第6回ときがわ町サイクルフェスタレポート – 佐倉イサミのまるしばポタリング記(その11)

(当記事はまるしばポタリング記を編集・転載した記事です)

2016年最初の参加イベント!
「第6回ときがわ町サイクルフェスタ」のレポート漫画です。

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_018

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_019

初めてときがわ町に訪れたのですが、埼玉県でこんなに自然豊かな場所があるとは知りませんでした。

集合場所は河川敷で、穏やかに流れるとき川を目の前にストレッチ。
自転車講習?や駐在さんからの注意喚起、町長からのお話などがあり和やかにイベントがスタートしました。が・・・

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_020

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_021

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_022

ネットで調べたらトキガワベースさんは日曜日だけカレーを提供しているようですが、食べ物の自販機も充実していたので、コンビニ代わりに利用しているサイクリストさんも多いのかな?と。
自転車が展示されていたり、清潔感もあって素敵な場所でした!

それにしても、のっけから情けないレポートですみません。
運動不足ですと平坦距離ですら辛いというのをイベントを通して痛感しました…。
(ちなみに、イサミはおそ松さんの中で何松推しだと思いますか?(※当たっても景品はでません))

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_023

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_024

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_025

平坦な道もそこそこに早速坂道が。
事前に公式のルートラボで確認はしていたのですが(下記リンク先参照)
緩やかな坂であれ、ずっと続くとじわじわ精神力と体力が削られます。

追い追いレポート漫画を描きますが、昨年の秋に伊豆大島のヒルクライムコースを走った時に乙女ギアの力もあってそこそこ走れた経験から過信をしていた自分を呪いたい。
数ヶ月運動しないだけでこんなに走れないなんて…(今回のイベントはこれに尽きる)
その洗礼も受け、初めての立ちゴケをしました。
世界が真横になる瞬間って不思議とスローモーションになるのですね、あはは。

ちょっと小休止でレポ漫画に入れられなかった峠途中でのお話。

ロックマン4コマ

イベント参加者ではないサイクリストさんだったのですが
自発的に登りに来るだけあってとても早かったです。
サイクルジャージの印象って結構あるなーと(笑
…そうでもない?

それでは、立ちゴケ事件(?)の続きです

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_026

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_027

坂道で歩いている人(同士)を見かけると「辛いですね〜」と会話したり
のろのろ登っていると「頑張れ!」とエールを貰ったり、イベントでのささやかな交流が暖かくて好きだったりします。

ようやく辿り着きました第一エイドステーションでお昼ご飯です。
朝の受付で受け取った600円分の金券を使い自分で好きな飲食をチョイスするのですが
地元のお店が出店してるのかな?カレー・豚汁・おにぎり・ソーセージ・タコライス・ドーナツなどなど…かなり豊富な種類が用意されていてどれを食べようかワクワクしながら選びました!

やっと後半戦です!

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_028

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_029

後半の話があっという間に終わってしまったのですが、実際の体感もそうでした。
ときがわ町サイクルフェスタの中級コースは平坦な道が少なく、「前半でひたすら登って、後半でくだる!」
これに尽きるなぁと。
第一ASまではとにかく長かったのですが、第一・第二・第三ASの間隔はとても短く
最初からクライマックス(※白石峠)で、お昼ご飯を食べたらあっという間に終わった…という印象。

辛かった。
辛かったですが参加費もお手頃ですし、東京住まいには有難いイベントでした^^
(あと、他のイベントに比べるとスタートやゴールの看板などが無かったり、お祭り感は少なく色々とゆるいです。)

ツイッターやブログのコメントで「白石峠は辛い」と何件か頂いて
「…だよね!?ですよね!!???」とスマホを強く握りしめ、あの時の辛さは決して運動不足だけが原因じゃない事を噛みしめました。
ハスキー犬がビジュアルの「家族」ことミヤオ君曰く「白石峠も急な坂があったので、辛さは藤岡のヒルクライムと同じ位だった」との事。
私もその感覚はあったのですが、藤岡は坂の斜面がエグくて、白石峠は坂の長さがエグい…という感想です…。

中級コースのレポは以上でおしまいになりますが、走り終えた後のおまけ話がありますので
もう少しだけお付き合いください。

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_030

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_031

走り終えて一安心している時にテレビのインタビューを受けました。
ビックリするくらいグダグダな受け答えしか出来なかったので、オールカットだと思うのですが良い思い出になりました。あはは。

縺ィ縺阪°繧吶o逕コ_032

坂の途中で知り合った女性とイベント後にもお話する事が出来ました。
ナチュラルに弱ペダの話をされると(あれ、私オタクである事がバレてる?)とソワソワしてしまうのですが、自転車好きさんは皆読んでいると言う認識で良いんですよね…?
バレてないですよね、私…?

実は来月そのグループの方たちとポタリングする事になりました。
緊張する〜〜!!!!でも楽しみです。
サイクルイベントでは思いがけない出会いや繋がりも出来て面白いですね。

イベントが終わった後は、近くにある温泉施設(事前に割引券が配布されていました)で汗を流して帰宅しました。
走った後の大きなお風呂って最高ー!

以上でときがわ町サイクルフェスタのイベントレポ漫画はおしまいになります。
最後まで読んで下さり有難うございました^^

・転載元記事
「第6回ときがわ町サイクルフェスタ」レポ①
「第6回ときがわ町サイクルフェスタ」レポ②
「第6回ときがわ町サイクルフェスタ」レポ③
「第6回ときがわ町サイクルフェスタ」レポ3.5
第6回ときがわ町サイクルフェスタ」レポ④
「第6回ときがわ町サイクルフェスタ」レポ⑤
「第6回ときがわ町サイクルフェスタ」レポ番外編①
「第6回ときがわ町サイクルフェスタ」番外編②
まるしばポタリング記

佐倉イサミ

WRITTEN BY佐倉イサミ

東京都在住。猫漫画を細々と描いている柴犬飼いです。(勿論猫も大好き!) ポタリングや参加したイベント等を漫画にしたためています。twitterでも気軽に呟きます

他の記事も読む

関連記事