キャノンデールから新型ロードバイク「SuperSix EVO CX / SE 」発売

キャノンデールから新型ロードバイク「SuperSix EVO CX/SE」発売

キャノンデール・ジャパン株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役:樫村 浩史、以下 キャノンデール)は、ダートをより速く駆け抜けるために進化を遂げた新型ロードバイク「SuperSix EVO CX(スーパーシック スエボシーエックス)」と「SuperSix EVO SE(スーパーシックスエボエスイー)」を発売する。この新型ロードバイクは世界中のロードレースシーンで勝利を収めるSuperSix EVOのパフォーマンスと、伝説のシクロクロスバイク SuperXがもつ優れたジオメトリーを組み合わせ、そこへタイヤのクリアランスとフレーム、フォークの頑丈さを加えたダート決戦用マシンだ。

キャノンデールの名バイク「SuperSix EVO」が、オフロードへ進出

SuperSix EVO CX/SE

キャノンデールのレースバイク「SuperSix EVO」の名を冠した、新型ロードバイクが新たに発売される。新型ロードバイクの名は「SuperSix EVO CX」と「SuperSix EVO SE」だ。SuperSix EVO CX/SEは、2台ともオフロードレースで勝つためのバイクだ。ロードレースで大活躍してきたSuperSix EVOと、伝説のシクロクロスバイク SuperXのノウハウを取り入れ、レーシーなオフロードバイクに仕上がっている。「SuperSix EVO CX」がシクロクロス用、「SuperSix EVO SE」がグラベル用だ。フレームやジオメトリーは共通だが、コンポーネントやタイヤサイズが異なる。

時代はエアロ

SystemSixやSuperSix EVOの開発で培ったエアロチューブプロファイル

オフロードバイクでは後回しにされがちな「エアロダイナミクス」。今回の新しいフレームは SystemSixやSuperSix EVOの開発で培ったエアロチューブプロファイルとフレームレイアウトを応用し、シクロクロスとハードなグラベルレースで必要な剛性と耐久性を高めて微調整を加えた。ロードレースホイールを装着すると、ほとんどのロードレースバイクを凌ぐ性能を発揮するため、このバイクは最も用途の広いレースバイクと言えるだろう。SuperSix EVO CX/SEは、オンロードもオフロードも最高の機材で走りたいという、わがままを叶えてくれる。

さよなら、泥詰まり

45㎜幅のタイヤを楽々履けるタイヤクリアランス

45㎜幅のタイヤを楽々履けるタイヤクリアランス。シクロクロスUCI規定の33mm幅のレースタイヤを装着しても、左右に13mm以上の余裕があり、泥詰まりや余計なピットストップの必要がない。ライドシーンに合わせてさまざまなサイズのタイヤを選択することができ、一切の妥協をすることなく走りたい場所を、走りたいだけ楽しむことができる。 

オフロードに最適なジオメトリー 

オフロードに最適なジオメトリー

このバイクのジオメトリーは、より高い安定性とコントロール、強力なグリップ力に加え、正確なハンドリングと敏捷性を備え、オフロードで走るために必要なすべてを揃えている。ヘッドアングル(上画像D)は70°とロードバイクとしては寝た角度のため、安定性は抜群。55mmの非常に長いフォークオフセット(上画像M)は俊敏でイキイキとしたハンドリングが特徴。マウンテンバイクのようなヘッドアングルと長めのフォークオフセットの組み合わせが、優れた直進安定性と敏捷性の高いハンドリングを両立させた。キャノンデールのAi(アシンメトリックインテグレーション)オフセットドライブトレインにより、422mmの短いチェーンステーと 45mm幅のタイヤを悠々と履けるタイヤクリアランスを実現してる。 ロードバイクの一般的なタイヤ幅が25mmであることを考えると、45mm幅のタイヤは極太だ。不安定なオフロードで、効果を存分に発揮するだろう。

SuperSix EVO CX|決戦用シクロクロスバイク

cannondale SuperSix_EVO_CX

CXは新世代のシクロクロスバイクとしてスムーズな乗り心地と大きなタイヤクリアランスを特徴とした シクロクロスレーシングバイク。1xドライブトレイン、33mm幅のシクロクロスタイヤ、ダイレクトなパワー伝達を可能とするゼロオフセットシートポストを搭載。

流行りのフロントシングル。チェーン落ちしにくいのがメリット。
流行りのフロントシングル。チェーン落ちしにくいのがメリット。

33mm幅のシクロクロスタイヤを余裕で履ける。泥詰まりの心配ナシ!
33mm幅のシクロクロスタイヤを余裕で履ける。泥詰まりの心配ナシ!

SuperSix_EVO_CX
シートポストはゼロオフセット。短いチェーンステーで爆発的な加速と驚くほどのグリップ力を実現

SuperSix EVO CX

  • 変速:SRAM Force 1 
  • ギア:フロント 40T, リヤ 11-36, 11-speed 
  • タイヤ:Vittoria Terreno Mix, 700 x 33c, チューブレスレディ対応 
  • カラー:パープルヘイズ 
  • サイズ:46, 51, 54 
  • 価格:440,000円(税込) 

SuperSix EVO SE|決戦用グラベルバイク

SuperSix EVO SE|決戦用グラベルバイク

SEは近年高速化しているクレイジーなグラベルレースのために開発されたグラベルレーシングバイク。2xドライブトレイン、40mm幅のタイヤ、100kmを越えるライドでも快適に過ごせるセットバックシートポストを搭載している。 ホイールをロード用に変えれば、ほとんどのロードレースバイクを凌ぐ性能を発揮するという。

Xとは違い、フロントは2段変速。ロードレースのような高速走行にも対応する
CXとは違い、フロントは2段変速。ロードレースのような高速走行にも対応する。

12速のSRAM Rival eTap AXS。みんな憧れの電動コンポ!
12速のSRAM Rival eTap AXS。みんな憧れの電動コンポ!

空力性能に優れたエアロチューブ。長距離レースでは数分節約することもできる。
空力性能に優れたエアロチューブ。長距離レースでは数分節約することもできる。

SuperSix EVO SE 

  • 変速:SRAM Rival eTap AXS 
  • ギア:フロント 46/33, リヤ 10-36, 12-speed 
  • タイヤ:Vittoria Terreno Dry, 700 x 40c, チューブレスレディ対応 
  • カラー:クールミント 
  • サイズ:46, 51, 54 
  • 価格:528,000円(税込) 

▶SuperSix EVO CX / SE ウェブサイトはこちら

キャノンデールについて:
1971年にアメリカのコネチカット州で創業したスポーツバイクブランド。1983年、クロモリフレーム全盛の時代に先進 的な大径アルミチューブのツーリングバイクが、大ヒット。その後もアルミの製造技術で業界をリードするとともに、リ アサスペンション、ヘッドショック、レフティ、BB30などの斬新な機構を生み出して市場を拡大。多くの自転車競技をサポートし、今やレースの現場になくてはならない存在となっている。現在のハイエンドバイクはカーボン製だが、今なおアルミ製フレームの開発の手を止めないメジャーブランド。2021年、ブランド創業50周年を迎える最も歴史の長いアメ リカン・スポーツバイクブランド。

LINK:キャノンデール・ジャパン株式会社

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む