)は普段、お客様とお会いして保険の見直しの現場で、みなさんに必ずお聞きすることがあります。

それは「保険に入っていて、本当の意味で安心していらっしゃいますか?」と伺うと、多くの方が、実は安心だとお答えになる方はほとんどいらっしゃらないのが現状です。ところが、逆に不安だとお答えになる方もほとんどいらっしゃらないんです。

ではみなさん、どのようにお答えになるかと言うと、実は「安心なのだか、不安なんだか、よく分からない」とお答えになるんです。では、なぜ、このような方が多いのでしょうか。

それは、実際に事故が起きてしまったときに一体いくらのお金がかかるのかこれがわからなければ、本当の安心なんて得られるわけがないと思うのですが、いかがでしょうか。

自動車保険を例にとってお話いたしますと、無制限の補償であれば、仮に死亡事故が起きてしまったら、相手方の年齢や職業にもよりますが、1億円以上の賠償になる可能性は十分にありますので、無制限の補償をつけておけば安心ですよね。

つまり、必要な金額をカバーできる補償に入ったから、安心ということですよね。そもそも保険って、安心が得られなかったら保険の意味がないですから、自転車保険を検討される前にそもそもなぜ自転車保険に入る必要があるのか、何のために、その為にはいくらのお金が必要になるのかという目的を明確にしていくことが重要です。

そもそも自分には必要なのかどうかも含めて、ご自身がおかれた状況は様々ですからご自身のライフプランと合わせて考えることが重要です。

では、自転車に乗られてどのようなリスクがあるのか考えてみましょう。

自転車は正確にいえば、2輪自動車であって、歩道を走ることも原則禁止されていますし、車のように自身の身体を守るものが無いのに、ある程度のスピードで走りぬける訳ですから、普段歩く時に比べて、自分自身の致命的な怪我や、死亡事故の確率がぐっと上がります。

また車と同じように走る凶器になる可能性があり、歩行者と接触しぶつかることで、相手に致命傷を追わせてしまい、最悪の事態で障害状態、死亡させてしまう危険性も高いのが自転車なのです。最近では、この相手に対して、事故の賠償請求をされるケースが増えています。

さらには、その補償額が8000万円以上になることも多く、保険に入っていなければ現金で対応しなければならない訳ですからやはりこの補償は必ず用意しておいた方がいいですね。自転車保険では、取り扱い保険会社によっても保障は様々ですが、基本的には自分の保障の為に、相手への補償の為に2つの目的を網羅できていればいいと思います。

基本的には自転車保険は自動車保険と考え方は似ています。では、自転車保険に別途入る必要があるかといえばそうでない可能性もあります、それは、ご自身が既に入られている何かしらの保険の中に実は自転車保険の代わりになるような保障や補償が含まれていたり、もう既に用意している中に同じ目的のものに入られていたり。

皆さんが気づいていないところで保険を2重にかけているということですから、保険料もムダに払いすぎている可能性も中にはあります。次回はもう少し詳しいお話ができればと思います。

自転車保険に関するその他の記事はこちらをご覧ください!

伊賀佐和

WRITTEN BY伊賀佐和

大手百貨店・保険会社を経て、顧客目線でのライフプランニングや情報提供が可能となる総合代理店リスクマネジメント・ラボラトリーに所属する。ファイナンシャルプランナーとして住宅ローンアドバイザー、相続診断など相談業務やセミナーを中心に活動中。

他の記事も読む

関連記事