緑に囲まれてサイクリングを楽しむ!東京都内の公園サイクリングコース6選

自転車での通勤・通学も良いですが、休日は緑に囲まれながらサイクリング!なんて素敵ですよね。澄んだ空気の中を自転車で走るのは、散歩とはまた違った爽快感が得られます。

しかし東京都心に住んでいると、なかなか周囲に大自然・・・なんて見当たりません。とはいえ輪行して山までサイクリングというのも、時間や手間などを考えると難しいでしょう。そこで利用したいのが「公園」です。

都内には、大きくてサイクリングに最適な公園がたくさんあります。近場なら、輪行などしなくても自転車でそのまま往復しても、たいした時間はかからないでしょう。今回はそんなサイクリングにお勧めの公園を、地域別にいくつかご紹介します。

交通規制で走りやすい『神宮外苑』

青山通り沿いの「いちょう並木」を通った先、国立競技場や神宮球場、明治記念館などに隣接する道路が、日曜・祝日のみサイクリングコースとして交通規制により開放されています。9:00〜17:00の間がコースの実施時間となっており、年末年始など臨時で休止される場合があります。

コース

神宮外苑内における約1.2kmの周回コースは、交通規制によって車の出入りがありません。幅広い道路コースは開放感に溢れた平坦路となっており、国立競技場や神宮球場など、観光を楽しみながら走ることもできるでしょう。ややコース距離は短いですが、周回なので急な曲がり角などもなく、安心してサイクリングを楽しめます。

アクセス

JR総武線「信濃町」駅、都営地下鉄大江戸線「国立競技場前」駅、東京メトロ銀座線「青山一丁目」駅・「外苑前」駅から徒歩圏内です。

家族連れでも楽しめる『駒沢オリンピック公園』

1377456932_8743ecb769_b

(Photo by Shinji

東京都世田谷区にある駒沢オリンピック公園では、ランニングコースとサイクリングコースが分かれて整備されています。歩行者やランナーと接触の危険も少なく、安心してサイクリングを楽しむことができる環境です。

コース

反時計回りで回るサイクリングコースは全長約2.1km。歩行者用の一般路やランニングコースと並行しており、周囲にはたくさんの木々が植えられています。カーブの多いコースですが、スピードを出し過ぎないようにという安全への配慮。通常のサイクリングコースの他に、幼児用のサイクリングコース「チリリンコース」(全長約320m)や四輪自転車に乗れる「ファミリーコース」(全長約800m)などもあり、家族みんなでサイクリングを楽しめる公園です。

アクセス

東急田園都市線「駒沢大学前」駅より徒歩15分程。公園前までは、東急バスでの移動も可能です。

アウトドアも楽しめる海辺の『若洲海浜公園』

4012531753_45e96527bd_o

Photo by Kazuhiko Maeda

東京都江東区にある若洲海浜公園は、釣りやバーベキューなどのアウトドアが楽しめる海辺の公園です。

コース

公園の外周部に、1周約6kmのサイクリングコースが設置されています。海沿いのコースからは葛西臨海公園や東京ディズニーリゾートなどが眺められ、晴れていれば富士山が見えることもあります。レンタサイクルも豊富なので、子供と一緒にサイクリングを楽しむのにも良いでしょう。

起伏の少ないコースですが、海辺ということもあり、場合によって風が強いこともあるようです。寒い時期のサイクリングでは、少し厚着しておいた方が良いかもしれません。

アクセス

JR京葉線、東京メトロ有楽町線、りんかい線「新木場」駅を利用。駅からは自転車で約10〜15分、もしくはバス(「若洲キャンプ場」下車)が出ています。

豊富な緑と水に囲まれた『水元公園』

写真 2014-09-14 11 01 15

水元公園は東京都葛飾区にあり、東京都23区内では最大規模を誇る水郷公園です。園内には、24時間入ることができます。園内に売店や食事処もあり、休憩がてら食事を楽しむことも可能です。

コース

特に「サイクリングコース」として指定されているわけではありませんが、公園内には幅広い舗装路が整備されており、散歩やランニング、そしてもちろんサイクリングにも多く利用されています。平坦なコースを走りながら、たくさんの樹木や水郷の景観を眺められるコースです。

園内は道が枝分かれしているので、組み合わせによってコースの距離も様々にアレンジ可能。外周と園内のメインコースを繋げば、約4kmの距離を取ることができます。少し足を伸ばせば、江戸川サイクリングロードにも繋がるので、ロングライドを楽しむのにも最適です。

アクセス

電車で移動する場合、JR常磐線(各駅停車)「金町」駅、もしくは京成金町線「金町」駅を利用。駅からは自転車で約10分、もしくはバス(「水元公園」下車)で移動します。

延長14kmのコースを走れる『国営昭和記念公園』

国営昭和記念公園 (Showa Commemorative National Government Park)

Photo by Carles Tomas Marti

広大な敷地が広がる国営昭和記念公園は、東京都立川市にある国営公園です。開演時間は9:30〜17:00(土日祝日は〜18:00)となっています。

コース

園内に設けられたサイクリングコースは、延長14kmにも及ぶ長距離コースとなっています。キレイに整備された平坦コースですが、場所により道幅が狭くなっている部分がありますので、注意が必要です。また、自転車を持ち込む際には「立川持込ゲート」「西立川持込ゲート」「昭島ゲート」「玉川上水ゲート」「砂川ゲート」のいずれかのゲートのみ利用となります。他ゲートから自転車の持ち込みはできませんので、注しましょう。

アクセス

使用ゲートによって最寄り駅および移動時間が異なります。JR中央線「立川」駅、多摩都市モノレール線「立川北」駅、JR青梅線「西立川」駅もしくは「東中神」駅、西武拝島線「武蔵砂川」駅のいずれかを利用。いずれのゲートも、各駅より徒歩圏内です。

終わりに

東京都内には、まだまだサイクリングを楽しめる大きな公園がたくさんあります。また、今回ご紹介した公園はいずれも敷地内もしくは近隣に駐車場を完備。そのため、遠方でも自転車を車に積んで訪れれば、サイクリングができます。

ただし公園には、もちろん歩行者など他にも数多くの人々がいます。小さな子供なども少なくありませんので、あくまで安全運転を心がけるようにしましょう。

三河 賢文

WRITTEN BY三河 賢文

“走る”フリーライターの三河です。数多くのマラソン、トライアスロンレースに挑戦中。その競技経験や知識をもとに、自転車に関する情報をお届けします!

他の記事も読む

関連記事