au損保が自転車用ヘルメットを大阪府に寄贈

au損保より自転車用ヘルメットを大阪府に寄贈!
~「大阪府自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」 (以下大阪府自転車条例)に基づく協定による寄贈~

au損害保険株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:遠藤隆興、以下au 損保)は、2017年7月7日(金)に、au損保より大阪府に対して自転車用ヘルメットを寄贈した。

2016年3月30日(水)に、大阪府、株式会社あさひ(代表取締役社長:下田佳史、以下あさひ)の3者で、「大阪府自転車条例」に基づく協定を締結し、大阪府自転車条例を広く周知するとともに、 ①自転車利用に関する安全確保(ヘルメット着用) ②自転車損害賠償保険への加入(自転車保険への加入義務)のために、株式会社あさひ社において、大阪府内の「サイクルベースあさひ店舗」で自転車を購入された方を対象に大阪府と連携して自転車安全利用の促進を行って来た。

なお、本寄贈は協定に基づき、あさひ・au損保共同開発商品であるあさひオリジナル自転車保険「サイクル パートナー」※の大阪府における保険料収益の一部を、府民の交通安全啓発活動のために活用したものである。
※「サイクルベースあさひ」店舗にて案内。寄付付きの保険であるが、保険料は従来の「サイクルパートナー」と同一。

大阪府都市整備部井出仁雄部長(左)au損害保険荒尾執行役員(右)

大阪府都市整備部井出仁雄部長(写真左)「自転車条例の加入義務化から約1 年が経過しま した。今後とも、au損保様をはじめ、事業連携協定を締結している企業とも連携しながら、自転車周知にあわせて、自転車保険の加入促進にも努めていきたいと考えています。」

au損害保険荒尾執行役員(写真右)「おかげさまで、昨年4 月に大阪府で最初にご採 用いただいた、自転車向け保険を通じたCSR活 動(各自治体の自転車の安全利用啓発活動やヘル メット着用普及などの為の寄付制度)は、その後、 東京都、埼玉県、新潟県と拡大しました。今後も 自転車向け保険を通じ更なる社会貢献を推進し てまいりたいと考えています。」

au 損保は今後も大阪府と連携して、両者で自転車向け保険の知識向上と加入促進に努めるとともに、条例の 周知や自転車の交通安全対策を推進し、府内の自転車利用者のルール・マナーの向上による自転車事故の削減に取組んで行く。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事