ブリヂストンが『アンカーRP8』を発表!新型105Di2を搭載して55万円

ブリヂストンが『アンカーRP8』を発表

遂に新型ロードバイク「アンカーRP8」が正式に発表されました。昨年12月から「アンカーRP8」のティザーサイトが公開されていましたが、本日その全貌が明らかに。

「アンカーRP8」はどんなバイクなのでしょう。重量なども気になりますが、コンポは何をスペックしているのかにも注目です。そして、フラッグシップモデル 「RP9」との違いは!?

「アンカーRP8」はこんなバイク

「アンカーRP8」とは

「アンカーRP8」は、 ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランド『アンカー』より発表された新型ロードバイク。高みを目指し挑戦し続ける競技者向けのロードバイクです。

ブリヂストン独自の推進力最大化解析技術「PROFORMAT(プロフォーマット)」を用いて開発されたフラッグシップモデル「RP9」をベースに開発されました。

カラーリングはレーシングホワイトとレーシングブラックの2色。

カラーリングはレーシングホワイトとレーシングブラックの2色。

完成車に搭載されるコンポは新型105Di2

完成車に搭載されるコンポは新型105Di2

やはり気になるのが完成車に搭載されるコンポですね!「アンカーRP8」はミドルグレードの競技用バイク。コンポには シマノの新型105Di2がスペックされました。

>>>新型105のすべて

新型105Di2を搭載した「アンカーRP8」の価格は、 税込で55万円

フレームセット販売も

フレームセット販売も

「アンカーRP8」は完成車だけでなく、フレームセットでの販売も。フレームセットは、電動シフト・機械式シフト両方のコンポ *に対応しているのが大きなポイントです。

フラッグシップモデルの「RP9」は電動シフト専用だったので、機械式シフトを使いたいユーザーには朗報ですね。

フレームセット価格は、 税込で308,000円

電動シフト・機械式シフト両方のコンポ *に対応

*)組付け可能なコンポーネントについて、詳しくはアンカー取扱店にお問い合わせください。

「RP9」とは何が違う?

そして気になるのはフラッグシップモデル「RP9」との違い。「RP9」と比較しつつ、「RP8」の特徴を見ていきましょう。

1.コンポのグレード

  • 「RP9」はデュラエースDi2またはアルテグラDi2
  • 「RP8」は105Di2

「RP8」にはシマノのミドルグレードコンポである105Di2が搭載されます。搭載される105はもちろん新型。12速の電動コンポーネントですね!

2.カーボン素材のグレード

剛性バランス

ミドルグレードの「RP8」はコストを抑えるため、「RP9」とは異なるカーボン素材をフレームに採用しています。

  • 「RP9」はPROFORMAT, HM-CARBON+TORAY T1100
  • 「RP8」はPROFORMAT, TORAY T800+T700

T1000だったりT800とありますが、この数字が大きいほど高性能のカーボン素材です。より軽くてより強いフレームを作ることができますが、その分値段も高くなります。

「RP8」の位置づけはミドルグレード。カーボン素材のグレードを見直すことで、価格を抑えました。主要な部位の剛性はRP9対比で約90%としつつ、走行フィーリングを左右する剛性バランスはRP9同等に設定したことで、RP9譲りの乗り味を実現します。

3.フレームセット重量

  • 「RP9」のフレームセット重量は1,360g
  • 「RP8」のフレームセット重量は1,450g

フレームセット重量*は、90gの違い。これもカーボン素材のグレードが違うことによるものだと考えられます。

*)どちらも無塗装/小物類込み/490mm

カーボンのグレード

「RP8」の強みは空力か

「RP9」とはコンポのグレードや剛性、重量が異なりますが、フレームの空力性能は同じです。 ブリヂストンサイクルによると、「RP9」と「RP8」で空力に影響する形状は同一とのこと。これは驚きです!

RP8の空力性能

発売開始は4月下旬

ブリヂストンサイクル株式会社によると、新型ロードバイク「アンカー RP8」は4月下旬より発売が開始されます。受注開始については、アンカー公式ページ_ニュースにて改めて連絡があります。

アンカーRP8 製品概要

カラーリングはレーシングホワイトとレーシングブラックの2色。
アンカーRP8 製品概要
Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

Avatar photo

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop