最近は毎週末何かしらスポーツイベントがありますね。スポーツの秋!楽しい秋!キンモクセイの秋!

今回は、2015年9/13(日)に行われたツール・ド・東北2015に出走し無事完走した方々のコメントを紹介します。まだ自転車イベントに出たことがない人も、これを読んだら出たくなるのではないでしょうか?

スペースマーケット自転車部


01

(左からディレクターの斉藤さん、リードエンジニアの小林さん、デザイナーの小河原さん、エンジニアの二宮さん)


北上フォンド(100km)を完走したスペースマーケット自転車部の4人からコメントをいただきました。

(斉藤さん)
無謀にも今までに走ったことのない100kmにエントリーしました。宮城の山は正直キツかったですが、各エイドのご当地グルメと沿道の皆さんの声援に勇気をもらえたおかげで、なんとか完走することができました。民泊の交流も素晴らしく、またぜひ参加したいです。

(小林さん)
予想以上のアップダウンの激しさに心が折れそうになりましたが、一緒に参加した仲間達のサポートと沿道から応援してくれた石巻のみなさんの声援のおかげで完走できました。民泊でお世話になったホストの方や石巻のみなさんの暖かさに感動し、また来年も参加して少しでも石巻の復興支援ができればと思いました。

(小河原さん)
チームのみんなでゴールするという思いと、現地の方の沿道での応援に何度も何度も励まされ、無事完走することができました。普段移動手段としてしか使っていない私は大会等への出場は初めての経験だったのですが、自転車はみんなで走るもの、ただの個人競技ではないということを教えてもらいました。被災地を自分の目で見て走ることができたのも貴重な経験でした。

(二宮さん)
前職の上司にロードバイクを譲っていただいた事から自転車の魅力に目覚め、同僚に誘われた事もありツールド東北(北上フォンド(100km))に参加しました。実は半分の50kmすら自転車で走ったことがなかったため当日まではどうなるか不安でしたが、チームの励ましもあり無事完走することができました。エイドステーションで美味しい料理をいただけたほか、参加にあたっての民泊のホストの方に非常によくしていただき、最高の週末になりました。

また、参加前に取材を行っていますのでこちらもあわせてどうぞ。
自転車仲間を作りたい!?今勢いのある株式会社スペースマーケットに自転車部ができたわけ【前編】

水越ユカさん(シンガーソングライター)


DSC_0114-620x350 水越ユカさんは、完走後の感想をこちらにまとめてありますのでご覧ください。

ツール・ド・東北2015、水越ユカさんが100km完走!

また、参加前に取材を行っていますのでこちらもあわせてどうぞ。
体を動かすことが作曲に与える効果とは?歌手の水越ユカさんがツール・ド・東北2015に挑戦する理由【前編】
東北を走ることで“今”を感じ、歌にして伝えたい?歌手の水越ユカさんがツール・ド・東北2015に挑戦する理由【後編】

上地 成就さん


南三陸フォンド(170km)を完走した学生の上地さんからもコメントをいただきました。

12033819_1142405085769739_2123083312_n

(写真左)


今回、大学の友人に誘われたのをキッカケに南三陸フォンド(170km)に参加しました。震災後は何度か被災地を訪れ、ボランティア活動などしていましたが、ここ数年はすっかり足が遠のいてしまっていたので、趣味の自転車で楽しむことと復興応援を兼ねたこのイベントはよい機会だと思い参加しました。

一番印象的だったのは、沿道から声援を送ってくれる大勢の人々の姿です。集落を通るたびにちびっ子やおばあさんまで、本当に多くの人々が沿道で手作りの旗を振り、声援を送ってくれました。普通の自転車イベントではここまで地元の人々に見守られることはないでしょう。復興支援のためのイベントに参加しているこちらが暖かい声援を受け、不思議な感覚になると共に胸が熱くなりました。

今回は民泊という制度を利用し、スタート地点である石巻にお住まいの方のお宅に泊めて頂き、また運営ボランティアとして参加される方々とも交流を深めることができました。元々、東北の地に縁もなかったけれども、震災を機に頻繁に来るようになった方や、石巻がとても気に入ってそのまま移住された方もいました。

12030878_1142405135769734_2088678866_n
翌日、エイドステーションでボランティアの方々からおにぎりを手渡してもらい、来年もまた来ることを約束した時の一体感は忘れられません。海沿いを大きな集団で気持ちよく走るだけでも十分価値がありますが、新しい出会いや人々との交流、そして美味しい食ありと、とても充実したイベントだったと思います。

三河賢文さん(“走る”フリーライター)


「自分らしくかっこ良く生きたい」男性向けのキュレーションマガジンJIGENの編集長であり、気仙沼ワンウェイフォンドを完走した三河さん。

完走した感想、来年出場を考えている人に向けてのコメントをいただきました。

12082832_959735534065681_154565513_o
海沿いにはまだ東日本大震災の爪痕が残り、その現状を見るだけで貴重な機会となりました。沿道では地元の方々からの応援が絶え間なく送られ、人の温かみを感じられるイベント。「来てくれてありがとう」という応援の声に、胸が熱くなりました。まさに地域を上げてこのイベントを盛り上げ、そして出場者を歓迎してくださっているのだと感じます。

12059475_959735510732350_1916011140_o
道中はアップダウンが多く、なかなかタフなコースです。楽しみ尽くすためにも、出場される方はトレーニングを忘れずに。気持ちにゆとりを持って走れれば、海や山など素晴らしい景色も堪能できるはずです。エイドでは「ホヤ」「海鮮カレー」「ふかひれスープ」など、三陸地方ならではのグルメもいっぱい!スタッフの方々と会話を楽しみながら、景色とともに食も楽しんでいただきたいイベントです。

終わりに


いかがでしたか?ツール・ド・東北に参加したいと思った方は来年に備えておきましょう!

(参考)
「ツール・ド・東北」は、未来へつながる自転車イベント
写真とともに振り返る、ツール・ド・東北2014実走レポート

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!