2021年最新!DAHON(ダホン)ミニベロ・折りたたみ自転車おすすめ全15台

折りたたみ自転車・ミニベロのラインナップの豊富さで、他と一線を画すブランド「DAHON(ダホン)」。2021年モデルではドロップハンドルモデルが久々に登場。さらに今年はセミフォールディングモデルやクラシカルかつ実用的なミニベロまでニューフェイスも多く、目が離せない。

本記事では、初めての折りたたみ自転車としてもオススメなモデルをFRAME’s Choiceとしてピックアップ。ニューモデルを中心に、全モデルを一挙にご紹介しよう。

目次

世界最大の折りたたみ自転車ブランドDAHON(ダホン)

世界最大の折りたたみ自転車ブランドDAHON(ダホン)

DAHONは折りたたみ自転車の中でも最も長い歴史を持つブランドのひとつ。米カリフォルニアでレーザー工学の研究を行っていたデヴィッド・ホン博士が「エコな交通手段」を作れないかと志し、簡単に折りたためる自転車を考案したのがきっかけだ。

間もなく創業40周年を迎えようとしているDAHON。現在350もの特許を持ち、他メーカーの多くの自転車にライセンスを提供している。

走る。折りたたむ。保管や持ち運びに便利。こうしたプロセスは、すべてDAHONから始まったと言って過言ではない。

エントリーからハイエンドまで。最大の特徴は “ラインナップの広さ”

折りたたみ自転車の価格は一概にして高い。自転車として「走る・止まる」の基本性能に、折りたたみという機構を取り入れるわけだから当然と言えば当然だ。10万~20万台は当たり前、用意されるモデルも数台というのが折りたたみ自転車のベーシックなのである。
そんな中、DAHONは3万円台のエントリーモデルから20万円近い高級モデルまで幅広くラインナップを用意している。

ノンフォールディングを含めると全15種にも。ミニベロだけでここまでそろうメーカーは他に類をみない。

ミドルクラスのモデル価格はおよそ8万円。予算に応じてモデル選びができることは、DAHONの大きな魅力のひとつだろう。

▶「小径車は走れない」は誤解?ギア比をイラストでイメージしてみよう。

基本の折りたたみ構造「DFS」

セミフォールディングや、ノンフォールディングモデルもラインナップするが、DAHONは折りたたみ自転車がメイン。現行モデルの折りたたみ機構は2パターンあり、メインで使われるものが「DFS」、Dahon Folding Systemだ。

DFS:Dahon Folding System

3ステップで簡単に、わずか10秒で折りたたむことができる。

DFS:Dahon Folding System
DFS:Dahon Folding System
  1. シートポストを下ろす。
  2. ハンドルを折りたたむ。
  3. ヒンジを開いてフレームを横に折りたたむ。

動画はこちらから

DFSに加えて、アーレンキーを使っておりたたむ「Lock Jaw Folding」がある。

動画はこちらから

2021年モデルではSpeedシリーズにドロップハンドルモデルが登場!

どちらもニューモデル、左が「Speed RB」、右が「D-Zero」。
どちらもニューモデル。(左)Speed RB、(右)D-Zero。

いくつかニュースはあるが、ひときわ目立つのはやはり「Speed RB」。DFS機構を持つ折りたたみ自転車で、ドロップハンドルモデルだ。

Speed RB

変速系統のパーツはシマノ・ティアグラで、ディスクブレーキ搭載。クロモリフレームのしなりと、20インチホイールでもETRO規格451サイズと、スポーティな走行性能を楽しめる。

Speed RBは "クロモリミニベロロード"
Speed RBは “クロモリミニベロロード”

またセミフォールディングタイプや、折りたたみ機構を持たないミニベロも登場。

セミフォールディングの「D-Zero」は、創業当初にリリースされていた初期モデルがベースになっている。通称 “OLD DAHON” と聞けば、往年のファンは思わず食指が動いてしまうのでは。

ハンドルポストのみ折りたためるセミフォールディング機構
クロームとレッドの2色で展開されるセミフォールディングの「D-Zero」

こちらもニューモデルのMakoとCalmは、ノンフォールディングモデル。ドロップハンドルのMakoと、フラットバーハンドルのCalmが用意された形だ。

Dashシリーズの原型でもある「Mako」。オールドスタイルの中に、ディスクブレーキなど現代の要素をMIX。
Dashシリーズの原型でもある「Mako」。オールドスタイルの中に、ディスクブレーキなど現代の要素をMIX。

ワイズロードで完成車を見る

シルバーパーツがクラシカルな印象の「Calm」。キックスタンドにマットガード、カゴ台座など、より日常使いに適したモデル。

FRAME’s Choice is …

14~16~20インチ。折りたたみ自転車にセミフォールディング、ノンフォールディングミニベロまで。思わず目移りしてしまうラインナップだが、ここはやはり “高コスパ折りたたみ自転車” を選べるメリットを優先したい。

