ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツサイクルは、軽量化のため基本的に泥除けはついていません。雨上がりで路面が濡れている日にサイクリングすると、跳ね上がるしぶきで背中一面泥だらけに!ママチャリならこんなに汚れないのに……
汚れて初めて実感する泥除けの効果。ひとつ持っておくと安心な、あとからでも取り付けできる泥除けを厳選してご紹介します。

泥除けは必要? 効果 vs 見た目問題


泥除け フェンダー マッドガード マウンテンバイク

泥除けは、自転車の前後輪を覆って、タイヤから跳ね上がるしぶきが身体にかからないよう保護するためのものです。マッドガードやフェンダーとも呼ばれます。
ママチャリなどには標準装備されていますが、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ車は、基本的に泥除けはついていません。空気抵抗をなくし、車重を軽くするために余分な装備はついていないんですね。
そのスッキリとした見た目もスポーツサイクルの魅力のひとつ。そのため泥除けをつけることに抵抗がある人もいるかもしれません。

しかし雨の日や、雨上がりで路面が濡れているときにサイクリングするとどうなるか。タイヤ(特に後輪)から跳ね上がる水しぶきがお尻から背中にかけて、ひどいときにはヘルメットの方までかかってしまい、盛大に服が汚れます。
サイクリングジャージなら「濡れても汚れてもまぁいいか」となるところが、通勤のスーツだとそうはいきません。特に雨上がりで、雨は降っていないけど路面は濡れているときは油断しがち。平気だろうと乗ってしまって、スーツや制服のひどい汚れに気付いたときのショックはなかなかのもの。

取り外し出来れば大丈夫


雨の日は乗らないのが一番とはいえ、通勤・通学で乗る人もいるでしょう。雨でなくても、梅雨どきで路面が悪い中サイクリングする日もあるでしょう。ライドイベント当日が小雨になってしまうこともあるかもしれません。
そんなときひとつ持っていれば安心なのが、必要なときだけ装着することができるので、見た目が気になる人でも普段は取り外しておけるのは嬉しいですよね。

▲クロスバイクなどのスポーツ車には、取り外しのできる泥除けがあると便利



泥除けは大きく分けて2種類ある


泥除けには大きく分けて2つのタイプがあります。

  1. 前後輪つけるタイプ
  2. 後輪のみつけるタイプ

前後輪つけるタイプ


フロントとリア両方に取り付けることにより、はねあがる泥や水滴からの汚れを防止する効果が高いです。持ち運びは難しいため、雨が予想されるときや、雨上がりの走行時など、事前に取り付けるタイプになります。

BBB(ビービービー) ロードバイクフルフェンダー SLIMGUARD FENDERS (スリムガード フェンダー ) BFD-22 / 365322

▲BBB(ビービービー) ロードバイクフルフェンダー SLIMGUARD FENDERS (スリムガード フェンダー ) BFD-22 / 365322 出典:Amazon



後輪のみつけるタイプ


前後輪つけるタイプほど保護効果は高くないものの、汚れの大部分を占める「後輪からの跳ね」を防ぐことができます。リア側のみの取り付けなので、手軽に取り外しでき、中には折りたたんで持ち運ぶことができるコンパクトなタイプもあります。

路面が濡れている場合、簡易的な泥除けがあるとお尻が冷たくなるのを防げる

▲路面が濡れている場合、簡易的な泥除けでお尻が冷たくなるのを防げる



購入前にチェックすべき3つのポイント


ひとくくりに泥除けと言っても、製品によって取り付け位置や取り付け方法が異なります。
ダボ穴を必要とするものや、ブレーキの固定ボルトに固定するもの、フォークとタイヤのクリアランスが必要となるもの、ディスクブレーキのバイクには取り付けられないものがありますので、事前に自分のバイクに取り付け可能なものかを確認しておきましょう。
サドルに取り付けるタイプの場合は、サドルバックと干渉しないか、サドルレールの形が対応しているかも確認し、しっかり固定できるかチェックしておきましょう。
固定が不十分だと、走行中にずれたり外れたりすることがあります。
また、泥除けの幅はタイヤの幅以上ないと、泥除けで防ぎきれない跳ねがかかりますので、サイズにも注意しましょう。

3つのチェックポイント
・固定方法は自分のバイクに適合してる?(ダボ穴?ブレーキ固定ボルト?必要なクリアランスは?)
・サドル取り付けなら、レールの形状やサドルバックとの干渉にも注意
・タイヤ以上の幅があるか

取り外し可能な泥除けおすすめ9選


取り付けの簡単なものから、しっかり取り付けられるものまで、おすすめの泥除けを厳選してご紹介します。クロスバイク向けの記事ですが、もちろんロードバイクやピストバイク、サイズが合えばミニベロでも取り付けられますよ。

【持ち運びに便利】マジックワン ASS SAVERS-3




サドルレールに引っかける取り付け方式で、使わないときは折り畳んでサドルバックに収納できる簡易タイプです。軽いので突然の雨対策に持っておくこともできます。

税込価格:¥1,296
カラー:ブラック、グレー、レッド、クリア、ブルー、ホワイト、イエロー
サイズ:(約)幅105×奥行1×高さ34mm
重量:(約)19g
マジックワン(MAGIC ONE) ASS SAVERS-3 オリジナル リアフェンダー をAmazonで見る

