クリスマスプレゼントはストライダーで決まり!全モデル紹介【2022年最新】

クリスマスプレゼントはストライダーで決まり!2022年

【2022年11月更新】子どもたちが楽しみにしているクリスマス。その一方で「今年のプレゼントは何にしよう?」と、頭を悩ませるサンタさんたちも多いのではないでしょうか。

まだお持ちでないなら、プレゼントにはストライダーがおすすめ!定番となっている2歳・3歳のプレゼントにはもちろん、0歳や3歳半からのモデルやコラボモデルもあり、バリエーションが豊富だから、お子さんに適したモデルが見つかりますよ。

クリスマスや誕生日プレゼントにぴったりのストライダーを全モデル、選び方から特徴・違いまでご紹介します。

ストライダーはクリスマスプレゼントにぴったり!

クリスマス(イメージ)

クリスマスプレゼントは子供が喜ぶものが一番!成長に役立つものであれば尚良いですよね。「ペダルなし自転車」を考えているご家庭もあるでしょう。

ペダルなし自転車に乗っているとバランス感覚が養われ、自転車にすぐ乗れるようになります。中でもストライダーは軽量で、2歳の子供でも扱いやすいことが魅力。楽しく遊べるのはもちろん、パパやママが楽に運べるのもうれしいですね。

ストライダーはスポーツの始まりとしてもおすすめ。運動能力はもちろん、やる気と集中力を育てることにつながります。2歳から出場できる大会があり、練習やイベントへの参加を通じて、親子の絆が深まることもメリットです。

クリスマス前にキャンペーンあり

スポーツモデルはクリスマスキャンペーン対象商品

例年、クリスマス前に正規販売店・直営オンラインショップでストライダー本体を購入すると、サンタブーツがもらえるキャンペーンが開催されます。

2022年は11月18日より実施中です。サンタブーツにはストライダーが箱ごとすっぽり入るので、お子さんが喜ぶこと間違いなし!今年はさらに「ダッくんダック」もついて来ます。「ダッくんダック」はストライダーのハンドルにつければクラクションに。ヘルメットにつけるのもかわいいですね。

なくなり次第終了となるので、全国のサンタさんはお早めに。

ストライダー クリスマスキャンペーン2022

対象モデル

表は横にスクロールしてご覧いただけます。

モデル
Amazonで探すAmazonで探すAmazonで探す
税込価格16,940円13,750円24,750円26,840円~34,650円29,700円18,150円18,040円100,100円

ストライダーの種類と選び方

ストライダー スポーツモデル
ストライダー スポーツモデル

ストライダーは全部で6種類。コラボモデルが2種類あります。

ストライダー選びのポイントは、目的と年齢。どの機種も基本的な機能は同じですが、フレームの素材とアクセサリーが違います。レースへの出場を考えているなら、特に素材には注意が必要です。

目的

  • 楽しみたい:スポーツモデル、クラシックモデル
  • レースに出たい:プロモデル、ST-R
  • 0歳から長く乗りたい:ロッキングストライダー
  • 自転車としても使いたい:ストライダー14x

年齢

  • ロッキングストライダー:0歳~5歳
  • 12インチストライダー:1歳半~5歳
  • ストライダー14x:3歳半~7歳

ストライダーのサイズは12インチ・14インチの2種類。14インチのストライダー14xを除くすべてのモデルは、1歳半から乗れる12インチです。

ストライダースポーツモデルとロッキングベースがセットになったロッキングストライダーは、つかまり立ちをしたら、室内でゆらして遊べます。1歳半からは、ストライダーとして使えますよ。

ストライダーデビューに遅れても大丈夫!ストライダー14xはペダルを装着できるので、キックバイクと自転車、1台で2つのモードが楽しめます。自転車への移行もよりスムーズです。

素材の違い

楽しく遊べる鉄スト

スポーツモデルとクラシックモデルのフレームはスチール製。「鉄スト」と呼ばれることもあります。鉄ストは耐久性の高さがメリット。楽しく遊ぶなら、鉄ストがよいでしょう。ストライダー14xのフレームもスチール製です。

