Wiggleで買えるコスパの良いバイクブランドEastway(イーストウェイ)まとめ

スポーツ自転車もインターネットで購入できる時代になり、ショップで購入するよりも価格が安かったり、あまり人が乗っていないモデルを手に入れられるなどネット購入を選ぶユーザーが増え始めています。

インターネットで購入できるたくさんのメーカーの中から、今回はコストパフォーマンスが高い英国ブランド、「Eastway」を紹介します。

Eastwayは主に英国の自転車通販サイト「Wiggle」にて販売されているスポーツ自転車ブランド。ブランド名はかつてロンドンに実在した自転車競技場の「イーストウェイ・サイクル・サーキット」が由来となっています。

またイーストウェイ・サイクル・サーキットの跡地は「リー・バレー・ヴェロパーク」という名で新たな自転車競技施設に生まれ変わり、2012年のロンドンオリンピックの会場にもなりました。

ではEastwayはどんなラインナップをそろえているのかご紹介していきましょう。

Emitter R1(Ultegra Di2)

Emitter R1

Emitter R1(エミッタ R1)は、レースでのスピードを追求して設計されたモデルで、Eastway Emitterシリーズの主力商品です。 フレーム素材はカーボンで、他社でも上位グレードに採用される事が多いT700カーボンを使用。T700を採用することでフレームの剛性(硬さ)が向上し、ハンドリング性能が高まり推進力にもつながります。

コンポーネントは電動式のアルテグラDi2を採用し、ホイールは平坦も登りもオールラウンドな使い方ができるMAVICのキシリウムを搭載。ハンドルやステムはアメリカンブランドのRitcheyを採用するなど妥協がないパーツ構成で40万円台は必見です。

完成車重量:7.37kg(サイズ54)

Emitter R4

Emitter R4

Emitter R4

Emitter R4(エミッタ R4)は、快適さと機能性をバランス良く両立させた、エントリーユーザー向けのカーボンロードバイクです。お手ごろ価格にもかかわらず、レースやロングライドにもしっかり対応できる機能的な1台です。

メインコンポーネントは初めてのロードバイクに使用することも多いシマノのティアグラ。ホイールもMAVICのエントリーグレードであるアクシウムが採用されており最初の1台にふさわしいパーツ構成です。ホワイトベースのフレームカラーにオレンジとブルーの差し色はどこか懐かしさを感じるカラーリングです。

完成車重量:8.45kg(サイズ54)

Zener D2

Zener D2

Zener D2(ツェナー D2)はハンドルポジションを高めに設定し、長時間ライドで溜まった疲労感の軽減を狙ったロングライドに適したフルカーボンフレームです。

タイヤは一般的なロードバイクと比べて一回り太めの700×28cタイヤを採用しクッション性を確保。油圧式ディスクブレーキにすることで路面状況にかかわらず安定的な制動力を確保しています。そのため重量が多少デメリットですが、路面からの衝撃を抑えた乗り心地の良さが魅力の1台です。

完成車重量:9.1kg(サイズ54)

Balun C2

Balun C2

Balun C2

Balun C2(バラン C2)はシクロクロスに挑戦するのにぴったりなお手頃価格の完成車です。アルミ素材を使ったフレームにメインコンポーネントはシマノのティアグラです。もちろんシクロクロスだけではなく林道や田舎道も楽しくライドできるモデルです。

Flyback H2

Flyback H2

Eastwayで唯一のクロスバイクがFlyback H2(フライバック H2)です。アルミフレームですが、ロードバイクのZenerシリーズと同じ寸法でデザインされたフレームは、フラットハンドル仕様ですが長距離も走れる万能型クロスバイクです。

完成車重量:9.8kg

Esaki T1

Esaki T1

Eastwayはシングルスピードバイクもラインナップしています。Esaki T1(エサキ T1)はシンプルでありながらちょい悪なイメージを感じるデザインは、ギアの力を借りず、己の足で街中を走破したい方にぴったりです。

※画像にはブレーキがありませんが、製品は前後ブレーキ搭載です。

重量: 7.8kg (56cm の場合)

メーカー保証も付属

Eastwayのすべてのラインナップにはメーカー保証も付属されています。フレームは5年間、パーツに関しては1年間の保証付きです。保証制度に関しては、販売サイトやメーカーサイトで詳しく確認しておくと良いでしょう。

購入後の修理・メンテナンスは?

Eastwayの自転車は、しっかり整備、点検されて届きますが、自転車は定期的なメンテナンスは不可欠です。しかし、Eastwayは日本国内のショップでは基本的に販売されていないため、その後の修理・メンテナンスをどこへ頼めばよいか不安に思われるかもしれません。

以下、Eastwayの購入を検討している方へ、Eastway含めインターネットで購入したスポーツ自転車を修理・メンテナンスを行っているショップをご紹介します。購入後の安心してお願いできるショップがあれば、よりインターネット購入しやすくなるのは間違いありませんね。

・Viking The Maintenance(バイキング・ザ・メンテナンス)
LINK:公式HP

まとめ

以上、海外通販サイト「Wiggle」で購入できる自転車ブランドEastwayの紹介でした。まだラインナップは豊富というわけではありませんが、カーボンフレーム完成車で7kg台のハイエンドモデルもリリースするなど技術力を持ったメーカーなので今後の成長が楽しみでもあります。

また、インターネットで直販することで今後さらにユーザーが増える期待感もあります。購入後のメンテナンスを行ってくれるショップもいくつかあるので、安心して使い続けることができるでしょう。

WRITTEN BYVIKING the MAINTENANCE

都内のプロショップに10年間在籍後、2015年VIKING the MAINTENANCE を設立。東京・西新宿を拠点にスポーク自転車の組付け、カスタマイズ、メンテナンスを軸に展開中。年2回富士山麓でサイクルイベントも企画中。 http://www.viking-the-maintenance.com/

他の記事も読む

関連記事