Speed Falco(スピード ファルコ)

Speed Falco(スピード ファルコ)

ミニベロでもスピード感のある走り、10万円以内、そして折りたたみ性能アリ。性能とコストのバランスの良さで、FRAME’s Choiceは「Speed Falco」に決まり。
Speed Falcoのホイールサイズは、ETRTO規格で451サイズ。同じ20インチの中でもひとまわり大きいホイールで、スポーツサイクルらしい走行感を得られる。

4色のカラーバリエーションから選べるのもポイント
4色のカラーバリエーションから選べるのもポイント

写真をよく見てみると、トップチューブ部分とBBがケーブルでつながれていることがわかる。これはフレームにトライアングルを形成し、ヒンジ部分を中心にフレームへの負荷を軽減させて、強度と耐久性を高める効果がある。このK3とBoardwalk D7、そしてこのSpeed Falcoの3モデルで採用されるテクノロジーだ。

しなやかなクロモリフレームと、フロント53Tという大きなチェーンリングとリア8速で、ちょっとした遠出も可能にしてくれる。もちろん折りたたみだから、輪行やクルマに積載からの旅先ポタリングもいい。”走れる折りたたみ自転車”として活動範囲をグンと広げてくれるだろう。
これだけのスペックを搭載した折りたたみ自転車で、83,000円(税別)という価格も魅力的。

2021年最新DAHONの折りたたみ自転車全15台

ここからは2021年モデルを価格の安い順から網羅して紹介していこう。

Route — ブランドのエッセンスが詰まったエントリー車

Route

誰もがDAHONのエッセンスを感じられるように、上位機種にも使用されているテクノロジーを採用した20インチのエントリーバイク。シフターは直感的に扱いやすいグリップ式で、手のひらにフィットしやすいエルゴタイプを採用している。マッドガードが標準装備されており、濡れた路面での水の跳ね上がりを防止。通勤&通学など、デイリーユースには非常に便利だ。ヘッドチューブにはアクセサリー取り付け用の台座を装備。

Route

  • 価格:51,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 406)
  • 折りたたみ機構:DFS
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・ターニー
  • 折りたたみサイズ:W89 × H64 × D34
  • カラー:マットブラック、クラウドホワイト、ルビーレッド、コバルトブルー、ピュアシルバー、フォレストグリーン

Calm — タウンユースに便利なオシャレミニベロ

Calm

Calm、それは「穏やか」に乗りこなせるタウンユースに適したバイク。ミニベロはワンサイズ展開が多い中、身長に合わせて2サイズから選べる。
ヘッドチューブにはカゴやフロントラックが取り付けられる台座が用意されていたり、スタンドやマッドガードも標準装備。日常使いに便利でオシャレな1台。

  • 価格:59,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 406)
  • 折りたたみ機構:-
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:シマノ・ターニー
  • フレームサイズ:460、500
  • カラー:ドライオレンジ、ギャラクシーストーン、スティールブルー

Boardwalk D7 — カラーが豊富なヨーロピアンスタイル

Boardwalk D7

ワイズロードで完成車を見る

鮮やかなカラーリングが街並みに映える、クロモリ製のヨーロピアンスタイルバイク。シフターにはトリガー&ボタン式のシマノ・SL-T × 50を採用。分かりやすい操作方法と視認性の高いインジケーターにより利便性に優れている。こちらもマットガードにスタンド、ヘッドチューブにはバスケットやラックを取り付け用の台座を装備。

Boardwalk D7

  • 価格:62,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 406)
  • 折りたたみ機構:DFS
  • フレーム素材:クロモリ
  • コンポーネント:シマノ・ターニー
  • 折りたたみサイズ:W78 × H65 × D34
  • カラー:ヴェンテージブラック、シルキーベージュ、マットブルーグレー、ブリテッシュグリーン、ブリックブラウン

ワイズロードで完成車を見る

Dove Plus — 車体重量6kgの最軽量モデル

Dove Plus

ワイズロードで完成車を見る

シンプル・イズ・ベストな最軽量14インチコンパクトバイク。シングルスピードに割り切った仕様で、車体重量は6kg台の軽さ。折りたためばスーツケースサイズのコンパクトさで、一般的な20インチバイクの約60%となっている。従来のアルミポストに対して約160gの軽さとなるシートポストを装備。またヒンジ接合部に凹凸を施し、フレーム前後をホールドする形状により容易かつ強固に開閉することができる。

Dove Plus

  • 価格:73,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:14インチ
  • 折りたたみ機構:DFS
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:-
  • 折りたたみサイズ:W62 × H56 × D30
  • カラー:ポリッシュ、アイビー

