10月に発表されて話題になったダイレクトドライブ式スマートトレーナー「Xplova NOZA」。注目を集めた理由は税込9万5040円という価格にあります。ダイレクトドライブ式スマートトレーナーは10万円を超えるものがほとんどという中でのこの価格。率直に言って安いですよね。気になっていた方も多いのでは?

Amazonでも注文が可能


あまり話題になっていませんが、このXplova NOZA、何気にAmazonで買えます。海外通販ではなく、いつも通り1クリックで注文可能ってワケです。また、楽天Yahoo!でも購入可。価格面でも購入面でも徹底して「買う敷居」が下げられています。後述するようにサイフのヒモを緩める機能的価値もちゃんとあり、買いたい気持ちにさせられる製品です。

出展:Amazon



集合住宅でも使える静かなスマートトレーナー



Xplova NOZAは、ダイレクトドライブ式のスマートトレーナーです。

タイヤドライブ式スマートトレーナーや3本ローラーなど、さまざまなタイプの自転車用トレーナーがありますが、ダイレクトドライブ式スマートトレーナーはもっとも静音性に優れています。集合住宅でも使えるほどで、これが人気の理由になっています。

Xplova NOZAで価格破壊が発生


出典:Xplova

出典:Xplova


雨の日でも静かにパワートレーニングやZwiftなどを行えるダイレクトドライブ式スマートトレーナーは、登場するやいなやサイクリストの憧れのアイテムになりました。しかし、総じて高価なのがネック。海外通販のセールを狙っても10万円はするという状態が続いていました。

そんな中で登場したXplova NOZAの価格は前述の通り約9万5000円。国内正規代理店で購入できるダイレクトドライブ式スマートトレーナーとしては最安というからパンチがあります。スマートトレーナーが気になっていた人は「買わなきゃ」となってしまうはず。

性能面も問題なし


しかし、うまい話や甘い言葉には裏があるもの、思い出してみてください。

 「ゆるポタだから!」
 「あと少しだから!」

全部ウソだったじゃないですか。サイクリストは疑り深くあるべきです。※個人的な経験に基づく意見です。

そんなわけで、Xplova NOZAのカタログスペックを他社の同ランクの製品と比較してみたのがこちら。比較対象は定評のあるTacxWahooの製品です。

Xplova NOZAの性能比較表
…うーん? 別に劣ってるところがないというか、最大出力と最大シミュレーション傾斜についてはXplova NOZAが勝ってますね。

前者はトレーナーで認識できる最大パワー(W)。2500Wあれば、ホビーサイクリストには十分。Velonが発表した「2018年のベストスプリント」という記事によると、ドイツのトップスプリンター アンドレ・グライペルがツアー・ダウンアンダーでマークしたピーク出力は1903Wだったとのこと。練習環境と単純に比較はできませんが、2500Wなんてそうそう出せないでしょう。

後者はかけられる負荷の最大値を示しています。傾斜18%相当の負荷をかけられるということですね。相当急な峠でないと登場しないような数値なので、ヒルクライム目的でのトレーニングでも十分使っていけそうです。

ほかはTacxが少々重いくらい。とはいえ、どうせ家に置くものなので決定的な差はないように見えます。Xplova NOZAは、後発メーカー製らしくスペックはやや上回るものとし、価格で大きなアドバンテージをつけてきたという感じですね。

肝心の静音性も大差なさそう


静音性については、自転車関連の展示イベント「サイクルモード」に比較した3製品すべてが展示されていたので、そこで全部確認してきました。イベント会場なので細かな差までは確認できていませんが、こちらも大きな差はないと感じました。一応、確認できるよう撮影した動画を載せておきますね。


それぞれ試乗させてもらいましたが、使い勝手も大差なしです。もちろん、どのスマートトレーナーもバーチャルライドアプリ「Zwift」に対応。スマートトレーナー自体が現状では頭打ち気味なのかもしれません。Xplovaはそこをうまくついてきたということでしょう。

なおTacxとWahooには今回比較した製品よりもハイスペックなスマートトレーナーがラインナップされています。各種レースでの上位入賞を目指すような方はそちらも確認したほうがいいでしょう。またWahooに関してはKickr Climbという勾配に合わせて車体を持ち上げる(坂を擬似的に再現する)オプションがあり、「踏み倒して坂を登ることこそ我が喜び」という真のクライマーにとっては未だオンリーワンです。

高性能ながら安く買えるスマートトレーナー


出典:Xplova

出典:Xplova


ふつうに考えると、だいぶ買いな感じですね。性能は据え置き(というか勝ってる部分さえある)で値段だけ落とされたような形ですから。
スマートトレーナーメーカーとしては後発のXplova、華麗な後出しジャンケンを決めてきました。購入はAmazon楽天Yahoo!から。欲望に屈して幸せになりましょう。

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!