冬の自転車乗り用アンダーウェア「mont-bell(モンベル)」のインナーの特徴とおすすめポイント

こんにちはサイクルメカニックの石橋です。

スポーツや競技によって適したウェアがあるように、自転車にもサイクルウェアという自転車に特化したウェアが存在するのはご存知だと思います。

サイクルウェアと言われてまず思い浮かぶのが、サイクルジャージやサイクルショーツ(ビブショーツ)、今の季節なら冬用のジャケットになるかと思います。

しかし、これらのサイクルウェアの性能を十分に発揮するためには、アンダーウェアという存在が重要になってきます。アンダーウェアは主に上半身に着用するためのものですが、直接肌に触れるウェアのため、運動したときに発散される汗を快適に処理する機能が求められます。

また、秋や冬のアンダーシャツは汗の処理能力に加え、体を冷やさないように保温性も兼ね備えたモデルも存在します。

今回はサイクリストに便利なアンダーウェアについて取り上げていきたいと思います。

サイクリストに便利なアンダーウェアを取り扱うメーカー

サイクルジャージ、ジャケット、サイクルショーツを製造しているメーカーは、たいていアンダーウェアも合わせて製造しています。ではここで、どのようなメーカーがサイクリストに便利なアンダーウェアを取り扱ってるのか簡単にご紹介します。

1.パールイズミ

日本を代表するサイクルウェアメーカー。機能性と価格のバランスが良く、スポーツ自転車のエントリーユーザーにも選びやすいメーカーです。本格的なトレーニング用やポタリング(自転車散歩)などのウェアまで幅広いラインナップも特徴です。アンダーウェアも着用季節によって様々な種類を用意しています。

2.ASSOS(アソス)

高機能を前面にうたったスイスのサイクルウェアブランドです。サイクルスポーツの本場ヨーロッパで培ったノウハウをもとに「スキンフォイル」と言われるアンダーウェアシリーズをリリースしています。

3.CRAFT(クラフト)

アンダーウェアを得意としているスウェーデンのメーカーです。自然環境が厳しい同国で開発されただけに、汗を吸収する速乾性と保温性が高く、自転車以外でも様々なアスリートが使用しています。

4.シマノ

自転車のギア、ブレーキ、ホイール等を作っている総合パーツメーカーのシマノもアンダーシャツを製造しています。シマノのサイクルウェアは日本人の体形に合ったサイズ構成のため選びやすいのが特徴です。

5.GORE BIKE WEAR(ゴアバイクウェア)

防水透湿性素材で有名なゴアテックスを開発したW. L. Gore & Associates社によって生まれたドイツの総合サイクルウェアブランドです。アンダーシャツのラインナップも多く、ゴアテックス譲りの高い機能性はヨーロッパで非常にファンが多いと言われています。

6.mont-bell(モンベル)

モンベルは日本の総合アウトドアアパレルメーカー。サイクルウェア製造にも積極的で、アンダーシャツも機能性が高く、様々なスポーツに対応できるウェアとして人気が高いです。

アンダーシャツを製造、取り扱っているメーカーは他にもまだまだ存在しますが、今回は最後にご紹介したmont-bell(モンベル)のアンダーシャツを詳しく見ていきたいと思います。

日本を代表するアウトドア総合メーカー【mont-bell】

改めてmont-bell(モンベル)というメーカーを詳しく説明すると、大阪市に本社を置き、登山、スノースポーツ、ウォータースポーツ、サイクリングなどのウェア、用品を製造、販売を行う日本を代表するアウトドア総合メーカーです。

創業は1975年で登山家でモンベル現会長の辰野勇氏が世界で愛される登山用具やアウトドアグッズの開発を目ざして設立しました。氏は現在でも登頂が非常に困難と言われる、アルプスのアイガー北壁を当時の世界最年少で登頂した記録を持ちます。

モンベルは、全国各地に「モンベルクラブショップ」を展開し、都市部だけではなく登山やアウトドアアクティビティの玄関口にも出店しています。これはユーザーにとってモンベル製品に触れる機会が多くなるので非常に喜ばしいことです。

では、今回のメインテーマであるアンダーシャツにモンベルはどのような特徴を持ったモデルを開発しているのでしょうか。秋冬に対応する長袖のアンダーシャツを中心にご紹介します。

No.1の発熱量 スーパーメリノウール

秋冬に着用するアンダーシャツに重要な要素は発熱量と保温性です。モンベルには非常にたくさんのアンダーシャツのラインナップがありますが、中でも一番の発熱量を誇るのがスーパーメリノウールアンダーシャツです。メリノウールとはメリノ種と呼ばれる羊からとれる最高級品質のウールです。

