第3回南魚沼グルメライド(2)-佐倉イサミのまるしばポタリング記

序盤は坂嫌い(+乙女ギア)の私が登れる位の傾斜なので、ゆっくり登っていきましたが、時間が経つとそれすらも辛くなります…。イベント参加者がロードバイクから降りて写真を撮っている姿を数カ所で見かけ、休憩がてら私も撮影タイム。

…で、気づいたのですが、坂の途中で降りると再出発時の坂の途中からペダルを踏む大変さたるや!ビンディングペダルが上手くハマらず落車しかける恐怖…。
緑豊富な街の景色や、ダムを見ながら頑張って坂を登っていたのですが、最後に激坂が待ち構えており ほとんどの参加者がロードから降りて歩いていました。もちろん、私も!

激坂を終えると、まだ緩やかな坂が続くのですが そこで威勢のいい声が。全身赤い衣装(?)に包まれた悪魔おじさん出現!!

みなさん、悪魔おじさんってご存知ですか?

ドイツ出身の熱狂的な自転車ファンのおじいさんで、ツールドフランスなどに悪魔の格好をして応援をする世界的に有名な方なのですが(Wikipediaにも載っている)そのコスプレをしている(という認識で良いでしょうか…!)日本人の男性と遭遇。

グルメライドに降臨されていて坂の途中で私たちを応援してくれていました。(ご自身のブログも発見したので、検索かけると出てきます)

ミヤオくんはすでにこの方の存在を知っていたので、一部では有名なんですね〜。思わず「ええー!」と衝撃で笑みがこぼれてしまいました。サイクルイベントってこういう方と出会えるのが楽しいですよね!(笑)

登り坂でヘトヘトになった後は やや路面が濡れたアスファルトの下坂でしたが、くねくねとした道ではなかったので序盤で巻き添え落車をしたスキー場よりは安心して走ることが出来ました。

そしてようやく第二エイドステーションに到着です!

メニュー表を撮影し忘れてしまい、詳しくは分からないのですが(すみません)下り坂で冷え切った体に温かな汁物は涙が出るほど美味しかったですし、和菓子もお芋もペロリと平らげました。エネルギーチャージ完了!
第一ASでも触れましたが、お盆に乗せて提供してくれるのは本当に助かります。(コップにお皿にサイクルボトルに…と手元に物が沢山で落としそうになる事が多々あるので)

トンネルをくぐったりと珍しいルートを走っていると、そろそろ12時に。第三ASを楽しみにペダルをふみ続けます。

第三エイドステーションの塩沢駅周辺に着くと、何やら活気が…と思ったら、サイクリストの行列!!

何か他のイベントでもあるのかな?と思ったのですが紛れもなく食事提供の列でした。カンカン照りの中、ひさしも無い中並び続けるのは本当に辛いです…。待ちきれず、ソフトクリームを購入。美味しかったのですが、食事待ちの列で買うというのが少し解せません。

待ちに待って一時間、提供されたのは
・つなんポークの焼肉プレート
・ゆきぐに温泉マンゴー

なるほど、お肉を焼くのに時間がかかったのですね。お肉もマンゴーもとっても美味しくて大満足!ただ、一時間はさすがに並びすぎなので、来年は改善されている事を願います。

第三ASは雰囲気の良い大通りで、見ているだけで楽しかったです^^

65キロコースですと、
・序盤の坂(三国川ダム)
・今回漫画にした八海山のふもと
の坂を除いたコースになるそうです。

イベントの当日は若干コンディションが良くなかったのと、第三ASで炎天下の中、食事を待ち続けたダメージが合わさってフラフラに。しばらくは平坦な道が続いたので、そこで水分をとったりして徐々に熱中症は治って行ったのですが、坂が来ると話は別!です…(号泣)

三国川ダムよりは斜度がキツくありませんが、いかんせん疲れが溜まってきている状態での坂道です。無事、登りきれるのでしょうか…

坂を登りきった所に給水ポイントがありました。湧き水を提供してくださっていたと思うのですが、めちゃくちゃ美味しくて…!!!!頭からも水をかぶって、熱中症も完全解消。

