自転車を購入してライディングに慣れてくると、ちょっとしたアウトドアに出かけたくなるものです。宿泊施設を選ぶのも悪くはありませんが、アウトドアを満喫するなら、やはりキャンプでしょう。

そこで悩むのが、持っていく荷物の選定です。肉体的な負担を減らすためにも、できるだけ荷物は少なくしたいところです。

そこでこの記事では、基本装備のヘルメットや荷物を入れるリュックなどを除いた、自転車で行くキャンプ1?2泊の旅に必要なもの10選をご紹介します。

パンク修理セット


走行中のタイヤパンクは、よくあるトラブルです。万が一に備えて、パンク修理セットは必ず用意しておきましょう。タイヤをリムから外すためのレバー、チューブの穴をふさぐ補修道具などがコンパクトにまとめられています。

パンク修理は、手順さえ覚えてしまえば意外と簡単にできます。アウトドアで慌てることがないように、自分でできるように練習しておくことも大切です。

予備のチューブ


予備のタイヤチューブを持っていれば、パンク修理に必要な水などがない場合に、とりあえず新しいチューブに交換してライディングを続けることができます。パンクしたチューブの修理は、水を確保できる場所についてから行いましょう。

タイヤの規格ごとにチューブの適合性があるため、よく確認し、自分の自転車のタイヤにあったチューブを用意しておくことが大切です。

携帯ポンプ


走行時の空気抜け対応や、パンク修理後に空気を入れるためのポンプは必需品です。装備を軽くするためにできるだけコンパクトで軽量なもの、かつフットステップ付きタイプなど、空気が入れやすいものを選ぶと良いでしょう。

自転車の規格に合わないと使えないため、対応表示を事前によく確認してください。

着替え


出かけるときに身につけている服の他に、下着とTシャツ1セット、薄手の上着が2着あれば十分です。薄手の上着は、アウトドアの気温変化対策として、重ね着できるものを用意します。

Tシャツや下着は、速乾性のあるもの選びましょう。洗濯が楽で乾きも早いため、場合によっては現地で洗濯から乾燥まで済んでしまいます。

また、出かけるときに履いていくパンツは、コンバーチブルパンツがおすすめです。気温や場所によって丈を変えることができるため、荷物が少なくて済みます。

ライト


スポーツバイクには備え付けのライトがないため、アウトドアの走行にはライトが必需品となります。市街地の明るさを想定して郊外や山間部を走ると、暗すぎて走行できなくなる危険性があります。

ハンドルやヘルメットに装着するライトなら、取り外してキャンプの明かりとしても活用できます。

カッパ


急な天候変化への備えとしてカッパは重要です。雨水から体を守ることはもちろん蒸れないことも大切ですから、アウトドア用のカッパは、耐水圧・透湿性に加えて速乾性にも注目して選びましょう。

荷物カバーと靴カバーもあれば完璧です。100円ショップのものもありますが、機能面で不十分なものが多いため、避けた方が無難です。

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!

ページ :