【軽量タイプ】VELOX イージーフェンダー




サドルレールに取り付けられるタイプで、ほとんどのロードバイクやMTBのサドルに対応しています。16gと軽いので装着していても気になりません。

税込価格:¥1,369
カラー:フランドル、ヴェロックスロゴ、イエロー、オレンジ等全19種類
サイズ:11×35cm
重量:16g

取り付け例

▲取り付け例 出典:Amazon


VELOX(ヴェロックス) イージーフェンダー サドルレール取付式/リア用 ほとんどのサドルに対応 16g 11×35cm 泥よけ/マッドガード をAmazonで見る

【工具無しでカンタン取り付け】ゼファール Swan-R




バンドでシートピラーに取り付けるので、工具なしで取り付け可能です。シートピラー径25~32mmまで対応。

税込価格:¥1,566
カラー:ブラック
サイズ:約60×4.5cm
重量:150g

取り付け例

▲取り付け例 出典:Amazon


Zefal(ゼファール) リアフェンダー スワンロード [Swan-R] 角度調整可能 φ25-35mm 150g 泥よけ をAmazonで見る

【前後でそろえられる】TOPEAK ディフェンダーRC11




シートピラーにベルクロストラップで装着するリア用の泥除けです。2か所のピボットがあるので、高さと角度の調節ができます。取り付け可能径はφ27~36mm。同シリーズでフロント用フェンダーのRC1もあります。

税込価格:¥1,944
カラー:ブラック
サイズ:L601×W58×H90mm
重量:98g
TOPEAK ディフェンダーRC11 リアフェンダー をAmazonで見る

【スリムタイプ】サニーホイル SW-670FR




ロードバイクやクロスバイク用のスリムタイプの泥除けです。ブレーキの留め具部分にボルトで取り付け、取り付け時には10mmのスパナが2本が必要になります。

税込価格:¥2,680
カラー:ホワイト、ブラック、カーボン
サイズ:700C(27インチ相当)用。Front : 355mm×46mm、Rear : 445mm×46mm
重量:250g
サニーホイル SW-670FR ロード/クロスバイク専用フェンダー ホワイト をAmazonで見る

【ワンタッチ取り付け】OGK技研リアフェンダー MF-019R




シートポストに取り付けるタイプのリアフェンダーです。シートポストの外径25.4~31.6mmに対応しています。

税込価格:¥648
カラー:ブラック、オレンジ、ガンメタ、ピンク、青、こげ茶、黄緑、シルバー
サイズ:N.A.
重量:N.A.
OGK技研 着脱簡単 ワンタッチ取り付けリアフェンダー MF-019R をAmazonで見る

【フルカバータイプ】Dixna クロスフェンダー




ハブシャフトに取り付けできるリア2本ステータイプのフルフェンダーです。対応タイヤサイズは35~45c。フレームとタイヤ、タイヤとブレーキのクリアランスによっては取り付けできない場合があります。

税込価格:¥5,184
カラー:ブラック、シルバー
サイズ:700C×35-45C
重量:N.A.
Dixna(ディズナ) クロスフェンダー BK をAmazonで見る

【縮んでコンパクトに】DOPPELGANGER テレスコピックマッドガードセット




使わないときはスライド式に畳める泥除けです。取り付け可能なシートポスト径は25.4~31.6mmで、フロントは付属のボルトで取り付けます。キャリパーブレーキの場合は、ブレーキを固定するボルト部分に取り付けます。

税込価格:¥2,160
カラー:ブラック
サイズ:前輪用:L288×H38×W60mm(L:泥除け部 288mm)、後輪用:約L520×約60×W70mm(L:泥除け部 404mm)
重量:前輪用:約 71g、約 176g(取り付けボルト・ナット ワッシャーを除く)
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) テレスコピックマッドガードセット 伸縮スライド式 コンパクト収納 前後泥よけセット 14インチ~27インチ対応 DMS338-BK をAmazonで見る

【MTBによく似あう】TOPEAK フェンダー前後セット




破損しにくいインジェクション成型ナイロン素材のMTB向けのディフェンダーです。フロントは26~29インチ、リアは26インチのタイヤ径に対応しています。

税込価格:¥5,076
カラー:ブラック
サイズ:前輪用:L600×W100×H120mm、後輪用:L400×W100×H120mm
重量:前輪用:190g、後輪用:230g
TOPEAK(トピーク) ディフェンダー M1/M2 フェンダー前後セット をAmazonで見る

泥除けつきのスポーツ車を買うという選択も


頻繁に泥除けを使ったり、取り外さないでつけたままにするなら、いっそのこと泥除けを標準装備したスポーツ車を選択するという手もあります。

泥除けを標準装備し、ブルベなどのロングツーリングにも対応した「ARAYA Diagonale」

▲泥除けを標準装備し、ブルベなどのロングツーリングにも対応した「ARAYA Diagonale」
画像出典:ARAYA



おわりに


スポーツ車用に後付けできる泥除けをご紹介しました。フロントとリア両方に取り付けるタイプや、リアのみに取り付けるなど、取り付け頻度や使い方によって選択する泥除けが変わってくると思います。
通勤・通学で毎日乗る人や、梅雨どきで路面が悪くてもサイクリングに行きたいときには、泥除けをつけるだけで随分汚れ方が違います。自分のライドスタイルにあった泥除けをひとつ持っておくと安心ですよ。

監修:サイクルアシスト オオバ 大場忠徳

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!