ロードバイクの盗難防止に!「地球ロック」の鍵の掛け方と注意点

ロードバイクやマウンテンバイクなど、高級な自転車を乗っていると、どうしても盗難が気になります。自転車で出かける時は店内から見える場所にしか止めないなんて方も多いのではないでしょうか?

高級なロードバイクやMTBの場合、駐車中は常に窃盗グループに狙われていると考え、できる限りしっかりと鍵をかけておきましょう。

盗難を予防するためには頑丈なカギでの固定がオススメなのですが、固定する場所を間違えてしまうと簡単に盗まれてしまいます。

盗難防止には地球ロックが基本!

地球ロック
動かないものと一緒に鍵をかける。

スポーツバイクの駐輪にオススメなのが「地球ロック」という方法。名前だけ見るとなんだか新しいカギの製品名のような印象を受けますが、これは自転車を止めておく際に使う固定方法のことです。

どうやっても持ち上げられそうに無い地球に固定することで盗難を予防しようというのが地球ロックです。地球ロックと呼ばれていますが、実際に地球に杭を打って固定するとか、特別な道具を使うなんてことはありません。

なぜ地球ロックが必要?

高級な自転車は軽いため、カギとワイヤ-でタイヤがまわらないようにしていても、簡単に担いで持って行かれてしまいます。ある程度重いものに縛り付けていても、クレーンなどで吊られるとどうしようもありません。

地球ロックのやり方

道路標識や駐車場の柵など、地面や建物の基礎などに強力に固定された建造物を利用し、頑丈なワイヤーで自転車を結びつけるだけでOK。

構造物に結びつけているので、ちょっと止めているだけの時間ではまず盗まれませんが、ワイヤーの強度が足りていないとあっさり切断されてしまうので、できる限り頑丈なカギを使いましょう。

どんなカギを選ぶといいの?

自転車用のカギの場合、持ち運びのしやすさと頑丈さのバランスが大切です。持ち運びやすさだけを考えてしまうと、ペンチで簡単に切断できるようなものが多くなってしまいますし、頑丈さだけを考えると持ち運びに支障の出る重さと大きさのものになってしまいます。

どのようなカギを選べば良いのか迷うと思いますが、大まかな基準として、自転車の使い方に合わせて選ぶと良いでしょう。

軽さと頑丈さのバランスで選ぶ

街乗りをメインにしているような自転車なら、駐停車の回数が多くなるので頑丈なカギを。
ロングライドや競技用なら自転車から離れるとしても短い時間なので、持ち運びやすさ重視のものを選びます。

地球ロックを行うなら、どのタイプの鍵を選ぶ場合でも、まず長さが大切です。自転車と構造物をひとまとめにしてロックする必要があるため、余裕のある長さがあるものを選びましょう。

鍵穴も普通の鍵を使うものではな、ディンプルキーを使うものや、エースキーという筒状のカギを使ったものがオススメです。

地球ロックに使えるオススメの鍵は?

地球ロック用の鍵には、長さと頑丈さと持ち運びやすさが必要です。

クリプトナイトのクリプトフレックス


KRYPTONITE ( クリプトナイト ) ロック クリプトフレックス
ただのワイヤーに見えますが、特殊加工によって普通のワイヤーカッターではほぼ切断できません。
自転車のサイズや固定する場所に合わせて76cm、120cm、220cmの3種類から長さを選べるのもポイントです。

この製品には鍵が付いていないため、使用時には、他の頑丈な鍵を組み合わせて利用します。

クリプトナイト社のEvolution Series 4 ディスクロック


KRYPTONITE ( クリプトナイト ) ロック NEW YORK LOCK [ ニューヨークシリーズ ] EV4 – Amazon

こちらのU字ロックは、ディスクシリンダ式の鍵となっており、小型工具での破壊に強い耐性を持っています。クリプトフレックスは丸めればサイズを小さくできますし、Evolution Series 4 ディスクロック自体も手のひらに収まるサイズなので持ち運びが簡単です。

RYPTONITE(クリプトナイト) Evolution Mini-7 U字ロック&フレックスケーブル


KRYPTONITE(クリプトナイト) Evolution Mini-7 U字ロック&フレックスケーブル
またU字ロックと呼ばれる鍵とセットになったこのようなモデルも存在します。

地球ロックのポイントと注意すること

自転車を地球にロックしていても、きちんとポイントをおさえていないと簡単に盗まれてしまいます。

ホイールだけロックしない

地球ロックを行う時は、前後のホイールとフレームと地球をひとまとめに固定することが大切です。スポーツ用のバイクの場合、メンテナンスのしやすさを重視しているため、ホイールが簡単に取り外せるようになっています。ホイールだけをロックしているとホイールだけを取り外してその他の部分を丸ごと盗まれてしまいます。

大きな鍵を持ち歩きたくないなら、クイックリリースを盗難防止タイプのものに交換しておき、鍵は地球と結ぶものだけを持ち歩くと良いでしょう。

駐輪禁止の場所、目立つ場所に停めない

地球ロックをする際には、止める場所にも注意が必要です。
駐停車禁止の場所に自転車を止めていると、鍵をかけていても撤去されてしまいます。
また、駐車する際にはできるだけ道路から離れた場所を選びましょう。自転車窃盗犯は、車で移動しながら獲物を物色しているため、道路からよく見える場所に自転車を止めていると狙われる確率が上がります。

自転車の盗難防止に大切なこと

ちょっとだけ駐車するときなどは、つい鍵のかけ方が適当になってしまいます。盗難に遭うのは大抵そのような油断をしているタイミングではないかと思います。

頑丈な鍵で地球ロックをしておけば、少し離れたぐらいの時間なら十分自転車を守れます。いい鍵はどうしても値段が高くなってしまいますが、大切な自転車を守るために必ず用意しておきましょう。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事