DAHON(ダホン)の折りたたみ自転車で自転車通勤はじめてみた 〜この自転車を選んだ理由〜

前回はわたしが自転車通勤に使っている装備アイテムをご紹介しました。
DAHON(ダホン)の折りたたみ自転車で自転車通勤はじめてみた ?装備アイテム?

自転車通勤続けて10年以上は経って、あらためてこの自転車「DAHON Dash X20」に決めた要素は大きく3つ!

  • ドロップハンドル仕様であること
  • 折りたたみができるのでオフィスにも持ち込めそうだった
  • 折りたたんでワンボックスカーに載せてツーリングしたかった

今はPEDALRest(ペダレスト)に置くことができますが、購入したとき(約1年半前)は勤務先の近くに室内駐輪場はなく、とはいえ大事な自転車は室内に置いておきたかったのでこの自転車に決めました。

そして、自転車載せて車で移動すれば、自然の多いところでツーリングも楽しめるんなと。折りたたみ自転車ならワンボックスでも2台は比較的余裕をもって載せられますね。

30分以上走ることを考えるとドロップハンドル

vol03-01

MTBで片道30分強の道のりを通勤していたことがありましたが、慣れてくるとどうしてもバーハンドルのポジションが疲れやすくなってしまい、当時バーエンドを付けていたこともあって、巡航時にバーエンドに手をかけてしまうことがしばしば、、、。ブレーキに手をかけていないので、とっさの対応に危険を感じ、やはりドロップハンドルのほうがいいなと。

毎日自転車で通っていると、晴れていても風向きは日によって違うわけで、そんなときドロップハンドルだとポジションもかえやすく、風を避ける姿勢もとれるのでおすすめです。

社内に持ち込むことを考えて折りたたみ自転車に

vol03-02

室外駐輪は過去盗難された経験があったためどうしても不安で、社内の片隅におけるようにと折りたたみ自転車に。

折りたたみ自転車にすることで、

  • 小径車だから自転車を立てずにエレベーターに乗せられた
  • 折りたたむと段ボール1個分強のスペースを確保すればオフィスに置ける
  • (Dash X20は)タイヤ外しても折りたたんで自立させて置いておける

vol03-03

何かトラブルがあっったときでも会社でタイヤはずして、自宅最寄りの購入元の自転車屋さんまで手持ちできました。自分で対処できない修理などはいつもの自転車屋さんに頼みたいものです。

折りたためば省スペースでワンボックスの後部に乗せることができる

vol03-04

STEPWGNだと、3列目シートをたたむだけでDash X20は折りたたまずに乗せられます。ひとりで少し遠出するときには、パッと乗せられて楽ちんですね。

vol03-05

さらに、わが家にはDash P8もあり2台同時に積むときも、3列目シートさえしまっておけば、2台とも折りたたんでしまえます。車で少し遠出して仲間と自転車乗るってとっても気持ちいいですよ。

もうひとつ個人的にDAHONにしたかった理由
HONDAの車にDAHONを載せたかった!

雨が多い季節ですが
自転車のりましょ〜

第二回:DAHON(ダホン)の折りたたみ自転車で自転車通勤はじめてみた ?装備アイテム?
第一回:DAHON(ダホン)の折りたたみ自転車で自転車通勤はじめてみた 〜自転車&通勤ルート〜

※2015/7/15再編集いたしました

青木孝哲

WRITTEN BY青木孝哲

「マサルでも分かる自転車保険」運営元、株式会社自転車創業の青木(アオキ)です。DAHONの折りたたみ自転車で通勤してます。

他の記事も読む

関連記事