こんにちは、FRAMEスタッフの一員で、週末の予定は自転車に全振りなグルメライダーのayumiです。

2018年冬、そんな私に…いや全女性ライダーに衝撃が走りました。
スペシャライズド Powerサドルの女性向けモデルが登場したのです!

1ヶ月間、通勤やレース、ヒルクライム、ロングライドとたっぷり使ってみたので、その使用感のレビューをしていきたいと思います。

お尻の救世主!Powerサドルの評判とは


Powerサドルは、サドル沼の終点とも称される人気サドルです。

特にデリケートな部分に対しての痛み・しびれから解放されたという声は多く、何人ものサイクリストのおしりを救ってきました。ペダリングにも効果を見せ、あのグランツール有名選手がロゴを隠してまで使用していたという話も…。

まずはPowerサドルの愛用者にその良さを聞いてみました。

他のサドルと比べても、Power Expertは自分に合っていてお気に入り。
座面が広いからお尻を前後左右に動かせて、ロングライドでもおしりが痛くならない!
ノーズが短く、内腿が擦れないのでペダリングの邪魔をしないですね。
黄色、ミントなど色の種類がいっぱいあって、自分の自転車に合う色が見つけられるのもいい。
by けんたさん


神サドルです!
すごく柔らかいのでお尻の快適ライフが守られます!レーパンなしでも300kmくらい走れます!
ショートノーズなので股ずれがなく、脚がスムーズに回るんです。
横幅のサイズ展開が多いので、自分に合ったものが選べるのも魅力ですね。
by T〜まさん


最初から付いていたので他と乗り比べたことはないけど、特に不満なく使えています。
長く漕いでも、レース強度で速く漕いでも痛みを感じたことはありません!
by なかじまさん


みんなの絶賛の声に期待が高まります!

スペシャライズドのサドルに関してはこちらの記事もどうぞ

そんなスペシャライズドが女性の“あの”悩みを解決してくれる!


サドルに悩まされているのはもちろん男性だけではありません。言えないだけで女性だって悩んでるんです!
女性のサイクリストが集まれば、「おしりの話が一番盛り上がった!」なんてこともよくあること。

以前のPowerサドルは男女兼用でしたが、そんな女性たちのために女性向け設計のウィメンズPowerサドルが登場しました。

ウィメンズPowerサドルはなかなか表に出ない女性のデリケートゾーンの悩みに踏み込み、20人の女性ライダーとテストを繰り返して作られた女性のためのサドルです。

あまり大きな声で話せない問題ですが、掘り下げてみましょう。多くの女性はライド中に、サドルによる痛みや痺れを軟組織に感じ、ライドの回数を減らしたり、すっかり乗らなくなってしまったりします。さらに極端な例になると、快適なライドのために手術を受けようとする女性までいるのです。
– SPECIALIZED


ウィメンズPowerサドルと初対面

▲ウィメンズPowerサドルと初対面


その姿を見てまず驚かされたのが、穴開きじゃなくなったこと。
Powerサドルはサドルの中央に穴をあけることでデリケートゾーンの血流を妨げないようにする設計です。しかし実はその穴が作るエッジにデリケートゾーンが食い込み、ダメージを受ける女性がいることが分ったのです。

伝わり難いと思うでプリンで表現してみました。

女性の身体は男性よりも柔らかいのだ!※プリンはスタッフが美味しくいただきました。

▲女性の身体は男性よりも柔らかいのだ!※プリンはスタッフが美味しくいただきました。


そして誕生したウィメンズPowerサドルには、穴を塞ぐMIMICという新機構が搭載されています。

強さの異なる圧迫に対して体が反応する仕組みを真似たMIMICテクノロジーを採用。軟組織にかかる圧力を均等に保ち、痺れや痛みを解消させます。
– SPECIALIZED


MIMICとは直訳すると「擬態」や「ものまね」という意味。スペシャライズドでは「生体模倣」と表現されています。

3種のクッションがおしりを包んで支える!MIMICの秘密に迫る!


ウィメンズPowerサドルとこれまでのPowerサドルを触り比べて見ると、女性用の方が硬い?と一瞬感じてしまいます。

坐骨のあたる部分はやや女性用の方が硬く感じますが、実はウィメンズPowerサドルは場所によって硬さの違う3種類のクッションから構成されているんです。

軽く指で押さえるだけでぷにっとクッションが変形

▲軽く指で押さえるだけでぷにっとクッションが変形


いちばん柔らかいのはデリケートゾーンのあたるノーズ部分と、従来は穴であったMIMICの部分。指で押せばぷにぷにと軽い力で変形します。

坐骨のある後方は硬めに、デリケートゾーンのあたる前方は柔らかく、身体の部位と同じ柔らかさで支えることでお尻を包み込むような快適さが実現されているんですね!

