スペシャライズドのロードバイクAllez(アレー)全7シリーズを徹底解説

自転車用パーツの小売店として創業したアメリカのスペシャライズド。今はトッププロチームにバイクを供給する世界有数のブランドとして知られている。そのブランドが最初に手がけたロードバイクが「Allez(アレー)」。現在もその名を冠したラインナップが出揃っており、アルミニウム素材の可能性を引き出すバイク作りが続いている。

タフに扱えるアルミフレームの自転車

扱いやすさから、エントリーモデルに使われることが多いアルミニウム。カーボン全盛の時代にもかかわらず、あえてアルミモデルを選ぶライダーも多い。重量はカーボン製に負けるが、漕ぎ出しのダイレクトな反応や安定したライド感がその理由だ。なおかつ安価でカーボンバイクに比べてコストパフォーマンスが高い。

また、耐久性に定評あるアルミバイク。繊細なカーボンバイクと異なり、ちょっとした転倒などにも強さをみせる。なにかとトラブルが多い初心者にとっては、安心で快適に走ることができるアルミ製がおすすめ。カーボンほどのしなりはないが、剛性が高く長く乗ることができるのがアルミバイクの特徴だ。通勤や通学などの足替わりにも最適で、ヘヴィな乗り方をしてもヘコたれないのが魅力である。

アレーシリーズの魅力

スペシャライズドの「アレー」は、そうしたことを考慮して最も乗りやすいバイク・シリーズのひとつだ。超高剛性のレース用バイクから、ロード入門用としてうってつけな高性能オールラウンド・バイクまで7機種あり、キャリアや目的によってあなたに最適な一台を選び出すことが可能だ。

同社のエンジニア陣は数十年もの長きに渡ってアルミ素材を扱っており、革新的な溶接方法やハイドロフォーミング技術を開発してきた。その経験からバイクの反応性と快適性、またハンドリング特性の理想的なバランスを生み出すことに成功している。

アレーのラインナップを全て紹介

Allez DSW SL Sprint Comp

(出典:スペシャライズド

では、アレーのモデルをひとつひとつ紹介して行こう。挙げていくと、まずシリーズ最高峰の「Allez DSW SL Sprint Comp(アレー DWS SL スプリント コンプ)」。スプリント、ヒルクライム、下りのコーナーリングに長けたオールラウンドなハイグレード・モデルだ。とは言え価格は控えめな150,000円で、懐にも優しい。

クランク:Praxis Alba 2D
フロントディレーラー:Shimano 105, braze-on
リアディレーラー:Shimano 105, 11-speed
カセットスプロケット:Shimano 105, 11-speed, 11-28t
ホイール:Axis Elite, QR
カラー:MOTO ORANGE / SATIN BLACK

Allez DSW SL Sprint Elite

(出典:スペシャライズド

次は「Allez DSW SL Sprint Elite(アレー DSW SL スプリント エリート)」。高剛性のアルミ合金構造とカーボンフォークが優しい乗り心地を生み、コンポーネントにシマノ・ティアグラを搭載。140,000円という価格以上のライド・フィーリングを得ることができるだろう。

クランク:Praxis Alba 2D
フロントディレーラー:Shimano Tiagra, braze-on
リアディレーラー:Shimano Tiagra 4700, 10-speed
カセットスプロケット:Shimano Tiagra, 10-speed, 12-28t
ホイール:Axis Sport (前後)
カラー:GLOSS METALLIC WHITE

世界王者記念モデル Allez E5 Elite-Sagan World Champion Edition

(出典:スペシャライズド

続いて「Allez E5 Elite-Sagan World Champion Edition(アレー E5 エリート ワールドチャンピオン・エディション)」。スペシャライズドのバイクに乗るプロレーサー、ペテル・サガンの世界選手権2連覇を記念してリリースされたスペシャル・エディションだ。世界王者を意味するアルカンシェル・カラーの一台で、価格は136,000円。

