サイクリング後の頭皮の脂っぽさ、気になりませんか?
date : 2017.03.16 update : 2017.04.30

自転車に乗っていると、あつ〜い夏はもちろん、凍えるような寒い冬でも、尋常でない汗をかきます。ロングライドやレースはもちろん、通勤や通学でも汗はつきものですよね。

INZEAL-Shampoo01

自転車に乗ると汗をかく

特に通勤通学。僕は大学のとき、毎日自転車で大学まで通学していたのですが、ほぼ毎日しっかり汗をかいて走っていました。普段着は必ずしも、ロードバイクウェアのような速乾性のある服であるとは限りません。漫画に出てくるような爽やかな通勤通学は実際にはなく、僕は汗だくになりながら走って通学をしておりました。実際に自転車で通勤通学をしている人のほとんどが汗をかいているのです。

INZEAL-Shampoo02

自転車通学は汗との戦い

自転車で走るとき、ヘルメットをすると思いますが、がっつり走り終えた後の汗だくのヘルメットの中は、まさにサウナ状態。
脂ギッシュで蒸れ蒸れの状態は、頭皮にかなりのダメージを与えていると言っても過言ではありません。

INZEAL-Shampoo03

ヘルメットの中はサウナ状態

シャワーや普通のシャンプーなんかでバー!っと洗うのもいいですが、過酷な環境で抗っている頭皮には少しでも良いものでケアしてあげたいものです。

INZEAL-Shampoo04

ヘルメット

抜け毛の原因は皮脂過多、そして洗いすぎ!?

髪の成長を阻害する原因としては食生活・ストレス・睡眠不足などが一般的に挙げられますが、実はそれだけではありません。「皮脂の過剰分泌」「髪の洗いすぎ」両方とも抜け毛の原因となりうること、ご存知でしょうか? サイクリングして汗をたっぷりかいたあとの髪のケアが、抜け毛・薄毛につながっている可能性もあります。

皮脂の過剰分泌が毛穴のつまりを招くことも

髪にトラブルを抱えている方の特徴として挙げられるものの1つが頭皮のベタつき。つまり、皮脂の分泌量が通常よりも多い状態です。ある程度の皮脂は、頭皮の健康を保つためには必要ですが、過剰な皮脂分泌は毛穴をつまらせ、髪の成長を阻害してしまいます。また、毛穴につまった皮脂は、やがて参加し悪質な過酸化物質へと変化します。そして、毛穴の内部で炎症を起こし、ヘアサイクルの乱れを招いてしまうのです。
 ではどのように効果的に皮脂を取り除けばいいのか。シャンプーで念入りに洗髪することで解決するかというと、そうではありません、男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多いだけ、一般的な男性用のシャンプーには強い洗浄成分が含まれています。そういった洗浄力の強すぎるシャンプーでの洗髪はむしろ逆効果。皮脂を落としすぎることで、頭皮を乾燥から守ろうと、皮脂を必要以上に分泌してしまうからです。
一方で、皮脂を落としきれない洗浄不足も、毛穴のつまりの原因となります。適度な洗浄力のシャンプーを使用し、正しい洗い方を心がけましょう。それが、健康な頭皮への第一歩です。

INZEAL-Shampoo05

余分な皮脂が毛穴をつまらせる

乾燥によるダメージが頭皮の炎症、抜け毛に

本来、髪の毛にはおよそ14%の水分が含まれています。しかし、髪の毛が乾燥することで水分量が低下します。そして、髪の表面を覆うキューティクルがはがれ、内部に含まれるタンパク質が流れ出してしまうのです。タンパク質は髪を構成する重要な成分で、それが流出することによりハリとコシが失われ、分け目が広く、目立つようになってしまうのです。
また髪の乾燥よりも深刻なのが、頭皮の乾燥です。頭皮が乾燥することで、外敵からのダメージを防ぐバリア機能が失われ、炎症を起こしやすくなります。その結果、髪を作り出す毛根が損傷し、抜け毛につながってしまうのです。特に頭皮は、髪の毛で隠れているため、乾燥しているかどうかがわかりにくく、そのため、たいていの場合には気づかずに放置されがちになってしまいます。髪と頭皮の乾燥は、冬場などの空気の乾燥によるものだけではありません。髪の洗いすぎやドライヤーの熱、紫外線、そしてエアコンの風なども乾燥の原因となるのです。

INZEAL-Shampoo06

潤いがある状態と乾燥している状態の比較

抜け毛を防ぐには、どんなシャンプーがいいのか

頭皮の皮脂は取り除きたい、でも髪を洗うこと自体が抜け毛につながる場合もある、という事実に「じゃ、どうすればいいの」と疑問に思われた方も多いでしょう。頭皮を清潔に保ち、かつ髪の栄養を流出させない、そんなシャンプーを使うことが鍵となります。

ひとつは、石油由来の界面活性剤が入ってないシャンプーを選ぶことがひとつのポイントです。界面活性剤入りのシャンプーは、その強すぎる洗浄力によって髪を構成する大事なタンパク質が流れ出てしまい、また強い洗浄力ゆえに皮脂も落としすぎてしまうことがあります。

また、多くのシャンプーに含まれているシリコーン。実は髪の指通りを滑らかにするためのその場しのぎの対処法です。髪に浸透して保湿したり、ダメージを補修する効果は望めません。ノンシリコンのシャンプーを選ぶということが、第二のポイントとなります。

INZEAL-Shampoo07

ノンシリコンのシャンプーを選ぶ理由

頭皮ケアとダメージ補修ができる、この1本

INZEAL-Shampoo08

INZEAL

さまざまな要因で起こる抜け毛・薄毛に抗いたい男性たちへ。INZEAL(インジール)は石油由来の界面活性剤が入っていないノンシリコンの男性用のシャンプーです。適度に汚れを落とし、洗浄成分自体がトリートメント効果を持つことが、シャンプーには大事です。インジールは汚れを落とし髪をいたわるだけでなく、注目のダメージ補修成分「ゼイン液」を配合。石油系界面活性剤不使用のアミノ酸系シャンプーなので洗髪後ギシギシする心配はありません。ゼイン液が髪表面になめらかな被膜を形成することで、すべり感が向上。髪内部の栄養の流出を防ぐとともに摩擦によるダメージも軽減し、ハリのある髪へと導きます。

また、ゼイン液だけでなく、髪にうれしい天然素材を贅沢に配合。ベルガモットやアロエベラ葉エキスなど6つの天然成分が髪・頭皮のダメージを補修して健やかな髪へと導きます。

INZEAL-Shampoo09

INZEALはダメージ補修成分「ゼイン液」を配合

今日から始める、+αの育毛ケア

サイクリングでストレスを解消し、訪れた場所で旬の地のものに舌鼓を打つ。それは心も体も健康になるいい習慣ですが、紫外線や汗で髪や頭皮にかかってしまう負担を考え、髪をいたわるケアを意識してみてもいいかもしれません。シャンプー1本で始められる育毛ケア「インジール」から、始めてみませんか。

LINK:INZEAL(インジール)
▼PC
http://inzeal.jp/shampoo/index.html
▼SP
http://inzeal.jp/sp/shampoo/index.html
INZEAL-Shampoo10

INZEAL

提供:株式会社オプティル
[PR]企画・制作 株式会社自転車創業 info@bike-startup.co.jp


Follow FRAME