繊維には汗などの水蒸気を吸収することで、熱を発生させる吸湿発熱と呼ばれる性質があります。しかし、吸湿発熱は一時的な性質のため、運動をやめてしまうと保温効果がなく、「汗冷え」につながっていきます。

特に秋冬は、運動中の体熱と気温との差が大きいので、汗冷えは体調不良を招いてしまう可能性があります。その点、スーパーメリノウールアンダーシャツは他のどんな発熱素材と比較してもさらに上の発熱量を誇るため、気温が低い季節には非常に有効です。

暖かさが持続する

スーパーメリノウールは発熱量に加え、保温性(暖かさを持続)も持った素材です。スーパーメリノウールは自らが発生させた熱を、繊維表面にある「スケール」と言われるうろこ状組織に包み込み、暖かさを持続させることができます。さらに、その熱を緩やかに放出するので、汗冷えなどの不快感から体を守ってくれます。

また、スーパーメリノウールには産出量の非常に少ない繊度18.5ミクロンの「マルチクリンプウール」を使用。繊維のクリンプ(縮れ)が非常に大きいため、ストレッチ性に優れ、生地に編んだ際にはデッドエア(断熱材としての動かない空気)を多く含むので抜群の暖かさを生み出します。

また、太さが均一なため繊維が切れにくく、繊維長が通常のメリノウールに比べて15%長いことで、チクチク感の少ない心地よい肌触りが特徴です。

行動時の快適性を実現

スーパーメリノウールには湿気は吸収するものの、水分ははじくという特性があるため、水溶性の汚れがつきにくく、防臭効果にも優れています。

また、ウールはもともと帯電しにくい繊維ですが、スーパーメリノウール・アンダーシャツには、生地の縫い合わせ部分の糸に自然放電するカーボン繊維を使用して、より静電気を起こりにくくしています。家庭用の洗濯機で洗うことができます(中性洗剤を使用)。

それではスーパーメリノウールアンダーシャツのモデルの一部をご紹介します。

スーパーメリノウールEXP. ラウンドネックシャツ Men’s
参考価格:税別7,500円

卓越した発熱量を誇るスーパーメリノウールに速乾性をプラスした、モンベル独自のアンダーウェアです。暖かい空気を保持するボックスコンストラクションを採用し、身体を包み込むような暖かさが持続します。

素材:スーパーメリノウール79%+ポリエステル18%+ナイロン2%+ポリウレタン1%
平均重量:195g
カラー:ブラック(BK)/ パプリカ(PAPRI)
サイズ:S (155~165cm)、M(165~175cm)、L(170~180cm)、XL(175~185cm)

スーパーメリノウールM.W.ラウンドネックシャツ Men’s
参考価格:税別5,048円

ウールの優れた保温性と伸縮性を兼ね備えた中厚手のアンダ ーウェアです。しなやかでチクチク感のない肌ざわり。汗の吸湿性に優れ、吸い取った汗を緩やかに放出するため汗冷えしません。冬期のあらゆるアクティビティや、日常の下着としても着られます。

素材:スーパーメリノウール100%
平均重量:185g
カラー:ブラック(BK)/ ライトパティ(LTPT)/ ネイビー(NV)
サイズ: S (155~165cm)、M(165~175cm)、L(170~180cm)、XL(175~185cm)

スーパーメリノウール M.W.ラウンドネックシャツ Women’s
参考価格:税別4,900円

程よい暖かさと優れたストレッチ性を備え、日常からスノースポーツまで活躍します。女性用のラウンドネックシャツは、襟回りを広くとっており、上からTシャツなどを着た際に見えにくくなっています。

素材:スーパーメリノウール100%
平均重量:131g
カラー:ブラック(BK)/ コーラルピンク(COPK)
サイズ:S(144~155cm)、M(150~160cm)、L(155~165cm)、XL(160~170cm)

驚異の吸水拡散性 ジオライン

スーパーメリノウールと並ぶ、高機能アンダーシャツがジオラインシリーズです。スーパーメリノウールに比べると、お手軽に購入できる価格帯ですが、モンベルがアンダーウェアのために糸一本から独自開発した高性能のポリエステル素材です。

遠赤効果により体を芯から温めながら、極細繊維で作る独自の構造により繊維間に空気を豊富に蓄えることで暖かさを持続。においの元を絶つ制菌・防臭効果や伸縮性、吸水速乾性にも大変優れ、快適な着心地を実現しています。

