昨今、自転車と言えばロードバイクやクロスバイクに注目が集まりがちだが、マウンテンバイク(以下MTB)も根強い人気を維持している。

街乗りに使用する人もいるが、本来の目的である山道を走ったり下ったり、あえて悪路を進むようなタフな乗り方が一番。季節もアウトドア・スポーツに適してきた。

以下に挙げたMTBの2017年モデルを参考にして、クロスカントリーやダウンヒルに挑戦してみてはいかがだろうか?

MTB(マウンテンバイク)2017年モデル


Cannondale(キャノンデール) – TRAIL 6




(出典:Cannondale


XCレースへの挑戦から本格的なトレイル・ライディングまで対応する、コストパフォーマンスの高いエントリーモデル。独自の扁平にシェイプされたシートステーとチェーンステーが、驚くほどの振動吸収性を発揮する。油圧ディスクブレーキ、キャノンデールCシリーズのステム&ハンドルバーなど、パーツアッセンブルも隙がない。

サスペンション:100mmトラベル(フロント)
ギヤクランク:シマノ M171
フロントディレーラー:シマノ M190
リアディレーラー:シマノ Acera
リム:Alex DC 5.0
サイズ:XS、SM、MD、LG、XL
カラー:グリーン
価格:70,000円
LINK:Cannondale(キャノンデール)

MERIDA(メリダ) – BIG.TRAIL 800




(出典:MERIDA


楽しさが開発の最優先項目。2.8インチ幅のタイヤと27.5インチのホイールを組み合わせた「650b+」という新しいカテゴリーのハードテイル・バイクだ。トレイルのラインを選ばない走破性は、ベテランにはMTBの楽しさの再発見をもたらし、ビギナーにも安全で楽しい走りを提供する。

サスペンション:130mmトラベル(フロント)
ギヤクランク:シマノSLX 30 boost
フロントディレーラー:N.A.
リアディレーラー:シマノSLX Shadow
ホイール:MERIDA Expert TP
サイズ:38、43cm
カラー:ブラック×レッド
価格:249,000円(税抜)
LINK:MERIDA(メリダ)

TREK(トレック) – SUPERFLY 7




(出典:TREK


スピードを追求した軽量フレームの29erハードテイル車。低いポジション、短いチェーンステーが特徴だ。また、フレームサイズに合わせたホイールサイズを採用。反応の良さとコントロール性能を高い次元で両立している。先進的なジオメトリーと独自オフセットのフォークは、低速時の正確なハンドリングと高速時の安定性をもたらしている。

サスペンション: 100mmトラベル(フロント)
ギヤクランク:シマノ Deore XT
フロントディレーラー:シマノ SLX
リアディレーラー:シマノ Deore XT
ホイール:Bontrager Mustang Elite
サイズ:10.5”、17.5”、18.5”、19.5”、21.5”
カラー:Matte Viper Red
価格:245,000円(税込)
LINK:TREK(トレック)

SPECIALIZED(スペシャライズド) – EPIC HARDTAIL




(出典:SPECIALIZED


軽量で高剛性なM5アルミフレーム製。クロスカントリーで転倒を恐れず、ガシガシ乗れるタフな仕様となっている。タイヤは走破性の高い29インチ。フロントフォークにはロックショック REBA RLが使われている。ジオメトリー、パーツ・アッセンブルともにレースに必要なスピードと安定性を実現。

サスペンション:80/95mmトラベル(フロント)
ギヤクランク:RaceFace Aeffect
フロントディレーラー:シマノ SLX 7025
リアディレーラー:シマノ Deore XT M8000
リム:スペシャライズド Stout
サイズ:S、M、L
カラー:グロスブラック×ホワイト×レッド/グロスモンスターグリーン×ブラック
価格:199,800円(税込)
LINK:SPECIALIZED(スペシャライズド)

KONA(コナ) – WO(ウォー)




(出典:KONA


26×4.8インチの超極太タイヤを履くファットバイク。砂地や泥道、落ち葉の多い道や雪道など、いままでのMTBでは考えられなかった、歩くのすら困難なシーンでも突き進める新ジャンルだ。フロント・サスペンションはついてないが、ファットタイヤが異次元のクッション性を可能としてくれる。

サスペンション:なし
ギヤクランク:RaceFace Affect SL
フロントディレーラー:N.A.
リアディレーラー:スラム NX
リム:Sun Ringle MuleFut
サイズ:S、M、L
カラー:グロスグリーン
価格:184,000円(税抜)
LINK:KONA

SCOTT(スコット) – SCALE 720




(出典:SCOTT


新たに27.5インチ・ホイールを採用した、カーボン製ハードテイル・レーシングバイク。驚異的な加速性能と、進化したショック・ダンピング・システムによる高いトランクション性を実現。SDS2テクノロジーにより、乗車時とダンシング時の両方で剛性を犠牲にすることなく快適性を獲得している。

サスペンション:100mmトラベル(フロント)
ギヤクランク:シマノ SLX
フロントディレーラー:シマノ SLX 7025
リアディレーラー:シマノ XT
リム:Syncros XR2.5
サイズ:S、M、L
カラー:ブラック×ホワイト×レッド
価格:388,000円(税抜)
LINK:SCOTT(スコット)

GT – ZASKAR CARBON COMP




(出典:GT


ロードバイクやクロスバイクでも定評があるが、GTと言えばMTB。本機はクロスカントリー向けで、手頃な価格で買いやすいカーボンモデルだ。独自の構造である「トリプルトライアングルフレーム」を採用し、しなやかで軽快な乗り心地を提供。路面追従性に優れ、ペダリング伝達のロスを抑制する。

サスペンション:100mmトラベル(フロント)
ギヤクランク:FSA Comet MegaExo MTB
フロントディレーラー:シマノ SLX
リアディレーラー:Deore SLX
リム:WTB ST i19 TCS 27.5”
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:ガン
価格:228,000円(税抜)
LINK:GT(ジーティー)

まとめると


以上、紹介したモデルの中にも登場したが、MTBのジャンルは29erから27.5インチ(650B)ホイールの台頭、ファットバイクの登場など、新しいトレンドを迎えている。とは言え、29erのMTBが霞むわけではなく、ライダーが一番乗りやすいサイズを選ぶのがいい。頭を悩ます人もいるだろうが、走るのは自分の身体とハートなのだ。

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!