1885年創業のビアンキ(Bianchi)。伝統のチェレステ・カラーを身にまとったロードバイクが人気だが、幅広いラインナップを持ち、小径車(ミニベロ)も注目の的だ。どれも上品でカラーも豊富。街中を颯爽と走ることができる機種ばかりである。今回はそんなビアンキのミニベロ2018年モデルを紹介しよう。

普段乗りにピッタリな便利で可愛いミニベロ


ミニベロはタイヤのサイズが小さく、ちょっとしたお出かけや、買い物などの普段使いに便利です。地面からの距離も少し近く、身長の低い方や女性でも扱いやすいのも特徴です。

最近では、折りたたみのミニベロも多く発売されており、スペースを取らない事から会社やオフィスに置いておいて、ランチの際に使用するというような使い方をする人もいるようです。

2018年最新情報・おすすめミニベロ


レトロなカラーのミニベロで注目の的に-MINIVELO-10 DROP BAR


出典:Bianchi

出典:Bianchi


クラシカルなデザインなのに現代風味を感じさせる、補助ブレーキ付きドロップハンドルのお洒落な一台。フレームはコロンバス製のクロモリチューブを使用している。コンポーネントにカンパニョーロ・ヴェローチェを搭載し、シフトはWレバー式。革サドルはブルックス製で、サドルバッグが標準装備されている。また、ブラック×ブラウンサイドのタイヤと亀甲フェンダーを採用。

カラー:Celeste
サイズ:48/52/54
価格:160,000円(税抜)

MINIVELO-8 DROP BAR


出典:Bianchi

出典:Bianchi


気品あふれるヨーロピアンな雰囲気で、ポテンシャルの高さは折り紙付きだ。こちらもドロップハンドル仕様で、2018年モデルからフレームがアルミからスチールに変更。同時に43サイズが追加された。本革のオリジナルサドルを装備し、搭載コンポーネントはシマノ・クラリス。また「MINIVELO10」同様、ブラック×ブラウンサイドのタイヤと亀甲フェンダーを採用している。

カラー:Celeste・Celeste Classico・GM Dark Brown
サイズ:43/48/52/54
価格:92,000円(税抜)

MINIVELO-8 BULL


出典:Bianchi

出典:Bianchi


ハンドルはミニベロには珍しいブルホーンバー。2017年モデルとして登場し、2018年モデルからフレームがアルミからスチールに変更。同時に43サイズが追加された。ブレーキレバーはダイヤコンペのギドネット。この採用により、ハンドルバーのどこを握っていてもブレーキに手が届く仕様になっている。コンポーネントは上記「MINIVELO8 DROP BAR」と同じくシマノ・クラリスを搭載し、サドルは本革のオリジナル品を装備。

カラー:Blue Grey・Celeste Classico・Lite Metallic Blue・Metallic Blue・Wine red
サイズ:43/48/52/54
価格:92,000円(税抜)

MINIVELO-7


出典:Bianchi

出典:Bianchi


定番中の定番。クラシカルなミニベロの中でも走行性に安定感があり、乗りやすさが非常に良い。シートチューブとダウンチューブは胴抜きデザインを採用。サドルおよびハンドルの素材は従来通りだが、2018年モデルからカラーがブラウンに変更されている。また上位機種と同様、亀甲フェンダーを装備。キックスタンド付きで、人気は抜群なものがある。毎年品薄になることが多いので、お買い求めはお早めに!

カラー:Black・Celeste Classico・Dark Metallic Green・Laster Grey・Navy・Red
サイズ:43/48/52/54
価格:62,000円(税抜)

MINIVELO-7 LADY


出典:Bianchi

出典:Bianchi


またがりやすいフレームで女性に優しく、鉄パイプの細身なデザインが特徴的な一台。アップライトなポジションが取りやすく、疲れ知らずの走行が可能だ。ダウンチューブは胴抜きデザイン。サドルとハンドルグリップはキャンバス地だ。また、タイヤはクリームカラー。キックスタンドを標準装備していて駐輪も楽々だ。カラーは7色展開で、サイズは39のみ。身長150〜165cmぐらいに適応する。

カラー:Black・Celeste・Hot Mustard・Matcha・Olive・Violet・White
サイズ:39
価格:62,000円(税抜)

PISA DROP


出典:Bianchi

出典:Bianchi


トップチューブとシートチューブが交わる箇所に、湾曲した補助チューブを配したタフで頑丈なアルミ合金モデル。ドロップハンドル式の精悍な一台だ。コンポーネントはシマノの新型クラリスを搭載し、それに合わせてケーブル・ルーティングをきれいに見えるように変更している。サドルは「ファブリック」のスクープ・ラディアス・スチールを採用。カラーは2色、サイズは43のみの展開だ。

カラー:Matt Black・Matt CK16
サイズ:43
価格:85,000円(税抜)

PISA FLAT


出典:Bianchi

出典:Bianchi


フラットハンドルバーのアルミ合金モデル。パーツをこれまでのブラック基調からシルバー基調へと変更している。サドルおよびハンドルグリップは、ブラウン×チェレステのステッチが入ってとてもキュート。コンポーネントはシマノ・ターニーを搭載し、サドルは「WTB」製だ。カラーは7色で、こちらもサイズは43のみの展開。プライスダウンでお求めやすい価格となっている。

カラー:Blue・CK16・Matt Black・Matt white・Matt Metalic Brown・Military Green・Vermilion
サイズ:43
価格:60,000円(税抜)

他にもビアンキにはミニベロのモデルがたくさん!


上記以外にもビアンキにはミニベロのモデルが多数ラインナップとして存在します!このMINIVELO-7は泥除けも付いた非常にスタンダードなミニベロですね。
001s (2)

(出典:Bianchi


こちらのMINIVELO-7 LADYは上記のモデルよりもサイズ感、色が共に女性向けのデザイン。
001s (3)

(出典:Bianchi


PISA FAMILYは便利な荷台付きで、お買い物などにも便利なミニベロです。
001s (4)

(出典:Bianchi


まとめ:ビアンキのミニベロはレトロなモデルやスポーツバイク寄りなモノなど多種多様


いかがでしたか?ビアンキのミニベロについて魅力を紹介してきました。ハンドルもフラットからドロップまで選ぶことができます。ぜひ、お気に入りの一台をみつけてみてくださいね。

ミニベロに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

ビアンキに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

TOP画像出典:Bianchi

Second Edition on 2017.12.27

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!