世界ブランド「シマノ」おすすめのシューズフィッティングは昨年1時間待ちも! – サイクルモード速報

自転車用のコンポーネントと言えば、世界でもトップシェアを誇る「SHIMANO(シマノ)」。ロードバイク、マウンテンバイクなどのコンポーネントから、ホイール、シューズ、ウェア、バック、ヘルメットなどどれもハイクオリティな商品を取り扱っています。全コーナーで、自分にあったもので快適に長く自転車に乗ってほしいとの想いがこめられた「Upgrade」をコンセプトに掲げられています。

shimano13

コンポーネントはもちろんのこと、最新シューズやシューズフィッティング、さらに店頭に並ぶとすぐ売り切れてしまうというリュックまで、シマノの藤井さんにサイクルモード出展商品の話を伺ってきました。

取り扱い商品について

shimano03

コンポーネントの新作、ロードバイク向けの「Tiagra」、マウンテンバイク向けの「XT」をはじめ、完成車とともにエントリモデルから最上位の「Dura-Ace」、「XTR」まですべて展示されています。

シューズもSPD-SL、SPDはもちろん、新作として登場した「シマノクリッカー」が展示されています。「シマノクリッカー」は装着時の力も従来型商品より軽く、脱着時の角度もやさしい設計になっていて、これからビンディングペダルへ挑戦しようと考えているかたへの「Upgrade」モデルとして登場しています。

shimano09

シューズはフィッティングコーナーがブース裏手に設けられていて、なんと昨年は1時間待ちだったとか。SPD-R、SPD、クリッカーともに0.5cm刻みでサイズを取り揃えている上に、シマノ担当者からはき方や履き心地の確認、ビンティングへのステップインも体験できるので、これからビンディングチャレンジする方にはもちろんおすすめです。現在ビンディングシューズ履いている方にも、サイズや履き方など試してみるとより快適になるかもしれません。

shimano11

実際にシューズをはくさいのコツを教えていただきました。シューズに足を入れたら、かかとを地面に押し付けてしっかりフィットさせてから締めることでしっかりフィットするそうです。かかとをトントンしてしいまうとシューズが壊れる原因になりますので、注意してくださいね。

shimano12

一押しの自転車用リュック

店頭でも売り切れ続出との商品がシマノ製のリュック。ベルト部分は内部のマジックテープで長さ調節でき、前方のベルトは1か所で固定する形式。自転車乗りのために設計されているので、背中にしょったときのフィット感をぜひ会場でも体験していただきたいです。

shimano06

shimano07

shimano08

FRAME読者に一言

「相談できる販売店をぜひ見つけてください」とのことでした。自分にフィットしたサイズで快適に長く自転車と付き合ってほしいとの想いでおっしゃっていました。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事