折りたたみ自転車とは何か


街中をポタリングするのに最適な折りたたみ自転車。軽量で軽快な走りができて、輪行や車載が簡単に行なえるのも楽しみのひとつだ。折りたたんでコンパクトに収納できるから部屋置きでもスペースをとらず、盗難の心配いらず。価格も廉価なものからロードバイクが買えるほどの高性能な折りたたみ自転車が揃っている

タイプとしては2種あるハンドルが近くて高く、前方の視界が広がり楽な姿勢がとれる街乗り用。しかし前傾がとれないので、登坂時にペダルを強く踏み込むことができないのが難点だ。一方、スポーツ用はハンドルとサドルに体重が分散され、ハンドルを引きつけながらペダルが踏める。長時間乗っても疲れない利点がある。

タイヤのサイズも様々だが、14インチ以下のものはリアディレイラーが地面に接触しやすいほど低くなるので、変速機なしか内装変速となる。運動性能も低いので、街乗りに限定されるだろう。16インチ以上なら外装変速機も取り付けられる。スポーツ走行ならば17〜20インチが理想的であろう

一般的なイメージとして小径車はスピードが出せないと思われがちだが、タイヤやホイール、クランク、変速機などのカスタマイズにより、速く走らせることも可能だ。豪脚の人の中には、ロードバイクを抜き去りカモることを趣味にしているものもいる。小径車と言えども、バカにできないポテンシャルを秘めているのだ。

今回は、そんな折りたたみ自転車の売れ筋を紹介しよう。

自転車のポテンシャルは高い

自転車のポテンシャルは高い



■DAHON(ダホン) – Mu Elite


人気があるダホンのフラッグシップ・モデル。メイン・コンポーネントにシマノ105を搭載し、フレーム性能を引き出すためのパーツを各所にアッセンブルしている。280mmハンドルポストとVROステムで構成されるステアリングの評価は高い。

  • タイヤサイズ:20インチ
  • カラー:リキッドブラック、レーシーレッド
  • 価格:290,000円(税別)

ダホン ミュ エリートをAmazonで見る

■BROMPTON(ブロンプトン) – M3L





上品で最もブロンプトンらしいMタイプハンドルを採用した3段変速モデル。ブロンプトンの定番商品として長らく愛されており、リラックスしたポジションが快適な走りを提供してくれる。

  • タイヤサイズ:16インチ
  • カラー:ブラック、レッド×ブラック、レッド、テンペストブルー、アイボリー、ライムグリーン、グレー、グリーン×ブラック、グリーン、ターキッシュグリーン、ベリークラッシュ、ラグーンブルー
  • 価格:180,000(税別)

■DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) – HakoVelo





コンパクトサイズな14インチ極小径自転車。付属品として専用収納ケースを標準装備しているので、輪行などで気軽に持ち運びすることが可能だ。折りたたみ時に前後輪が重なるように設計されたミニマルフォールディングデザインが秀逸。

  • タイヤサイズ:14インチ
  • カラー:ブラック、ホワイト
  • 価格:55,000円(税別)

ドッペルギャンガー ハコベロをAmazonで見る

■WACHSEN(ヴァクセン)- Angriff





マットブラックで仕上げられたアルミフレームを中心に、攻撃的なルックスと走りのための装備を搭載。小ぶりながら6段変速機付きで、スポーティーな乗り方も可能だ。前方にオフセットされた一体型ハンドルは、フレーム形状と連動して大柄な人でもゆとりあるポジションで乗車できる。

  • タイヤサイズ:20×1.75インチ
  • カラー:ブラック×レッド、ブラック×イエロー
  • 価格:25,125円(税別)

ヴァクセン ブラック×イエローをAmazonで見る
ヴァクセン ブラック×レッドをAmazonで見る

■STRiDA(ストライダ)- SX




イギリス製のストライダ。トライアングルフレームと呼ばれる独特な形状のフレームが特徴で、工具不要で簡単に折りたたむことが可能だ。ディスクブレーキを標準装備しているため、濡れた路面でも高い制動力を発揮する。また、チェーンはベルトドライブを採用。

  • タイヤサイズ:18×1.25インチ
  • カラー:マットブラック、ブロンズ
  • 価格:125,000円(税別)

ストライダSXをAmazonで見る

■BIRDY(バーディー) – Classic


birdyclassic_サンセットオレンジ メタリック

birdyclassic_サンセットオレンジ メタリック



birdyclassic_フォギーブルー メタリック

birdyclassic_フォギーブルー メタリック




ドイツ製のバーディー。8段変速の高い走行性能を持ち、折りたたみ自転車には珍しいフロントサスペンションを装備している。ハンドリングは非常に軽快で、キレのある乗り味を楽しめる。なお、1996年の誕生以来、多くのファンから愛されてきた「BD-1」は日本のみの呼称で、世界各国では「birdy」として販売されていた。

  • タイヤサイズ:18×1.5インチ
  • カラー:サンセットオレンジ メタリック、フォギーブルー メタリック、セミマットブラック メタリック、スコッチブライト
  • 価格:145,000円〜155,000円(税別)

■KHS(ケーエッチエス)-F-20G





ドロップハンドル仕様のツーリングタイプ。フレームにはレイノルド500クロモリを採用し、タフな走りにも対応できる。またソフトテール・システムはただのクッション機構ではなく、オイルやエアーを使用した高度なサスペンションと同じように、路面に対して常に車輪を押えつける。

  • タイヤサイズ:20×1.5インチ
  • カラー:アイボリー(Sサイズ)、ドゥーブルグリーン(Mサイズ)、フラットタイ(Mサイズ)
  • 価格:110,000円(税別)

■TERN(ターン) – Verge N8




ターンを代表するフレームシリーズ「ヴァージュ」のエントリーモデル。日本人の体格に合わせて作られており、新たにシンプルなグラフィックに生まれ変わった。より一層フレームの曲線美が強調されている。

  • タイヤサイズ:20×1.35インチ
  • カラー:マットシルバー×コバルト、グリーン×ホワイト、マットブラック×グレー、ブルー×ライトブルー
  • 価格:82,000円

ターン ヴァージュn8をAmazonで見る

どうだろう、折りたたみ自転車の世界は? ロードバイクに乗っている人のセカンドバイクとして考慮する人もいるだろう。通勤・通学に使うのか、街乗りしたいのか、それとも輪行して旅の足としたいのか……目的をはっきりさせて買うのが定石だ。あなたの希望に沿った一台を探してみよう!