総額50万円を超える街乗り自転車!? 究極のエアロバイクがカゴ付き自転車に大変身

街乗りも楽しめるスポーツバイクといえば、クロスバイクやミニベロを思い浮かべる人が多いと思います。となると浮上するのが「カゴ問題」。速く走るためのスポーツバイクには基本的にカゴやスタンドなど重くなるものは付いていません。でも通勤通学やちょっとしたお買い物にはカゴがあると便利ですよね。そのためクロスバイクやミニベロに後付けできるおしゃれなカゴも販売されています。

では、ロードバイクにカゴはあり?今回は総額50万超え、究極のレースバイクにカゴを付けてしまった今田イマオさんの愛車をご紹介します!

今田イマオさんの愛車紹介

Madone SL 6 Discとは

風の抵抗を削ぐフレーム形状
風の抵抗を削ぐフレーム形状

Madone(マドン)は、アメリカ最大の自転車メーカーTREKが誇る究極のレーシングモデル。SL 6 DiscはフラッグシップモデルMadone SLRのテクノロジーはそのままに軽量でほどよい剛性のOCLV500カーボンを採用、レースはもちろんヒルクライムやロングライドなど幅広いシーンで活用できるエアロロードバイクです。

Madone SL 6 Discのカラーは、Matte Dnister Black/Gloss Volt、Radioactive Red/Trek Blackの2つ。イマオさんの愛車は、Radioactive Red/Trek Blackになります。

  • IsoSpeedテクノロジー搭載
    IsoSpeedとはTREK独自の振動吸収システムのこと。好みに合わせて振動吸収量を調整でき、 新たに設けられたダンパーが跳ね返りを抑制するため、 滑らかに振動を吸収します。エアロロードは剛性が高いゆえに乗り心地が悪くなりがちですが、トップチューブでしなりの調整ができるため、疲れにくく高い快適性が得られます
  • コンポーネント:Shimano ULTEGRA
    軽いブレーキタッチで制御力の高い油圧式ディスクブレーキを搭載。ドライブトレイン、ブレーキ、チェーンはすべてULTEGRAで統一されており、優れた変速性能を発揮します。
  • ホイール:Bontrager Aeolus5 Comp Disc
  • タイヤ:Bontrager R3 Hard-Case Lite Road Tire 25C
  • ギア歯数:50-34T、11-32T クランク長:165mm

どうやってカゴを付けたの?

ハンドル

カゴを付けることを想定していないロードバイクにカゴを付けるためには、やはり一工夫必要です。

実は、エアロバイクにもマウントを付けたいというニーズがあり(※カゴではありません)、完全エアロ形状ではなく、一部(中央部分)がノーマルタイプのものが販売されています。この部分にアタッチメントを取り付けることで、カゴ付きエアロロードが実現したというわけです。

  • ハンドル:Bontrager XXX Aero Handlebar(幅38cm)
    空気抵抗を削減することが実証済みのエアロなKVF 形状を採用したOCLVカーボンのロー ドバー。

どんなカゴなら付けられる?

カゴは取り外し可能
カゴは取り外し可能

 

Amazonで見る

 

Amazonで見る

 

リクセンカウル(RIXEN KAUL)は、ドイツ生まれ。自転車に装着できるバッグやカゴのメーカーです。KLICKfix(クリックフィックス)というマウントシステムに対応した製品なら、自転車側にアタッチメントを取り付ければ、ワンタッチで着脱できます。

ちなみにミニバスケットはエコバッグとしても使用可能。色もMadoneの赤と黒に合わせているところがポイントです。

気になるお値段は、アタッチメントとバスケット、それぞれ2,000円前後。KLICKfixはほとんどの自転車に取り付けられるので、クロスバイクやミニベロにもおすすめです。

ボトルケージも色を統一!
ボトルケージも色を統一!
リアライトを一体化できるBlendrアクセサリーマウント 見た目がスッキリします
リアライトを一体化できるBlendrアクセサリーマウント
見た目がスッキリします

Madone SL 6 Discの気になるお値段は?

Madone SL 6 Discは、自転車雑誌などの総合評価も高いバイク。Madoneといえば100万円オーバーも珍しくない高級バイクなので「コスパが良い」とは言うものの、やはりお値段が気になるところです。イマオさんによれば「普通で買うと税込で60万行かないくらい(完成車)」とのこと。フィッティングや、ハンドルを換えたりなど諸々すると… となります。

  • 参考価格:完成車 ¥530,000(税抜)

Madoneにカゴを付けるメリット

エアロバイクの走行性とスポーティーな見た目を犠牲にしてカゴをつけることに、果たしてメリットはあるのでしょうか?強いて言うなら

  • 家族最優先
    カゴがあるとお買い物に便利です。高い自転車を買っても家族の理解を得られやすくなります。
  • 脱力感が得られる
    究極のエアロバイクもカゴを付けてしまうと「ちょっとコンビニ行くだけ」みたいな脱力感が生まれます。仮に平坦で負けても「いや、本気じゃないんで」「カゴつけてるんで」と言えばOKです。

と言ったところでしょうか。Madone SL 6 Discは最高のエアロバイク。興味のある方は、ぜひTREKショップで実際に見てみることをおすすめします。スポーツバイクにカゴを付けたい方は、ぜひ動画を参考にしてください!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事