初心者でも挑戦したい!走破したい自転車ヒルクライムレース2選!

憧れのロードバイクを手に入れたら、次は「自転車レースに挑戦したい!」という夢がふくらむもの。日本でも、全国各地でさまざまな自転車レースが開催されています。中でも「ヒルクライム」は、初心者に人気の自転車レースです。

その理由は、まず、コースのほとんどが登りに設定されているため、速度が遅く、危険が少ないこと。そして、タイムリミットが余裕を持って設定されており、完走率が高いことです。

ここでは、今からでも間に合う、初心者向けのヒルクライムの大会を2つご紹介します。

第12回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま

60615_1
コシヒカリの里として知られる新潟県魚沼の越後駒ケ岳は、日本100名山の一つ。登山口の枝折峠は、銀山平に発生する霧が滝雲になることでも有名です。

このヒルクライムは、そんな大自然に囲まれて、真夏の早朝の峠めざして駆け上がります。中学生以上の健康な男女なら、誰でも参加できます(中高生は保護者の同意書が必要です)。

例年、コースは大湯公園前から枝折峠までの14kmとなっています。標高差は750mです。タイムラグは1時間15分あり、自分のペースを守って楽しむことができるでしょう。

ゴールにはおいしい地場産のスイカが、下山後には魚沼産コシヒカリの手作りおにぎりが振舞われます。表彰式後には恒例の大抽選会もありと、楽しみも満載のイベントです。

開催日:2015年8月9日
申込期間:2015年6月13日?8月16日
参加料:一般男女6,000円、中高生5,000円
事務局:交流センター「ユピオ」内 ヒルクライム係 枝折峠ヒルクライム実行委員会

大会詳細ページはこちら

第3回那須岳ヒルクライムレース

main2015
那須岳一帯の自然を満喫しながら、茶臼岳深くにある大丸温泉を目指すレースです。14.2kmの上級者向けのヒルクライムコースと、6.8kmの中級・初級者向けハーフヒルクライムコースがあります。

ハーフヒルクライムは、標高差385m、平均勾配5.1%で、無理のないコース設定になっています。途中には最大勾配11%という難所もありますが、ここを乗り切って完走したときの爽快な達成感は格別です。

基本的にタイムを競うレースですが、タイムラグはゆったりとってあり、初心者にもおすすめです。参加資格は、中学生以上(中高生は保護者の同意書が必要)とされています。

開催日:2015年9月6日
申込期間:2015年6月13日?8月16日
参加料:中高生3,000円、大学生以上5,000円
事務局:那須高原ロングライド実行委員会

大会詳細ページはこちら。

おわりに

全国で開催される自転車レースのスケジュールは、インターネットで簡単に検索することができます。まだまだエントリー可能なレースはたくさんあるので、自分のレベルやスケジュールに合ったレースを探して、どんどんチャレンジしてみてください。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事