繊維1本1本の親水加工により、体から出た汗を素早く吸い上げ、生地全体に拡散・乾燥させます。しかもジオラインの乾燥時間は約30分(※10×10cmの生地に一定量の水を垂らして吊干しし、生地に残っている水分の割合が10%以下になるまでの時間を計測)。この驚異的な速乾性により、汗冷えから体を守る効果があり、さらさらとした着心地が持続します。

行動時のストレスを最小限に

スーパーメリノウールと同様にジオラインも着用時の快適性が高いアンダーシャツです。繊維に銀イオンを練り込み、においの元であるバクテリアを減少させ、防臭効果を実現しています。またその効果は半永久的に持続します。

圧倒的なストレッチ(伸縮)性を実現したモンベル独自の糸構造により、動きやすさに貢献。生地の縫い合わせ部分の糸に自然放電するカーボン繊維を使用して、より静電気を起こりにくくしています。

それではジオラインアンダーシャツのモデルの一部をご紹介します。



モンベル ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Men’s をAmazonで見る
参考価格:税別3,239円

厳寒地での着用を前提に保温性を重視。放射熱で身体を芯から暖めるとともに、三層構造のふっくらとした空気層が暖かさを逃がしません。厚手ながら、軽量でストレッチ性に優れるため、重ね着しても軽快です。

素材:ジオライン(ポリエステル100%)
平均重量:224g
カラー:ブラック(BK)/ インディゴ(IND)
サイズ:S (155~165cm)、M(165~175cm)、L(170~180cm)、XL(175~185cm)

ジオライン M.W.ラウンドネックシャツ Men’s
参考価格:税別4,381円

生地内に多くの空気を蓄えるため、高い保温力を持ち、素早く汗を吸水拡散して、素肌を常に乾いた状態に保ちます。ツアースキーや登山など、行動と休憩を繰り返すアクティビティに最適。一年を通して活躍します。

素材:ジオライン(ポリエステル100%)
平均重量:144g
カラー:ブラック(BK)/ インディゴ(IND)/ ライトシルバー(LTSV)
サイズ:S (155~165cm)、M(165~175cm)、L(170~180cm)、XL(175~185cm)

ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Women’s
参考価格:税別4,200円

適度な保温力を持ち、素早く汗を吸水拡散して素肌を常に乾いた状態に保ちます。登山やツアースキーなど、行動と休憩を繰り返すアクティビティに最適。一年を通して活躍します。女性用のラウンドネックシャツは、襟回りを広くとっており、上からTシャツなどを着た際に見えにくくなっています。

素材:ジオライン(ポリエステル100%)
平均重量:117g
カラー:ブラック(BK)/ コーラルピンク(COPK)/ ペールラベンダー(PLLV)
サイズ:S(144~155cm)、M(150~160cm)、L(155~165cm)、XL(160~170cm)

まとめ

今回は自転車向けのアンダーウェアの中から、モンベルのスーパーメリノウールとジオラインの2つのアンダーシャツを詳しく見てきました。

両者ともに高い発熱性、保温性、速乾性を誇るアンダーシャツなので、どちらを選ぼうか迷ってしまいそうですが、より暖かさを優先したいのであれば、No.1の発熱量を誇るスーパーメリノウール。

激しい運動で汗を多量にかくことを想定するのならば、30分で乾燥(注)する驚異の速乾性を誇るジオライン。という様にそれぞれの長所をチェックした上で、自分が想定する使い方を思い描くと良いかもしれません。(注)10×10cmの生地に一定量の水を垂らして吊干しし、生地に残っている水分の割合が10%以下になるまでの時間を計測。

また両社とも高い機能性を誇りますが、ジオラインの方がお手軽に購入できるという点もメリットではないでしょうか。

サイクルウェアを選ぶ時は、サイクルジャージやショーツだけでなく、自転車向けの機能性が高いアンダーウェアにも注目することで、快適なサイクリングを楽しむことができますよ。

LINK:mont-bell(モンベル)

VIKING the MAINTENANCE

WRITTEN BYVIKING the MAINTENANCE

都内のプロショップに10年間在籍後、2015年VIKING the MAINTENANCE を設立。東京・西新宿を拠点にスポーク自転車の組付け、カスタマイズ、メンテナンスを軸に展開中。年2回富士山麓でサイクルイベントも企画中。 http://www.viking-the-maintenance.com/

他の記事も読む

関連記事