レースに出たいならプロモデル

プロモデルのフレームはアルミ製。鉄ストに比べて軽いので加速がよく、小さい子や女の子でも扱いやすいのが魅力です。レースへの出場を考えているなら、鉄ストだと後悔することも。プロモデルを選ぶことをおすすめします。

競技志向なST-R

ハイスペックモデルのST-Rは、フレームなど主要パーツはすべてカーボン製。軽くて走りやすい一方で、転倒などの衝撃で割れやすいため取り扱いには注意が必要です。近年はレースでカーボンフレームを見かける機会が増えています。競技志向の方は検討してみる価値ありですよ。

スポーツモデルとクラシックモデルの違い

鉄ストにはスポーツモデルとクラシックモデルの2種類があります。2つのモデルの違いは主に

  • ハンドルバー
  • フットステップ
  • シート

の3つです。

スポーツモデルはもっとも人気が高いモデル。小さい子供でも握りやすい細めのハンドルバーを採用、転倒時の衝撃を和らげるハンドルバーパットやフットステップが標準で装備されています。クッション性のあるシートは、快適な乗り心地。XLロングシートポストがついているから、4歳から5歳になっても使えますよ。

アクティブなお子さんには安全性・快適性の高いスポーツモデルがおすすめ。コラボモデルはスポーツモデルがベースとなっています。

クラシックモデルは、シンプルでコスパのよいモデル。デビューにぴったりの1台です。

スポーツモデルクラシックモデル
ハンドルバーのサイズ
(径の太さ)
12mm細身サイズ22mm標準サイズ
ハンドルバーパットありなし
フットステップありなし
シートクッション性のある軟質樹脂素材
(防水素材)
硬質プラスチック製
シートポスト標準サイズとロングサイズ標準サイズ
カラー7色(グリーン、レッド、ブルー、ピンク、オレンジ、イエロー、ブラック)4色(レッド・グリーン・ブルー・ピンク)
税込価格16,940円13,750円

ストライダー全6モデル

ストライダー スポーツモデル

Amazonで見る

人気No.1のベストセラーモデル。迷ったらコレを選んでおけば間違いなし!カラー展開が7色と豊富なので、お子さんの好きなカラーを選べます。

税込価格16,940円
対象年齢1歳半~5歳
体重制限27kgまで
重量3.0kg
カラーグリーン、レッド、ブルー、ピンク、オレンジ、イエロー、ブラック

ストライダー クラシックモデル

Amazonで見る

ストライダー誕生当初から変わらない、シンプルなデザインが魅力。プラスチック製のシートはお手入れしやすいこともメリットですよ。カラー展開はグリーン、レッド、ブルー、ピンクの4色。基本的な機能・定番カラーで選びたい方におすすめのモデルです。

税込価格13,750円
対象年齢1歳半~5歳
体重制限27kgまで
重量2.9kg
カラーレッド・グリーン・ブルー・ピンク

ストライダー プロモデル

Amazonで見る

レースの世界でストライダーといえばプロモデルのこと。アルミ製ボディの軽さは、レースシーンで大きなアドバンテージになります。「速く走りたい」「レースに出てみたい」なら、プロモデルがおすすめです。

税込価格24,750円
対象年齢1歳半~5歳
体重制限27kgまで
重量2.5kg
カラーシルバー、メタリックマルーン、メタリックアクア、ウルトラブルー(完全限定生産)、メタリックパープル

STRIDER 14x

Amazonで見る

ストライダーにはブレーキがありません。1歳半~3歳の子供には、ブレーキを握る十分な握力が備わっておらず、使いこなすことも難しいからです。
しかし、自転車に乗るならペダルだけでなく、ブレーキ操作も必要になりますよね。

