ロードバイクは室内保管がおすすめ!簡単に設置できる自転車スタンドでスッキリ収納

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクは室内保管が基本。盗難や劣化防止のためですが、そのまま置くと結構場所をとるため、置き場に困っている方も多いのではないでしょうか。できればヘルメットなどの自転車アイテムも、すっきり片付けたいところです。

今回は、スポーツバイクを室内で保管するのにおすすめのアイテムを3つ、お悩み別にご紹介します。

室内保管のお悩み 2つのパターン

まずなみこさんとイマオさんが、現在自転車をどのように保管しているか、聞いてみました。

なみこさんは玄関に自転車を置いている
なみこさんは玄関に自転車を置いている

なみこさんが愛車を置いているのは玄関。前輪だけ外して、タオルとダンボールを敷いて直置きしています。「邪魔にならないのが玄関くらいだったから、とりあえず置いている」となみこさん。ひとり暮らしやワンルームだと、置ける場所が限られるのが現実。困っている方も多いでしょう。

イマオさんは部屋の中に直置き
イマオさんは部屋の中に直置き

これに対し、イマオさんは部屋の中に自転車を置いています。スペースに余裕はあるものの、自転車を床に置くのではなく「掛ける」ことで、自転車アイテムや趣味の道具をすっきり片付けたいと思っています。

自転車保管の悩みを解決!おすすめアイテム3選

なみこ部屋にはスタンド+ホビータワー

MINOURA ディスプレイスタンドDS-2200 (縦置き、横置き両対応タイプ)

Amazonで見る

《即納》MINOURAミノウラ、箕浦 Hobby Towerホビータワー本体ベース支柱タワー式 Hobby-Towerシリーズ HT-1000 [スタンド] [ディスプレイスタンド] [クロスバイク]

価格: 8,830円
(2020/06/02 13:08時点 )

感想:0件

自転車をそのまま置こうとすると場所をとってしまい、どうしても狭く感じてしまいます。そんなときおすすめなのが「縦置き」。スタンドに掛ければそれほど場所をとらずに済みますし、”見せる収納” ができることもメリットです。

ホビータワーは、天井突っ張りポール式の収納システム。20種類以上のアタッチメントを組み合わせることにより、自転車はもちろん釣りや登山など趣味のアイテムをすっきりオシャレに収納できます。

今回は、ドア付近の空いているスペース、壁のあたりにスタンドとホビータワーを設置することにしました。

ドア付近の空いているスペース、壁のあたりにスタンドとホビータワーを設置

イマオ部屋にはバイクタワー

MINOURA BIKE TOWER

Amazonで見る

バイクタワーも、ホビータワーと同じく天井突っ張りポール式。20年以上の実績がある展示スタンドの定番です。自転車を2台、クレードルフックを追加すれば最大で4台までかけられます。

バイクタワーにもオプションパーツがつけられるので、趣味のアイテムも収納可能です。

組み立ては難しい?

スタンド組み立て中

MINOURA ディスプレイスタンドDS-2200はあらかじめ本体フレームにタイヤ受けが取り付けられているので、ステップバーと支柱を取り付けるだけでOK。組み立てには六角レンチ、支柱の向きやタイヤ受けの装着位置を変えたりするには10mmスパナが必要です。

バイクタワー、ホビータワーなど突っ張りポール式のバイクタワー、ホビータワーの組み立て・設置にはメジャー、六角レンチとプラスドライバーが必要です。
(※詳しい組み立て方法は取扱説明書、フカヤさんの公式YouTubeチャンネルを参照ください。)

株式会社フカヤ 公式YouTubeチャンネル
ミノウラ製突っ張りポールの組立・設置のしかた

~パーツ紹介~

  • MINOURA BIKE TOWER

    (中央)バイクタワー (右)バイクタワー付属の自転車をかけるフック部分 (左)オプションパーツ
    (中央)バイクタワー
    (右)バイクタワー付属の自転車をかけるフック部分
    (左)オプションパーツ

  • MINOURA ディスプレイスタンドDS-2200 (縦置き、横置き両対応タイプ)

    ディスプレイスタンドは、ステップバーと支柱を取り付けるだけでOK。
    ディスプレイスタンドは、ステップバーと支柱を取り付けるだけでOK。

  • MINOURA Hobby Tower

    バイクタワーのポールは直径45mmなのに対し、ホビータワーは34mmとスタイリッシュな印象。
    バイクタワーのポールは直径45mmなのに対し、ホビータワーは34mmとスタイリッシュな印象。

完成!イマオ・なみこ部屋を紹介

なみこさんの部屋

(左)MINOURA ディスプレイスタンドDS-2200 (縦置き、横置き両対応タイプ) (右)MINOURA Hobby Tower
(左)MINOURA ディスプレイスタンドDS-2200 (縦置き、横置き両対応タイプ)
(右)MINOURA Hobby Tower

美しい自転車部屋に生まれ変わったなみこさんのお部屋。ディスプレイスタンドは幅をとらないので、ドアもちゃんと開きます。自転車を縦置きにすると、スッキリ見えますね。

ホビースタンドには3段ハンガーがついている
ホビースタンドには3段ハンガーがついている

ホビースタンドには、上にビンディングシューズ、下に愛用しているシマノさんのアイウェアを置きました。アイウェアの隣にはボトル、一番上についている3段ハンガーには、自転車ウェアをかけるのもよさそうです。

ポールにはまだまだ余裕があるので、オプションの追加によっては、もっと物を置いたり飾ることもできます。

イマオさんの部屋

MINOURA BIKE TOWER
MINOURA BIKE TOWER

バイクタワーの上にバイクをかけ、下にヘルメットとアイウェアと鍵を置きました。棚の下にあるのは釣り竿。男性の憧れ、ロマンが詰まった趣味部屋の完成です。

自転車を上にしたのはイマオさんのこだわり。自転車を上に置いたほうが「映え」ますし、下のスペースが空くので物を置くこともできます。「自転車を見上げる生活」が実現できるのは、バイクタワーならではの魅力です。

バイクが上にあると愛車を眺めながら寝ることも。
愛車を眺めながら寝ることもできる。
下からの眺め
下からの眺め

バイクが上にあると愛車を眺めながら寝ることも。朝起きたら自転車と自分の好きな釣り用品があるなんて素敵ですね。

今回ご紹介したアイテム

(左)MINOURA BIKE TOWERと(右)MINOURA Hobby Towerの収納例
(左)MINOURA BIKE TOWERと(右)MINOURA Hobby Towerの収納例

(右)MINOURA Hobby Towerにはウェアやリュックなどもかけられる。
(右)MINOURA Hobby Towerにはウェアやリュックなどもかけられる。

MINOURA Hobby Towerの収納例。玄関にちょい置きされがちなヘルメットやアイウェアもすっきり。
MINOURA Hobby Towerの収納例。玄関にちょい置きされがちなヘルメットやアイウェアもすっきり。

自転車のある生活を満喫!

自転車を部屋の中に入れても縦置きスタンドなら圧迫感がなく、玄関も広々使えます。ディスプレイとしても素敵です。

バイクタワーやホビースタンドは、アタッチメントを組み合わせることで、いろんな使い方ができるのも魅力。外はもちろん、お家の中でも「自転車のある生活」を満喫しちゃいましょう!


取材協力:株式会社フカヤ

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事