イメージ図:暖色の方が柔らかい

▲イメージ図:暖色の方が柔らかい



裏から見ると、樹脂製のMIMICが見えています。裏から触っても柔らかい。

▲裏から見ると、樹脂製のMIMICが見えています。裏から触っても柔らかい。



フィッティングでサドルの効果を最大限に


Powerサドルはノーズの短さや座面の反り上がりなど特徴的な形状をしているので、取り付けには少し戸惑いました。

横から見るとかなりカーブの付いた形状。

▲横から見るとかなりカーブの付いた形状。


一般的なサドルよりもノーズが3cm短くなっているので、先端を3cm後ろに下げるように取り付けます。角度は前から1/3が水平になるように取り付けますが、骨盤のサイズは人それぞれ。自分の身体に合わせて角度の調整が必要です。

女性は骨盤が大きいので後ろを少し下げ気味にした方が合わせやすいとの声もありました。

また、座面のアーチによりサドル高にも変化が出るので合わせて調整しましょう。

ちょっとでも角度が違うと違和感が出てしまうので、かなりシビアな調整が必要になります。

しっかり調整することでサドルの性能を十分に引き出せるので、乗りながら少しづつ調整するかプロのフィッティング受けてしっかりと調整しましょう。

スペシャライズドのBody Geomety Fitについてはこちら

レーパンを履かずに乗ってみたら、浮遊感に感動!


さて、取り付けができたらようやく試乗です!
初使用では、レーパンを履かずに15kmほどの通勤に使ってみました。

普通のストレッチパンツで通勤してみた!

▲普通のストレッチパンツで通勤してみた!


初めてウィメンズPowerサドルに乗った時の感想は、
「え、私、浮いてるのかな?」

神がかった乗り心地にお尻は錯覚を隠せません。

サドルにまたがると、ふわっと優しくお尻が包まこまれているような感覚。座面の反りが丁度良くお尻にフィットして身体を支えてくれます。

そして一漕ぎすると、「股関節の開放感」に驚かされます!
脚が空を切るようにススっと回る!
サドルがペダリングの邪魔をしないというのをハッキリと実感することができました。

そして気になるデリケートゾーンですが、すごく快適!!!
以前感じていた圧迫感、痺れは全く感じなくなりました!

例えるならハンモックに包み込まれるような感覚で、座面に確かに当たっているのに圧は分散され、サドル全体が優しく支えてくれます。

※イメージ画像です

※イメージ画像です


圧が丁寧に分散されるためか、ボコボコの路面でも楽に走行できました。以前は悲鳴を上げたいほど突き刺さるような衝撃があったのに……。

脚の可動域、クッションの柔らかさ、圧迫感のなさが合わさり、いつの間にか座っていることを忘れるような浮遊感を味わっていました。期待はしていたけど期待以上の座り心地です。

自由なフォームがとれる!


デリケートゾーンの痛みから開放されることで、サドルの上で自由にフォームを変えることができるようになりました。なんてったって痛くないんですもの!

下ハンを持って深い前傾姿勢をとっても痛くない。女性に多い、反り腰のでっ尻姿勢でも痛くない!

下ハンを持って深い前傾姿勢をとっても痛くない。女性に多い、反り腰のでっ尻姿勢でも痛くない!
これなら下ハン姿勢を長くとれるし、体幹を活かしたペダリングもできます。前荷重/後荷重もコントロールしやすいので体重をのせて踏み込むこともできる!

Powerサドルは「痛くない」だけじゃなく、しっかりと脚を回すために作られた「攻め」のサドルなんですね。

また、不思議と吸い込まれるように座る位置がわかります。サドルが「坐骨はココだよ!」と教えてくれるかのよう。

乗りなれてない人でも坐骨の位置を決めてしっかり骨盤を立てて座れそうです。フォームが安定せず身体の痛みに悩む方にも効果的かもしれませんね。

山でもロングライドでも試してみた


神サドルにウキウキで大垂水、鹿野山、ヤビツ峠と登ってみました。
山に登っていちばん変化を感じたのは、お尻の筋肉がつかえるようになったこと。今まで全く痛くならなかった大臀筋が痛くなりました!

ヤビツ峠にもチャレンジ!

▲ヤビツ峠にもチャレンジ!


股関節の可動域が広がることによって脚周りの筋肉が大きく使え、今まで使わなかった筋肉がきちんと使えます。これは、使い続けてたら大臀筋が鍛えられて速くなれるのでは…!?

フォームの自由度が上がったことで、前荷重を意識して体重を乗せることもできるようになりました。

1ヶ月ほどのテスト走行期間の中では、120km~150kmのロングライドも数回ありました。
最初こそポジションが合わせられず多少の痛みや違和感があったものの、しっくりくる位置に合わせてからは長く走っても疲れ方が全然違う…!

おしりも、デリケートゾーンも全然痛くない!!
翌日に残るような痛みもありません!

今までは「このくらいの痛みや痺れは普通」という思い込みから痛みやしびれに鈍感になっていましたが、比べてみると以前はしびれや強い圧迫感があったんだなぁと実感しました。ウィメンズPowerサドルに変えてからはその不快感から解消されてほっとしています。

一度この快適さを知ってしまうと他のサドルは使えません。

まずはレンタルしてみよう。


スペシャライズド新宿店のお近くにお住まいの方は、BE SPECIALIZEDでテストサドルのレンタルがおすすめ。
なんと1種類につき200円でレンタルが可能です!
1週間と長時間のレンタルが可能なので、数種類借りて乗り比べてみることもできますよ。
ご予約はスペシャライズド新宿(03-5332-5900)まで。

その他でサドルのテストができるお店はこちら(レンタルの詳細については個別に店舗にお問い合わせください。)

都道府県 店舗名 電話番号
宮城県 BRENDA 022-779-5201
東京都 スペシャライズド銀座 03-6263-2405
神奈川県 SBC 厚木店 046-294-5855
愛知県 カミハギサイクル FIT&RIDE STORE 0568-28-1350
大阪府 ラビットストリート 江坂店 06-6330-1189
福岡県 ZING ZING FUKUOKA IWAI 092-532-3150

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!