時間が無くても大丈夫!即日加入できる自転車保険

自転車事故は、いつ起きるか分かりません。そのため、昨今は自転車保険に加入し、“万が一”に備える人が増えてきました。しかし『保険』と聞くと、次のようなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

「担当者から説明を受ける時間を作らなければいけない」

「手続きから保険適応になるまで時間がかかる」

「加入までに書類手続きが多い」

仕事やプライベートで毎日忙しい方にとって、『時間』は保険加入の大きな壁となるでしょう。しかし実際には、思ったほど難しいものではありません。自転車保険に加入するために実際どのくらいの手間が掛かるのか、詳しくご紹介しましょう。

オンラインで即日加入

10466850036_fc31024dde_k

Photo by Norio NAKAYAMA

自転車保険と言っても、「エアーリンク」「ドコモ」「au損害保険」「セブン-イレブン」など様々なサービスがあります。しかしインターネットが普及した現在、その加入手続きはほとんどがオンラインで可能となっています。

「au損害保険」はパソコンの他にスマートフォンから申込み可能なため、外出先などから気軽に加入手続きが行えます。即日加入できるので、例えば急に自転車での長距離移動をする際にも、直前に加入できるといった安心感があります。

また、「ドコモ」もスマートフォンや携帯電話から即日加入が可能ですが、加入対象者はドコモの回線契約が必須なので注意しておきましょう。申込みを行うと、すぐに画面上で加入者証が発行されます。

一方、「セブン-イレブン」も即日加入のできる自転車保険ですが、インターネットネットで出来るのは予約登録のみです。実際の加入は店頭申込が必要となるため、店頭に行く時間が取れない場合には、加入が翌日以降となることもあるでしょう。

尚、「エアーリンク」はパソコンからの加入申し込み時に保険開始日を指定しますが、指定日は最短3日と即日での加入はできません。

こうした特徴から、ドコモユーザーを除き「すぐに自転車保険に入りたい」という方は、au損保が適すると言えるでしょう。

できれば余裕を持った検討を

今回ご紹介した中では、「エアーリンク」以外についていずれも即日で保険に加入できます。手続きも10ステップ程で完了しますので、例えば仕事の昼休みなどに手続きを終えることも可能です。氏名や住所、連絡先など基本情報を入力する必要がありますので、引っ越したばかりの方などは忘れず情報を用意しておいてください。

ただし、料金や補償内容は保険会社によって異なります。そのため、できれば余裕を持って加入先の保険を検討すると良いでしょう。

しかし急を要する際やどうしても時間が取れない方にとって、自転車保険加入に『時間』の壁は少ないといえそうです。少なくとも、生命保険や損害保険などと比べて、すぐに加入できる身近な保険サービスといえるのではないでしょうか。

自転車保険に関する記事はこちらもどうぞ
保険に入らなかったらどんなリスクがあるの?サイクリスト弁護士に聞く自転車保険の必要性

WRITTEN BY三河 賢文

“走る”フリーライターの三河です。数多くのマラソン、トライアスロンレースに挑戦中。その競技経験や知識をもとに、自転車に関する情報をお届けします! http://www.run-writer.com/

他の記事も読む

関連記事