自転車ユーザーのための夏の暑さ対策をまとめてみた

関東地方も梅雨が明け、これから夏本番です。夏の間は自転車に乗るのをやめようかと考えている人も多いかもしれません。そんな私はこれからロードバイクを購入予定で、夏もがっつりロードバイクで通勤する予定です。

そんな私が熱中症等で死なないために、夏の暑さ対策について調べてみたのでまとめてみます。自転車初心者による、初心者のための夏の暑さ対策編という感じです。

極力暑さを避ける

(写真©Ian Stannard

暑い夏とはいえ、時間帯によってもちろん気温は異なります。気温が上昇する前に自転車で移動できるのであればそれが良さそうです。昼過ぎは気温もピークになり日差しも強く、かなりしんどいと思います。

自転車通勤を検討している方であれば、早朝に家を出て早めにオフィスに向かうのは一案かもしれません。

また、もし可能であれば日陰を走りたいところです。ルートによっては日陰が全くない・・・という場合もあるかもしれません。その場合は他のルートを探してみるか諦めましょう。

とにかく冷やす&水分補給

(写真©istolethetv

夏の暑い日は冷たいペットボトル飲料で首筋を冷やしたりすることはありますよね。熱中症にならないためにも体を冷やすと良さそうです。冷却スカーフなる商品もあり、こういったものを活用したいところです。

また、当然といえば当然かもしれませんが、こまめな水分補給が必要です。塩分補給も合わせて行いたいポイントです。そうなると保冷ボトルも必要ですね。

ペットボトルだとあっという間にぬるくなってしまい、直射日光に当たっているとお湯みたいになりかねません。買った方が良さそうなものは最後の方にまとめておきます。

無理しない

(写真©Patrick Quinn-Graham

体を壊さないためにも、無理は禁物。努力が美徳、などと悠長なことは言っていられません。夏は外を少し歩いただけでもひどく疲れることがあります。

そんな暑い中を自転車でいきなり長時間走ったらかなり体力を消耗することでしょう。まずは無理せず短い距離を走ってみたりすると良いのかもしれません。

もしくは、途中日陰を見つけたらこまめに休憩を挟むなどしてみるのもよいでしょう。まずは無理しないというのが夏の自転車を継続するためのポイントかもしれませんね!

夏のサイクリングを助けてくれるオススメアイテム

4

(写真©@sage_solar

買ったほうが良いものは色々ありますが、とりあえず気になったものをいくつか紹介します。紹介する商品は一例で、色々比較検討して購入すると良いと思います。

冷却スカーフ

前述しましたが、夏の暑さ対策に効果的だと期待しています。



ビズクール 濡れない、巻かない 冷却スカーフ をAmazonで見る

保冷ボトル

保冷ボトルがないと冷たいドリンクがぬるくなってしまいます。



POLAR(ポーラー) 保冷ボトル をAmazonで見る

サーモスの自転車用ボトルは魔法ビン構造なので、サイクリング中に絶対にお湯になったドリンクを飲みたく無いという方にはマストなアイテムでしょう。

サーモス真空断熱ストローボトル をAmazonで見る

サングラス

直射日光対策のため、今までサングラスを使っていなかった人も使った方がいいです。私も近いうちに購入する予定です。



VAXPOT(バックスポット) サングラス をAmazonで見る

オークリーとプロロード選手が共同開発したジョウブレイカーは、路面がよりクリアに見える上、前屈時にアイウェアの視野が十分に保たれているので非常に快適です。

オークリー ジョウブレイカーを Amazonで見る

通気性の良いヘルメット



オージーケーカブトのゼナードは軽量で安全基準を満たしながらも、同ブランドの中で最も優れたベンチレーション機能でヘルメットに溜まった熱気を解き放ってくれます。
炎天下の中、頭の暑さは死活問題です。
オージーケーカブト ゼナードをAmazonで見る

瞬間冷却材



汗をかいても体温が下がらない、脱水症状で体がオーバーヒートしてしまった緊急時に叩けばすぐにキンキンに冷える瞬間冷却材は命綱になるかもしれません。
いざという時は、首や脇など太い血管を¥が流れている箇所を冷やしましょう。

叩けば冷える 瞬間冷却剤 5枚 をAmazonで見る

経口補水液


軽度〜中度の脱水状態になった場合は、一般的なスポーツドリンクよりも経口補水液の方がオススメ。
経口補水液方が電解質が多く補給され、さらにスポーツドリンクよりも早く体には吸収されます。

経口補水液 OS-1 をAmazonで見る

日焼け止め

「俺は日焼けなんか気にしないぜ!」という方でも、日焼け止めは必須です。
日焼けは体へのダメージですので、疲労度に大きな差が出ます。
サイクリング中は汗が絶え間なく流れているのでウォータープルーフがオススメです。


NULL メンズ ウォータープルーフ 日焼け止め SPF50+ PA++++ (顔&からだ用) ロングUVA対応 40g をAmazonで見る

アームカバー

日焼け対策にもなり、湿らせておけば体を冷やす効果もあり、いい感じです。



(パールイズミ)PEARL IZUMI コールドブラック アームカバー をAmazonで見る

制汗剤

汗のアフターフォローも紳士淑女たるサイクリストの嗜み。
自分では分からなくても、実は匂っていたなんて事もちらほら…
室内に入る前に一回プシューでエチケット



エージーデオ24 パウダースプレー 無香料 180g をAmazonで見る

終わりに

夏の暑さ対策について色々と書きましたが、筆者が本当に夏の自転車を満喫できるか来月頃に体験談を書きたいと思います。夏バテして自転車に乗っていない、という事態が発生したら当ブログで謝罪しますので乞うご期待!

(追記)
ロードバイク買いました!→自転車初心者がロードバイクを購入するまでの流れをまとめてみた

UG

WRITTEN BYUG

沖縄県出身。横浜国立大学中退後、BBT大学に1期生として入学し2014年卒業。同年3月より当社にてインターン開始。BBT大学院MBAを史上最年少修了。Venge Pro ViASに乗っています!

他の記事も読む

関連記事