熱い戦い![弱虫ペダルサイクルロードレース]へ行ってきた!

3度の飯より弱ペダが好きな筆者。そんな弱ペダの大会が行われるとなれば観に行かないわけにはいきません。

開始から終わりまでテンションMAXだった筆者がその魅力をたっぷりとご紹介いたします!

劇場版 弱虫ペダルサイクルロードレース collaborated with GSR CUP

image17
今回の大会は弱ペダの映画版[劇場版 弱虫ペダル]公開(もちろん筆者は初日に観ました)とCASIOのデジタルカメラ[EXILIM EX-FR1]のコラボレーションモデル発売を記念して開催されたレースです。

[しのいサーキット場]を貸し切り、ロードレース専用に設備が整えられた抜群のコンディションは参加者の士気を高めます。
image16
会場内にはメンテナンススタンドや公式コラボアイテムの売店が並び、レースを見に来た観覧者にとっても嬉しい模様。
image31
image18
上空にはドローンも飛び、準備は満タンです。
image07

レース

レースは「チームスプリント」「クリテリウム」「エンデューロ」から行われました。

その中から印象深かったものをいくつかご紹介いたします。
image12
image32
image06
image22
巻島先輩!
image02
王者箱学の東堂さんはアタックの機会を窺っていました。
image11
みんな大好きアブも集団へ続きます。
image03
一方男子のアスリートクリテリウム組は自分達の番へ向けて準備中。皆さん楽しんでおられます。
image01
男子の部もスタート
image29
小野田君が集団をコントロールしています。
image14
image05
この後に控えるチャンピオンクリテリウムの方々も待機を開始。
image21
強者感が漂います。
image23
中にはめんまや
image08
ミクさんのサイクルジャージに身を包んだ方も。
DSC_1358
ラブライバーの方もいらっしゃいました。
image13
チャンピオンクリテリウム組もレーススタートです。
image10
image28
image09
image26
ライダーの方々は凄まじい速度で走り抜けていきます。
image15
と、ここでなんと
image20
新開さんが
image00
パワーバーを口に!
image19
箱学最速のスプリンターのオーラがにじみ出ています!
image25
そして勝ったのは
image24
image30
新開隼人!
会場からは「新開様ー!」と黄色い歓声が上がっておりました。
image04
狙った相手は必ず仕留めるというバキューンポーズを披露していただきました。
筆者、狙われています。
image27
鳴子君も続けて入賞。
熱いスプリント対決を披露してくれました。

最後に

全国の弱ペダクラスタのために開催された[劇場版 弱虫ペダルサイクルロードレース collaborated with GSR CUP]。

レース以外にも田所さんを演じた伊藤健太郎さんと石垣くんを演じた野島裕史さんのスペシャルトークライブがあったりと、大盛況な内容でした。

他の大会にはない魅力が詰め込まれた今回のレース。次回開催された時は参加者として、筆者もトレーニングを積んで備えておきたいと思います!

onzk

WRITTEN BYonzk

毎日往復50kmを通学する学生サイクリスト。ホームセンターに売られていたノーブランドのクロスバイクをドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。

他の記事も読む

関連記事