キャノンデール シマノ新型Di2搭載ハイエンドモデルを発売

キャノンデール・ジャパン株式会社(本社:大阪府吹田市、ジェネラルマネージャー:樫村浩史、以下キャノンデール)は、待望のフルモデルチェンジを遂げたシマノのロードコンポーネント「デュラエース」と「アルテグラ」を搭載した4モデルを発売する。

SuperSix EVO と SystemSix の新型Di2搭載モデル

新しいグラフィックとカラーを纏ったエアロバイク「システムシックス」と軽量オールラウンドバイク「スーパーシックスEVO」にセミワイヤレス方式を採用したDi2電動シフトを搭載。

握りやすい形状に見直されたレバー部は電動ケーブルを廃してコックピット周辺をクリーンに保ち、より細かな12速コンポーネントがライダーに快適なライドを提供する。

品名カラーサイズ価格(税込)
SuperSix EVO Hi-MOD Disc Dura-Ace Di2GMG44,48, 51, 54, 56¥1,265,000
SuperSix EVO Hi-MOD Disc Ultegra Di2DTE44, 48, 51, 54, 56¥880,000
SuperSix EVO Carbon Disc Ultegra Di2MRC44, 48, 51, 54, 56¥737,000
SystemSix Hi-MOD Dura-Ace Di2MRC44, 51, 54¥1,265,000

SuperSix EVO Hi-MOD Disc Dura-Ace Di2

SuperSix EVO Hi-MOD Disc Dura-Ace Di2

深い輝きが特徴のガンメタルグリーンを纏った新型デュラエース搭載マシン。キャノンデールのエアロパーツKNØTをステム、シートポスト、ホイールに採用。レーシングバイクでありながら、高い快適性を実現。ギアは前52/36T、後11-30T。キャノンデールレーシングバイクのフラッグシップモデル。

  • ¥1,265,000 (税込)
specs

SuperSix EVO Hi-MOD Disc Ultegra Di2

SuperSix EVO Hi-MOD Disc Ultegra Di2

セミワイヤレス方式を採用した新型アルテグラ搭載したハイモッドフレームモデル。レーシングバイクでありながら、高い快適性能を誇り、幅広いライダーのニーズに応えるモデル。快適性をさらに高めるセーブカーボンシステムバー装備。ギアは前52/36T、後11-30T。カラーは太陽光の下で輝きを放つディープティール。

  • ¥880,000 (税込)
specs2

SuperSix EVO Carbon Disc Ultegra Di2

SuperSix EVO Carbon Disc Ultegra Di2

セミワイヤレス方式を採用した新型アルテグラ搭載したモデル。爆発的なスピードを支えるレーシーなジオメトリーと剛性。マイクロサスペンション効果と太いタイヤ(最大30㎜)も装着できるクリアランスにより、魔法の絨毯のような乗り心地をもたらす。

  • ¥737,000 (税込)
specs3

SystemSix Hi-MOD Dura-Ace Di2

SystemSix Hi-MOD Dura-Ace Di2

新型デュラエース搭載のエアロバイク「システムシックス」ハイモッド仕様。エアロパーツKNØTのホイール(64mm)、ハンドル、ステム、シートポスト採用。「誰よりも速く駆け抜けたい」そう願うすべてのライダーに向けたレーシングバイク。

  • ¥1,265,000 (税込)
specs4

キャノンデールについて

1971年にアメリカのコネチカット州で創業したスポーツバイクブランド。アルミの製造技術で業界をリードするとともに、リアサスペンション、ヘッドショック、レフティ、BB30などの斬新な機構を生み出して市場を拡大。多くの自転車競技をサポートし、今やレースの現場になくてはならない存在となっている。

ブランド創業50周年を迎えた最も歴史の長いアメリカン・スポーツバイクブランド。

LINK:キャノンデール・ジャパン株式会社

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop