ロードバイクのタイヤってどんなことを考えて選んでいますか?タイヤにも様々な価格帯があり、どんな違いがあるのでしょうか。スペックはなにを見るといいのか?今回の動画ではそんな疑問にお答えします。けんたさんが専門家へ徹底的に聞いてきました。

動画内では話題のGRAND PRIX 5000、PIRELLI ピレリ P ZERO VELO、Vittoria CORSAの同等グレードのタイヤで、どんなところが違うのかイシザワさんに教えていただきました。舞台は引き続き『ワイズロード新宿 カスタム館』。タイヤ交換を考えている人は是非参考にしてみてください。

高いタイヤって効果あるの?違いってなに?


けんたさん


「いしざわさん、高いタイヤって実際どうなんですか?また、コンチネンタルから出た話題のGRAND PRIX 5000って、皆さん良いって言いますけど本当なんですか?」

Y’sRoad新宿カスタム店 いしざわさん


「けんたさん、高いタイヤの違いをお教えしましょう!また、話題のGRAND PRIX 5000は前回モデルよりもさらにパワーアップしているのご存知ですか?」

続きはこちらから!!
おすすめなタイヤはコレ!!メーカー別に徹底比較。話題のコンチネンタル GRAND PRIX 5000を使って解説してみた!

今回紹介した自転車用品はこちら


Continental Grand Prix 5000|前回モデルより大幅にグレードアップ


CONTINENTAL(コンチネンタル)GP5000 CL 700 X 25 (622)
「Continental Grand Prix 5000(コンチネンタル・グランプリ5000、以下GP5000)」は、長く定番とされてきた「Continental Grand Prix 4000 Season II(コンチネンタル・グランプリ4000・シーズンII、以下GP4000)」を改良・発展させた新しいタイヤです。
CONTINENTAL(コンチネンタル)GP5000 CL 700 X 25 (622)
GP5000で採用された「Active Comfort(アクティブ・コンフォート)」という新型の振動吸収層がもたらしたもののようです。パッケージにある図ではトレッド面と耐パンク層のさらに下にあるレイヤー(層)としてこのActive Comfortが描かれています。

PIRELLI(ピレリ)P ZERO VELO|特許を取得した革新的なシリカ・コンパウンド採用


PIRELLI(ピレリ) P ZERO VELO ブラック 700X25C
最高峰のレース経験で積み重ねられた専門知識。P ZERO VELOはロードバイク用クリンチャータイヤのパフォーマンスに新しい基準を与えます。PIRELLIの開発したSMARTNET SILICAはドライ・ウェットコンディションの両方で優れたグリップ性を発揮し、比類ない耐パンク性能と航続距離を実現します。

VITTORIA(ビットリア)CORSA |プロフェッショナルライダ―達が選ぶタイヤ


VITTORIA(ビットリア)CORSA G2.0 コンペティションチューブFV48mm付ペア フルブラック 700X25C
ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャ、クラシックス、ワールドチャンピオンシップ、ヨーロピアンチャンピオンシップ、そしてオリンピックゲームで勝利しました。プレミアムなコットンケーシングが路面に順応し、よりスムーズなライドと軽い転がり、より良いグリップ力を発揮します。機能的なグラフェン2.0コンパウンドによる速いスピード。4つのコンパウンドを使用したトレッド(4C)により耐摩耗性能、転がり抵抗、サイドのグリップ力を改良しています!

FRAMEでもタイヤの記事を見る!




人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!