ワイズロードで完成車を見る

D-Zero — クラシカルな16インチ・セミフォールディングバイク

DAHONが創業当初にリリースしていた初期モデルがベースとなっている。ハンドルポストのみ折りたためるセミフォールディング仕様で、高さを抑えた収納が可能になる。
ハンドルは約10cmの幅で高さの調節が可能。家族間やパートナーと共用にするときにも重宝するだろう。
初期モデルを踏襲したフレームデザイン、シルバーで再現されたパーツ構成など、当時の雰囲気を残したクラシックスタイルが魅力。

D-Zero

  • 価格:73,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:16インチ
  • 折りたたみ機構:セミフォールディング
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:シマノ・ターニー
  • 折りたたみサイズ:W136 × H63 × D19
  • カラー:クローム、レッド

Speed Falco — 快適な速さを期待できるクロモリモデル

Speed Falco

FRAME’s Choiceでも紹介した、精悍なルックスのクロモリフレームモデル。20インチのETRTO451ホイールがもたらす快適かつ伸びのある走りは「Speed」の名に恥じない性能を発揮する。コンポーネントはスポーツバイクのデイリーユースに重要となる、耐久性とメンテナンス性を備えたシマノ・アルタス。フロントダブル化のためのFD台座とワイヤーガイドを装備、将来のカスタム可能な一台だ。スタンドつき。

  • 価格:83,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 451)
  • 折りたたみ機構:DFS
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:シマノ・アルタス
  • 折りたたみサイズ:W82 × H66 × D36
  • カラー:ピーナッツゴールド、ネオンホワイト、マットガンメタル、マットブラック

K3 — 軽量で心地良い操作感の14インチ車

K3

14インチ折りたたみ自転車の理想型。3段変速を装備しながらも本体重量7kg台を実現している。Speed Falcoと同様に、トップチューブとBBをケーブルで繋ぐことによりフレームにトライアングルを形成。軽量化が施された専用クランクが目を惹き、53Tのチェーンリングで14インチとは思えない満足感のある走りを叶えてくれる。また専用のオリジナルシフターとリヤディレーラーをアッセンブル。心地良い操作感で快適な走りをアシストする。

K3

  • 価格:85,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:14インチ
  • 折りたたみ機構:DFS
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:Dahon custom for 3 speed
  • 折りたたみサイズ:W65 × H59 × D28
  • カラー:ガンメタル × ブラック、レッド × マットブラック、ライム × ブラック

Horize Disc — 無骨なイメージを放つディスクブレーキ車

仕様、デザインともに他モデルとは一線を画したディスクブレーキモデル。20 × 1.95の極太タイヤが高いエアボリュームで、安定感と快適な走行感をもたらしてくれるアクティブバイクだ。存在感ある太めのホリゾンタルチューブは、ラインナップの中でも特に無骨なイメージを放つデザインである。このモデルもフロントダブル化のためにFD台座とワイヤーガイドを装備。用途に応じた好みのバイクにカスタム可能だ。

Horize Disc

  • 価格:93,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 406)
  • 折りたたみ機構:DFS
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・アルタス
  • 折りたたみサイズ:W85 × H68 × D43
  • カラー:スティールグレー、カーキ

DEFTAR — 軽量ホイール×クラリス搭載。カスタムベースにもオススメ

DEFTAR

20インチとして最軽量クラスのDAHON Proホイールを採用し、メインコンポーネントにロード用としてもお馴染みのシマノ・クラリスを搭載。走行性能が担保された1台だ。
軽量化が施されたLight Weightクランクに、53Tのチェーンリングを持つフロントシングル車だが、フロントダブル化にFD台座・ワイヤーガイドを装備。カスタムベースとしてもオススメできる。

  • 価格:98,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 406)
  • 折りたたみ機構:DFS
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・クラリス
  • 折りたたみサイズ:W78 × H65 × D35
  • カラー:ブラック、ディープレッド、アッシュブルー

Visc EVO — ティアグラ搭載の万能ミドルグレードモデル

Visc EVO

人気が高い20インチのオールラウンドバイク。ヒンジが二股に分かれたRe-Barテクノロジーにより高いフレーム剛性を確保し、ユーザーのハイレベルな要求にも応える存在だ。ホイールはもちろんETRTO規格451、コンポーネントはシマノ・ティアグラを搭載。20段変速を装備したモデルで、アップダウンへの対応や細かいギヤ比設定が可能となっており、一台であらゆる用途に活用できる。

Visc EVO

  • 価格:128,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 451)
  • 折りたたみ機構:DFS
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・ティアグラ
  • 折りたたみサイズ:W82 × H65 × D39
  • カラー:スカイグレー、マットブラック、マンゴーオレンジ