クランク:Praxis Alba 2D
フロントディレーラー:Shimano Tiagra, braze-on
リアディレーラー:Shimano Tiagra 4700, 10-speed
カセットスプロケット:Shimano Tiagra, 10-speed, 12-28t
ホイール:Axis Sport
カラー:GLOSS SAGAN WC REPLICA

Allez E5 Elite

(出典:スペシャライズド

そして「Allez E5 Elite(アレー E5 エリート)」。シリーズのミドルクラスだが、ペダルを漕ぐ力を最大限引き出させるよう、軽量で超高剛性のE5高品質アルミ合金を使用している。平地から登り下りでも抜群のパフォーマンスを引き出すようになっている。価格は126,000円。

クランク:Praxis Alba
フロントディレーラー:Shimano Tiagra, clamp-on
リアディレーラー:Shimano Tiagra 4700, 10-speed
カセットスプロケット:Shimano Tiagra, 10-speed, 12-28t
ホイール:Axis Sport
カラー:SATIN INK/GLOSS METALLIC WHITE

Allez E5 Sport

(出典:スペシャライズド

また「Allez E5 Sport(アレー E5 スポーツ)」は、ライダーのレース能力を一段上のレベルに引き上げるバイクである。滑らかな溶接で組み立てられたフレームに、信頼性の高いコンポーネントのシマノ・ソラを搭載。価格は100,000円で、この価格帯としては破格の性能を実現している。

クランク:Shimano Sora, 50/34T
フロントディレーラー:Shimano Sora
リアディレーラー:Shimano Sora
カセットスプロケット:Sunrace, 9-speed, 11-32t
ホイール:AXIS Classic
カラー:GLOSS BLUE / GLOSS METALLIC WHT / SATIN BLACK

Allez E5


さらに「Allez E5(アレー E5)」は、コンポーネントにシマノ・クラリスを採用。安心感のあるハンドリングと、レースバイクならではのロケットのようなスピード感をあわせ持ち、多用途に使えるように作られている。価格は84,000円。

クランク:Shimano Claris, 50/34T
フロントディレーラー:Shimano Claris 2400
リアディレーラー:Shimano Claris 2400
カセットスプロケット:Sunrace, 8-speed, 11-32t
ホイール:AXIS Classic
カラー:GLOSS MONSTER GREEN / GLOSS TARMAC BLACK

未来の世界王者にはAllez Jr.を

(出典:スペシャライズド

最後の「Allez Jr.(アレー ジュニア)」は、名の通りジュニア向けの一台。650cタイヤ専用に設計されたフレームと信頼性の高いコンポーネントを持ち、若きライダーがロードに挑戦するために必要な性能をすべて備えている。価格は90,000円。

クランク:Forged alloy, 9-speed, square taper spindle
フロントディレーラー:Shimano Claris 2400
リアディレーラー:Shimano Claris 2400
カセットスプロケット:Sunrace, 8-speed, 11-32t
ホイール:AXIS Classic 650(650c)
カラー:GLOSSRED

紹介してきたアレーを総括すると

以上が「アレー」シリーズのすべてだ。いずれも緩やかな流線形を描くトップチューブを持つので、そのスタイリッシュなデザインに魅了される方も多いだろう。高い技術による性能もさることながら、そうした「一目惚れ」もロードバイク選びに必要な要素。自分が乗ることをイメージして、見た目を気にするのも大事だ。その点「アレー」は、初めてのロードバイクに適しているに間違いない。

アルミモデルは決して時代遅れではなく、いま現在もカーボンと遜色なく乗りこなせるバイクである。そうしたことを気づかせてくれるのが「アレー」だ。その能力は無限大。きっとあなたの満足がいく走りを実現してくれるだろう。

増渕俊之

WRITTEN BY増渕俊之

出版社勤務を経て、フリーランスの編集/ライター。編著に『これがデザイナーの道』『自転車ファンのためのiPhoneアプリガイド』『岡崎京子の仕事集』がある。現在、編集を手がけた岡崎京子の単行本『レアリティーズ』が発売中。

他の記事も読む

関連記事