給水所には小さな売店もあり、各々で購入してソフトクリームや軽食を食べている参加者もいました。お手洗いで偶然会った女性の参加者に声をかけたら「こんなに坂が辛いとは思わなかった…」と言っていて激しく同意。マップでの標高で見る以上に八海山の坂は辛かったです。

グルメライドと聞いていたので、もっと和気藹々と走るファンライドイベントかと思ったら結構辛い、です…!その分ご褒美(ご飯)もとても素晴らしいので、ちょっとしたプレイにさえ思えてきました…。

第四エイドステーション(魚沼の里エイド)に到着しました。
提供されたのは
・八海山酒粕入り さとやバウム
・塩麹ミルク饅頭 ミルアン
・あまざけ
見事なスイーツ三昧。

普段ならここまで甘い物ばかりですと途中でギブアップしそうなのに、パクパクとあっという間に平らげて体力回復!甘酒には疲労回復効果もあるとの事で、身を以て実感出来ました。甘酒パワー恐るべし!

ハイテンションのまま、悪魔おじさんに写真撮影をお願いをしたら笑顔で応えてくれました^^私に三叉槍を渡してくれたので「お?」と思ったら
カバンの中から小さなサイズの槍が出現。抜かりない!!!(笑)
元気をもらったところで、ゴールを目指します!

今回は体調不良もあって、100キロでも結構過酷でした…。最終エイドステーションの甘酒のおかげで体力も回復し、無事完走!スタッフの方に手渡されたのは「完走証」ならぬ「完食証」。まさにご馳”走”様でした^^

大会ゲストであるブリッツェンフェアリー自転車競技部(女性サイクルユニットとのことです^^)による自転車マナーアップトークショーや、
新潟県出身の今井美穂さん、元プロロードレーサーの栗村修さん、ヨネックススポーツサイクルアドバイザーの日隈優輔さんによるトークショー。
南魚沼出身のアーティストTSUNEIさんによるミニライブが行われ、大会参加者だけではなく公園に遊びに来ていた方たちもイベントを楽しんでいました。

公園の芝生でのんびりと寝そべっていると心地よい気持ちに…。ビールを飲みたい気持ちになりましたが、温泉が待っているので我慢我慢。ライブが終わった後は、なんとプレゼントタイムがありました!

お楽しみのプレゼントタイムは、大会ゲストが壇上からボールを投げ、それをキャッチできた人がクジを引いて出た景品を貰える、というルールでした。

ミヤオくんが見事にボールをキャッチして、お米(しかもコシヒカリ5キロ!!)と日本酒のセットをゲット!!他にもジャージやボトル、新潟県産の魚沼キノコなどなど…豪華景品が目白押しで割と高確率で入手できた印象です。

素敵なお土産もできた所で、宿泊でお世話になった「ゆもとかん」さんで温泉を堪能。走った後の温泉は本当に最高のご褒美です♡

「グルメライド」の言葉に釣られて参加した今回のイベント。
辛い坂が二度あったりと”逆嫌い”には中々堪えるコースでしたが、それを乗り越えた時のご褒美グルメはどれも最高に美味しかったので、全体を通して充実感がありました。走り終えた後のイベントも、とっても楽しかったです!

漫画に描き漏れてしまったのですが、市民の人たちの声援がかなり多く、その暖かさに勇気付けられました。

南魚沼グルメライドは人気のイベントで、私たちが参加した100キロコースは申し込み開始から2週間程度で定員700名が埋まったそうなので、次回参加を考えている方は早めにエントリーした方が良いと思います。

最後まで読んでくださり有難うございました!

第3回南魚沼グルメライドまるしばポタリング記

佐倉イサミ

WRITTEN BY佐倉イサミ

東京都在住。猫漫画を細々と描いている柴犬飼いです。(勿論猫も大好き!) ポタリングや参加したイベント等を漫画にしたためています。twitterでも気軽に呟きます

他の記事も読む

関連記事