Dash Altena — クラシックスタイルのドロップハンドル車

Dash Altena

アーレンキーを使用するLock Jaw機構だからこそ実現したスマートなフォルムの20インチモデル。ドロップハンドル式のクラシカルなバイクだ。ホリゾンタルデザインと機能性を両立させ、ロングライドもこなす。何よりライフスタイルを彩る一台として最適なパートナーとなるだろう。コンポーネントはシマノ・クラリス。ポリッシュ加工が施された細身スタイルのクランクも輝かしい。その他のパーツもシルバーで統一され、往年の自転車テイストを放つフレームデザインを引き立たせてくれる。

Dash Altena

  • 価格:132,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 451)
  • 折りたたみ機構:Lock Jaw
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・クラリス
  • サイズ:M、L
  • 折りたたみサイズ:W92 × H89 × D36(M)、W93 × H91 × D37(L)
  • カラー:ブリティッシュグリーン(M)、ダークネイビー(L)

Clinch D10 — 内蔵アーレンキーでいつでもポジション調節可能

レバー機構を要さないスマートなフォルムを見せる、Lock Jawフレームの一台。ヒンジ断面部の凹凸により、チューブの接合面積が十分に確保されるため強い固定力を得ている。ステムはハンドル位置が調整可能。35mmの幅でポジションの変更を可能とし、ステム内には小型アーレンキーが内蔵されていつでも調整が行える。

Clinch D10

  • 価格:167,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 451)
  • 折りたたみ機構:Lock Jaw
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・ティアグラ
  • 折りたたみサイズ:W79 × H66 × D42
  • カラー:ガンメタル、ロイヤルパープル

Speed RB — クロモリミニベロロード

Speed RB

21年ニューモデルの注目株。FRAME’s Choiceでも紹介したクロモリフレームの定番「Speed Falco」をベースに、走行性能を向上させたハイグレードモデル。
フロントダブル(52/36T)とスプロケット(11-25T)の組み合わせに、変速まわりはシマノ・ティアグラで統一、ブレーキは機械式ディスクブレーキを搭載。
20インチの中でも大径となる451ホイールで、伸びのある走行性が得られるだろう。

  • 価格:179,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 451)
  • 折りたたみ機構:DFS
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:シマノ・ティアグラ
  • 折りたたみサイズ:W82 × H66 × D56
  • カラー:メタル

Mako — ハイグレード・ノンフォールディングバイク

Mako

ワイズロードで完成車を見る

2008年にリリースされた「Dashシリーズ」の原型となるモデル。往年モデルをベースとしつつ変速系統はシマノ・ティアグラ、ディスクブレーキを搭載。転がり性能の高いパナレーサーのMinits Liteタイヤが標準装備されている。
当時のデザインが踏襲されたフレームは、美しい曲線が特徴的。クラシックと現代要素がMIXされた個性的な1台に。

  • 価格:180,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 406)
  • 折りたたみ機構:-
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・ティアグラ
  • 折りたたみサイズ:-
  • カラー:アイスブルー

ワイズロードで完成車を見る

Mu SLX — シマノ・105搭載、走りも重量も秀でたハイエンドモデル

Mu SLX

20インチサイズ最軽量の8.6kgを誇るフラッグシップモデル。持ち運んで軽いのは当然、走行面でもその恩恵を受けることができる。軽量&高剛性のSLXフレームはアッセンブルパーツとのバランスを考慮して設計。フロントダブル化のためのFD台座とワイヤーガイドを装備し、用途に合わせて好みのバイクにカスタム可能な拡張性を持たせた仕様だ。メインコンポーネントはシマノ・105、また軽量化のためにKCNC Wingシートポスト、DAHON Proホイールを採用した贅沢な1台だ。

Mu SLX

  • 価格:197,000円(税抜)
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 406)
  • 折りたたみ機構:DFS
  • フレーム素材:アルミ
  • コンポーネント:シマノ・105
  • 折りたたみサイズ:W77 × H65 × D35
  • カラー:メタリックグレー、ドライレッド

DAHONインターナショナルもチェック

まとめ

折りたたみ自転車と言えば、誰もが最初にDAHONを思いつく。そんな名声がつくほど歴史と実績があり、ご覧のようにラインナップが豊富。高い走行性を誇り、折りたたみ機構も簡便で確実さがある。街乗りで活躍する他、モデルによってはロングライドもOK。そして、なんと言っても輪行して出先の足代わりに使って欲しい。折りたたみ自転車の醍醐味である。
あなたのフィールドを広げる自転車——それがDAHONだ。

Co-written with Toshiyuki Masubuchi

LINK:DAHON
Photos © AKIBO

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む