2015年版!フレーム素材・価格別おすすめロードバイク18選

ロードバイクを選ぶ時に知っておきたい「フレーム素材」と「コンポ」

ロードバイクを購入する時に知っておきたいのが、「フレーム素材」と「コンポ」。フレーム素材は自転車のフレームに使われる素材で、主に以下のような種類があります。

・比較的安価で、パワーロスの少ない「アルミ
・しなやかな乗り心地で疲れづらい「クロモリ
・軽さがウリで高価な価格の「カーボン

同じロードバイクでも、長距離をゆったり走るロングライド用なのか、それともレースに出場するためのものなのかで、適したフレーム素材が異なります。またコンポと呼ばれる「コンポーネント」は、ギアやシフター、ブレーキなど自転車のパーツの総称で、日本のロードバイクに使われているものは「SHIMANO」製と「カンパニョーロ」製があります。SHIMANO社製のロードバイク用コンポは、スペックの高い順に下記のようなランク分けがされています。

・高級モデル
 DURA-ACE
 ULTEGRA

・中級モデル
 105

・普及モデル
 TIAGRA
 SORA

それでは、2015年モデルの中で、おすすめの自転車をフレーム素材別にご紹介していきます。価格は高いもので100万円以上のものがあるロードバイクですが、今回ご紹介するものは購入しやすい10万円-20万円台がメインで、一番高いものでも28万円です。

アルミのロードバイク5台

他の素材に比べて比較的安価なアルミフレームは、素材が固いため、ペダリングのパワーロスが少ないフレームと言われています。今回はホビーライドからレースにも対応できるロードバイクをご紹介します。

11万円で8kg台、驚きのコスパ-ARAYA(アラヤ) EXR EXCELLA Race

アラヤ
“ARAYA”(アラヤ) EXR EXCELLA Race 110,000円(税抜)
カラー:[ホワイト・ブルー]/コンポ:SHIMANO TIAGRA

特筆すべきはその軽さ。アルミフレームながら、完成車で8,7kgという重量を実現しています。コンポにはSHIMANO TIAGRAを搭載、シフターにSHIMANO 105を使用し、使いやすい1台です。重量が9kg台を切るモデルは、他メーカーでも15万円前後のものが多いため、この性能と値段はとても魅力的です。

女性にも選びやすいサイズ展開-FELT(フェルト) F85

FELT
“FELT”(フェルト) F85 124,000円(税抜)
カラー:[サテンブラック・グロスアーミー]/コンポ:SHIMANO TIAGRA

路面からの衝撃を吸収し、軽量化を図れるカーボン製フォーク(ハンドル下部に伸びる、前輪とフレームを繋ぐパーツ)を標準装備したエントリーモデル。完成車の重量は9.2kgとエントリーモデルとしてはまずまずの重量。フレームサイズも480mmから用意しているため、女性にも選びやすい1台です。

カスタムが楽しい、スタンダードなエントリーモデル-ANCHOR(アンカー) RA6 EX

アンカー2
“ANCHOR”(アンカー) RA6 EX 125,000円(税抜)
カラー:[レーシングレッド・レーシングブルー]/コンポ:SHIMANO SORA

BRIDGESTONEのレース向けブランド”ANCHOR”のアルミロードのエントリーモデルです。こちらの自転車もフォークにカーボン製のものを使用しており、衝撃を吸収しやすい形状のシートステーを備えています。
必要に応じて、コンポやパーツを入れ替えて性能アップしていくのが楽しそうな1台です。

空気抵抗を無くす、技ありなフレーム形状-TREK(トレック) MADONE 2.1

トレック
“TREK”(トレック) MADONE 2.1 169,000円(税抜)
カラー:[ホワイト・ブラック]/コンポ:SHIMANO 105

カーボン製のフロントフォークに加え、11速変速のSHIMANO 105を装備した1台。ケーブルをフレームに内蔵し、スッキリとした見た目のフレームは、泥よけやスピードメーターを取り付けるネジ穴を備え、空力による推進効果を狙った独特の形状をしています。

アルミフレームで高い評価を得るメーカーのロードバイク-CANNONDALE”(キャノンデール) CAAD 10

c15_cm2023_09_rep_4_5.1409277426
“CANNONDALE”(キャノンデール) CAAD 10(105モデル) 200,000円(税抜)
カラー:[グリーン・ブラック]/コンポ:SHIMANO 105

アルミバイクと言えば、アメリカメーカーのCANNONDALE。長らくアメリカの工場でハンドメイドで製造されており、アルミフレームの製造では高い技術力を持ちます。CAAD 10は、CANNONDALEの中でも評価の高いモデルで、アルミフレームでは世界最高峰の性能を持つと言われている1台です。

次に、クロモリのロードバイクを4台紹介します。

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by スズキ ガク

1986年生まれのライター・編集ディレクター・元自転車屋の店員/ 大学を卒業後、自転車日本一周と、ユーラシア大陸輪行旅行を行う。 編集ディレクターとしての担当媒体は「未来住まい方会議 by YADOKARI