これ1台で何でもできる!? ロードバイクにもグラベルロードにもなるChapter2 AO(アオ)

今、話題のロードバイクブランドChapter2(チャプター2)。2017年の日本上陸以来、高いデザイン性と日本人に合うサイズ感で、注目を集めています。

今回は動画クリエイターの今田イマオさんが、マイキーことマイケル・ライスさん(CHAPTER2ジャパン代表)とグレンさんに、Chapter2のNEWバイク「AO」について紹介してもらいました。

Chapter2 AOとは

AOはChapter2の最新モデル。ロード使いもできて、マウンテン使いもできる今話題のグラベルバイクです。

AOとはマオリ語で「地面、土、地球」を意味する言葉。AO(アオ)とはマオリ人の大地を表しています。

Chapter2 AOの特徴

Chapter2 AOはひと言でいうと「なんでもできるバイク」。幅広いシーンで活用できる工夫が凝らされています。

積載性抜群!

ボルトでお弁当箱も取り付け可能

AOにはダボ穴がたくさんついており、ボトルケージが最大で5つまでつけられます。トップチューブのダボ穴には、ボルトでお弁当箱も取り付け可能です。

ラックやフェンダーもつけられるので、バイクキャンプや旅バイクとしても使えます。

タイヤ幅が選べる

太いタイヤが選べるので女性も安心
太いタイヤが選べるので女性も安心

AOはロードタイヤの700Cからマウンテンバイク用の650B、50Cまでの太いタイヤまで、幅広いタイヤに対応しています。女性や初心者の中には、細いタイヤは怖いという方もいらっしゃるでしょう。AOなら太いタイヤを選べるので、これからロードバイクを始めたいという方や女性も安心です。

登りの加速が得意!

グラベルと言えば、もっさりしているというイメージをお持ちの方もいるのでは?AOはグラベルながら、ゼロから30キロまではロードバイクと変わりません。荒れた道や草っ原でもよく進みます。ロードホイールセットをつけると、ロードバイク乗りも可能です。

高いデザイン性

ダウンチューブの裏にはニュージーランドの地形が描かれている
ダウンチューブの裏にはニュージーランドの地形が描かれている

カラーはMATT & GLOSS BLACKとアーミーグリーンにオレンジのアクセントが効いた限定GREEN & ORANGEの2種類。好みに合わせて選べます。

 

川とニュージーランドの景色、牛、羊、キーウィ(鳥)などが描かれている
川とニュージーランドの景色、牛、羊、キーウィ(鳥)などが描かれている

ダウンチューブの裏にはニュージーランドの地形「road-less travelled」(普段人の通らない道)が描かれており、全体を流れる川をたどっていくと牛や羊、キーウィ(鳥)などが見つかります。

グラベルバイクにふさわしい、冒険を感じさせるグラフィックもAOの魅力です。

軽量バイク

女性でも軽々と持ち上げられる軽量バイク
女性でも軽々と持ち上げられる軽量バイク

重厚感がある見た目で重そうに見えますが、100%東レのT700、T800を採用したフルカーボンのため、総重量は7.5kgほど。非力な女性でも軽々と持ち上げられます。

Chapter2は基本フレームセットでしか販売していないので、パーツなどは自分の好みと体に合ったものを選びましょう。

Chapter2がフレームセットでの販売にこだわる理由


チェーンステーの長さを変更できる

チェーンステーの長さを変更できる

AO最大の魅力は、ロード用タイヤをつけるときは短く、太いタイヤを付けるんだったら長くというように、チェーンステーの長さをタイヤサイズによって変えられるということ。

また、チェーンステーを短くすると加速が良くなり、小回りがききます。登りの多いコースにいくなら、短くするのがおすすめです。逆に長くすると安定するので、日本したい時などロングライドに適しています。

チェーンステーを短くすると加速が良くなり、小回りがきく
チェーンステーを短くすると加速が良くなり、小回りがきく


「すごいなー、ホントになんでもできちゃう」とイマオさん。Chapter2最新モデルAOに興味のある方はぜひ、動画をチェックしてみてください!


LINK:CHAPTER2

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事