【最新】キャノンデールのロードバイクを7台紹介します

加工が容易で大量生産が可能なため、エントリー向けのロードバイクに多く使用されるアルミニウム素材。安価で手に入れやすいメリットがある一方、重量と衝撃に対する緩和が少ないため疲れやすいデメリットもあります。

上記の弱点に対応した炭素強化プラスチックのカーボンロードバイクがありますが、高価なことから中々手を出しづらいことも。しかしcannondale(キャノンデール)はアルミニウムをカーボン並みのスペックへ加工する技術を開発しました。これによって安価なエントリーモデルでもカーボン譲りの走り心地を味わえるように。

今回は素材の弱点を技術力でカバーしてきたcannondaleのおすすめロードバイクを「初めてのロードバイク選びに」、「20km~30kmのサイクリングに」、「ハイエンドモデルで最上級の乗り心地を」の3カテゴリーで7台ご紹介したいと思います。

※ロードバイクの選び方を知りたい方はまずこちらをご一読ください!

初めてのロードバイク選びに

cannondaleの代名詞 – CAAD8

image04

CAAD 8は初めてロードバイクを選ばれる方に特におすすめです。後に紹介する上位モデル、CAAD 12譲りの作りのためエントリーモデルでありながらパワフルな走りを楽しむことができます。

ギアチェンジを行うコンポーネントと呼ばれるパーツは標準グレードのSORAを採用していますが、更に走りやすい上位グレードが搭載されたものもラインナップにあるため、予算に応じて選択しましょう。

(SORAモデル 参考価格:税抜125,000円)
(TIAGRAモデル 参考価格:税抜145,000円)
(105 参考価格:税抜175,000円)

振動を吸収してくれるため疲れにくい – SYNAPSE

image07

SYNAPSEはエンデュランスと呼ばれるタイプのロードバイクで、路面からの衝撃を小さくしてくれる作りになっています。また、少ない力で強い制動力を得ることができるディスクブレーキを搭載しているので、腕に疲れが溜まってきた時や下り坂でも安心ですね。構造上若干の重量が増えてしまうのは否めませんが、ゆったりとポタリングするのに最適です。

こちらもコンポーネントのグレードに応じたラインナップが用意されています。

(TIAGRAモデル 参考価格:税抜150,000円)
(105 参考価格:税抜180,000円)

様々な場所に行きたい方へ – SYNAPSE WOMEN’S

image06

SYNAPSE WOMEN’Sは上記SYNAPSEと同様衝撃を緩和する車体の作りになっている女性専用のモデルです。

長時間乗っていても疲れにくいため、ロードバイクで自然を駆け巡りたい、いろんな場所へ行きたいという方にはぴったりですね。

(TIAGRA 参考価格:税抜140,000円)
(105 参考価格:税抜165,000円)

20km~30kmのサイクリングに

アルミフレームの神 – CAAD12

image05

CAAD 12に乗ってみると、その走り心地に病みつきになってしまうはずです。まるでカーボンを思わせるような滑らかさと反応の良さはもう手放したくなくなるほど。

ペダルを踏み込むごとに進む距離が下位モデルと全く異なります。曲がり角でも素早いコーナリングが可能なので、本格的なエクササイズやレーシーな走りを楽しみたい方には特におすすめですね。

(105 参考価格:税抜210,000円)
(105 DISC 参考価格:税抜260,000円)
(ULTEGRA 参考価格:税抜300,000円)
(BLACK INC. 参考価格:税抜590,000円)

また、レディースモデルも存在しますので、小柄な女性の方でも問題なく扱えますよ。
image01

ハイエンドモデルで最上級の乗り心地を

本格的なレースにも耐えうる車体 – SUPERSIX EVO

image02

アルミニウムの強いcannondaleですが、ハイエンドのカーボンも素晴らしいものが揃っています。

エアロダイナミクスを意識して作られたSUPERSIX EVOはスピードを出す楽しさをフルに味わうことができるモデル。カーボンになったことによって車重も軽くなり、急な坂でもグイグイ登っていけます。

(105 参考価格:税抜270,000円)
(ULTEGRA 参考価格:税抜320,000円)

ロードバイクで長い旅に出る – SYNAPSE CARBON

image03

振動を抑えるレベルは最高クラスのSYNAPSE CARBON。車体全体がカーボンであるため疲れにくく、石畳のような道でも安定したハンドル操作が可能です。

(参考価格:税抜320,000円)

まとめ

「初めてのロードバイク選びに」「20km~30kmのサイクリングに」「ハイエンドモデルで最上級の乗り心地を」の3カテゴリーで7台ご紹介しました。アルミバイクを選ぶならcannondaleがおすすめです!

予算と相談の上お気に入りの一台を決めていただきたいのですが、以下の記事に目を通しておけば更に選びやすくなりますよ!

ロードバイクに関する他の記事はこちらをご覧ください!

cannondale公式サイト

onzk

WRITTEN BYonzk

毎日往復50kmを通学する学生サイクリスト。ホームセンターに売られていたノーブランドのクロスバイクをドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。

他の記事も読む

関連記事