3歳半からのストライダー14xは、ブレーキ付き。バランスの練習からはじめて、ブレーキ操作を覚えたら、ペダルを装着して自転車の練習ができます。「そろそろ自転車」を考えているなら、有力な選択肢になりそうです。

税込価格29,700円
対象年齢3歳半~7歳くらい
体重制限36kgまで
重量5.9kg(ペダルユニット無し)7.4kg(ペダルユニット有り)
カラースティールブルー、ライムイエロー、フューシャピンク、サンシャインオレンジ
ストライダー(Strider)

ストライダー ST-R

Amazonで見る

ST-Rは主要パーツがすべてカーボン製です。カーボンファイバーはF1マシンや高級ロードバイクにも使われている素材。軽量で衝撃吸収性が高く、快適な乗り心地が魅力です。

価格は高めですが、レースでは大活躍!お子さんはもちろん、パパのテンションも上がりますね。

価格税込100,100円
対象年齢1歳半~5歳
体重制限27kg迄
重量2.7kg
カラーブルー

ロッキングストライダー

ロッキングストライダー

スポーツモデルとロッキングベースがセットになったモデル。お子さんがつかまり立ちができるようになったら室内で遊べます。1歳半になったらベースを外せばストライダーとして外で遊べるので、長く使えますよ。

クリスマスプレゼントはもちろん、お孫さんの誕生祝い、初めて立ったお子様の記念、出産祝いにもおすすめです。

税込価格26,840円
対象年齢0歳(つかまり立ちが出来たら)~5歳
体重制限27kgまで
重量ストライダー本体3.0kg、ロッキングベース2.8kg
カラーグリーン、レッド、ブルー、ピンク、オレンジ、イエロー、ブラック

ロッキングストライダーはコラボモデルとプロモデルも選べます

コラボレーションモデル

ストライダー セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンモデル

ストライダー セーブ・ザ・チルドレンモデル

子ども支援国際組織「セーブ・ザ・チルドレン」とのコラボレーションモデル。白いストライダーが欲しいならこれで決まりですね。

このモデルにはドネーション(寄付)プログラムが採用されており、購入すると1,000円がセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに寄付されます。販売は公式オンラインショップのみ。お店では買えないのでご注意ください。

税込価格18,040円
対象年齢1歳半~5歳
体重制限27kgまで
重量3.0kg
カラーピュアホワイト

ストライダー×神山隆二 RATFACEモデル

Amazonで見る

アーティスト神山隆二氏とコラボしたモデル。ストライダー初となるマット塗料を採用、フレームには神山氏による手書きの「ONE STEP BEYOND」とキャラクター「RATFACE」が描かれています。

同じく「RATFACE」が描かれたナンバープレートも付属。カッコいいストライダーで「一歩前へ」踏み出そう!

税込価格18,150円
対象年齢1歳半~5歳
体重制限27kgまで
重量3.0kg
カラーマットグレー×オレンジ

ストライダーと一緒に揃えたいもの

ストライダーに乗る際には、頭部を守るヘルメットは必須アイテム。肘や膝を守るプロテクター、手のひらを守るグローブもあると安心です。

ストライダーキッズにはbernのヘルメットが大人気!プロテクター・グローブは純正で揃えることができますよ。

キックバイクにおすすめのヘルメットはこちらをチェック!

2022年のクリスマスプレゼントはストライダーで決まり!

おうち時間が増え、子供の運動不足が気になっているパパ・ママも多いようです。

外遊びは体力や運動能力だけでなく、脳の発達にも密接な関係があります。楽しく遊べるおもちゃがあれば、外で遊ぶ機会が増えてくるでしょう。

外遊びのおもちゃは「簡単すぎない」ものを選ぶことが大切。頑張ってできるようになったという成功体験が、子供の自信につながるからです。

ストライダーは外遊びグッズの大本命。クリスマスはもちろん、誕生日プレゼントにもおすすめです。

ストライダー クリスマスキャンペーン2022

ストライダー関連記事

ストライダーの記事をもっと見る

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

Avatar photo

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop