さまざまなベンチマークとなるモデルを送り出し、名実ともに自転車界の巨人としてそびえるGIANT。今回は2019年モデルの中から、従来モデルよりバージョンアップしたロードバイクをピックアップ。中でも注目は、独自開発のパワーメーター「POWER PRO」搭載モデルだ。その他もエアロダイナミクスを特徴としながら、ギリギリ手の届く価格設定はさすがGIANT。
GIANTのニューモデルは購買意欲をかき立てるものばかり。そんなバイクをここに紹介してみよう。

GIANT最新2019年ロードバイクはココがアツイ!


GIANT パワープロ パワーメーター
現在のロードバイクの注目スペックは、何と言ってもパワーメーターとディスクブレーキではないだろうか。
昨年、待望のディスクブレーキモデルが登場したPROPELシリーズは、エアロダイナミクスを強調しトレンドをしっかり押さえてきているし、主軸ともいえる正統派TCRにはパワーメーター搭載完成車で28万円という注目モデルも。カーボンフレーム全盛の中、軽量アルミフレームのTCR SLシリーズはコストパフォーマンス抜群、金属好きなライダーは思わず目が留まるに違いない。

GIANT初のパワーメーター「POWER PRO」の魅力が詰まった記事はこちらから
→「【2019年最新】パワーメーター搭載完成車で28万!?GIANT POWER PRO徹底解剖

2019年最新!おすすめモデル厳選7台


ここからは各シリーズごとに、2019年の注目モデルを厳選して紹介していく。シリーズの特徴とともに解説していくので、自分のライドスタイルにあったピッタリの1台を見つけてほしい。
(※TTバイクであるTRINITYシリーズは本稿では割愛)

PROPEL


GIANT PROPEL
圧倒的な空力性能と剛性に、ノーマルロード並の扱いやすさを兼備する究極のエアロロードシリーズ。2018年モデルからディスクブレーキ仕様が登場し、その開発時に培われたエアロダイナミクス性能を汎用性の高いリムブレーキモデルにも展開する。

PROPEL ADVANCED PRO 1


PROPEL ADVANCED PRO 1
昨年、上位グレードと同時にディスクブレーキ専用仕様が開発された「プロペル・アドバンスドプロ」。GIANT史上最高のエアロダイナミクスと妥協のない剛性設計を踏襲しながら、エアロシートピラーによる可用性をプラスしている。2019年モデルからリムブレーキ仕様もディスクブレーキ仕様と同型の新設計フレームに更新し、さらなるエアロ性能を獲得。

価格:400,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・アルテグラ
サイズ:465、500、520、545mm
カラー:ブラック

PROPEL ADVANCED 2


GIANT PROPEL ADVANCED 2
エアロ性能と素直な操作性を両立したことで定評のある「プロペル・アドバンスド」が新設計フレームを得て登場。回転性の良いエアロホイールとチューブレスレディタイヤを標準装備することで、クラス最高レベルの走行性能を獲得している。ロードレースや耐久レース、ロングライドはもちろん、ヒルクライムまで対応するオールマイティなバイクである。

価格:220,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・105
サイズ:465、500、520、545mm
カラー:カーボン

TCR


GIANT TCR
重量/剛性比を追求し、登坂から下り、平地まで、あらゆる状況下で走行性能の向上に成功したトータルレースバイクシリーズ。最上位グレードの「TCR ADVANCED SL 1」をはじめ、注目の「POWER PRO」搭載モデルなど隙のない展開だ。

TCR ADVANCED 1 SE


GIANT TCR ADVANCED 1 SE

上位グレードと同じ高剛性と軽量性を両立するカーボンフレームに、OVERDRIVEフォークで剛性を最適化。独自開発パワーメーター「POWER PRO」を搭載しながら廉価な価格設定は、パワーメーターを身近なものにする戦略的スペシャルモデルとして注目だ。

価格:280,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・アルテグラ
サイズ:425、445、470、500mm
カラー:カーボン

TCR SL 1


GIANT TCR SL 1

人気の「TCR」シリーズに軽量高剛性のALUXX SLアルミを採用した「TCR SL」が登場。上位グレードの遺伝子を受け継ぎ、レーシングジオメトリや快適性、空力性に優れるバリアントカーボンシートポストを採用している。チューブレスレディタイヤと対応ホイールが快適性をもたらし、レース志向のエントリーライダーにベストマッチする。

価格:150,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・105
サイズ:425、445、470、500mm
カラー:ブルー、チャコール

DEFY


GIANT DEFY 2019
28C対応の新型カーボンフレームとD-FUSEハンドルが高速巡航性能と快適性を両立。エンデュランスロードの最高峰シリーズが、2019年からフルモデルチェンジ。トップグレードの「DEFY ADVANCED PRO 0」を筆頭に、新時代のグランフォンドバイクとして送り出されているラインナップだ。

DEFY ADVANCED PRO 0


GIANT DEFY ADVANCED PRO 0 2019

モデルチェンジされた「ディファイ・アドバンスドプロ」。完成の域にあった先代フレームを32Cタイヤ対応にリファインしている。D型断面のD-FUSEハンドル、ディスクブレーキ専用フルカーボンホイール、28Cチューブレスレディタイヤと合わせ、操作性、剛性、快適性のすべてを向上。新型パワーメーター「POWER PRO」を搭載する。

価格:600,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・アルテグラDi2
サイズ:410、445、480、515mm
カラー:ブラック

DEFY ADVANCED 2


GIANT DEFY ADVANCED 2

上位グレードと同じ新型フレームに、OD規格のフルカーボンフォークを採用。D-FUSEハンドルとD-FUSEシートポスト、28Cチューブレスレディタイヤによる快適性と得ている。また、油圧式ディスクブレーキを搭載。より長い距離、多様な路面に対応するエンデュランスカーボンロードの決定版だ。

価格:240,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・105
サイズ:410、445、480、515mm
カラー:ブルー

CONTEND


GIANT CONTEND 2019

快適で、かつ強く速い。エントリーロードの領域を超える、新時代のオールラウンド・アルミロードバイクシリーズ。トップグレード「CONTEND SL 1 DISC」でも17万円(税抜)と、買い求めやすい価格設定が魅力なラインナップだ。

CONTEND SL 1


GIANT CONTEND SL 1 2019

上級アルミ素材ALUXX SLフレームのエントリーアルミロードが、28Cタイヤ対応にリファイン。GIANTの製造ノウハウの集大成となるOVERDRIVEやPOWERCOREといった技術と、DEFYシリーズを踏襲するフレーム形状を採用している。またD-FUSEシートポストと標準装備のチューブレスレディタイヤが、アルミロードの常識を超えるライドクオリティを実現。

価格:150,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・105
サイズ:410、445、480、515mm
カラー:ブラック、ホワイト

まとめると


常に新しいテクロジーを取り入れ、性能に優れ、多くの販売店で取り扱っている優位性を持つGIANT。ロードバイクの各カテゴリーの新車を紹介したが、それぞれ「初めてのバイク」となるのも納得できる陣容だ。他メーカーと比較を検討して、そのコストパフォーマンスにおいてGIANTを選んだ人も多かろう。いま「2台目のバイク」に悩んでいる人も、GIANTを選択肢に入れておいて間違いない。

All photos © GIANT

監修:サイクルアシスト オオバ 大場忠徳

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!