自転車種類別!自転車の速度(時速)まとめ

運転免許もいらず、日常で最も手軽で便利な移動手段である自転車。前かごのついた、いわゆる「ママチャリ」や、スポーツ自転車、電動自転車など、さまざまな種類の自転車が広く利用されています。

種類や性能の多様化に応じて変化してきたのが、自転車の速度です。身近な移動手段であるだけに、日常生活で、自転車の思わぬスピードに驚いた経験をお持ちのかたも多いと思います。

自転車は道路交通法では「軽車両」に分類される車の仲間であり、運転には十分な注意が必要です。そこでこの記事では、自転車の平均速度がどれくらいなのか、種類別にまとめました。

【ママチャリ】平均時速 12-19km

B-VA738B
子供からお年寄りまで、幅広く利用されるママチャリの速度は、およそ人が歩く速度(時速4km)の約3倍から、人が懸命に走る速度(時速20km)程度です。

ブレーキなしで急な坂道を下ったり、運動能力が高い方が運転したりと、状況によってもっと速度が出る場合もありますが、買い物や散策、比較的近場の通勤通学といった一般的な利用では、走行速度は大体時速15km前後でしょう。

【マウンテンバイク】平均時速 18-25km

100000024708-l0
マウンテンバイクは、名前の通り、坂や悪路などの山地を走るための自転車です。安定性を確保するため、車体は重く、タイヤは太めで溝も深くなっています。

また、安定性があるため、急な坂道では時速70kmもの速度が出ることもあります。

安定感があるがゆえに、体感より速いスピードになることもあるため、街中での運転には注意が必要です。

【クロスバイク】平均時速18-25km

2015_orbea_carpe_fo_01
おしゃれな街乗り用のスポーツ自転車として、最近良く見かけるのがクロスバイクです。このネーミングは、マウンテンバイクとロードバイクの良いところを「クロス(交配)」させたことからつけられました。

ママチャリやマウンテンバイクよりも軽いため、立ち上げや走行の速度が若干上がるように感じます。実際は、マウンテンバイクとあまり変わらない速度です。

【ロードバイク】平均時速20-30km

アンカー
人力の乗り物で一番速いと言われるのがロードバイクです。もともとは競技用の自転車であるため、速度が上がるよう車体は軽く、車輪は半径が大きくて細くなっています。

舗装された道でのトップスピードは、一般人でも時速約40kmと、自動車並みの速さを出すことが可能です。

自転車で最速のロードバイクですが、街中を車並みに走り回るのは非常には危険です。周囲の安全を考慮して、街乗り場合は時速20〜30kmほどの速度に落としましょう。

おわりに

スピードに十分に注意しないと事故のリスクが高くなります。状況によって速度を上げることも可能ですが、常に安全な走行を心がけましょう。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事